「焼肉ライク」に昼ランチ食べに行って学んだ、「細かい」ニーズに絞る弱者の戦い方と勝利の方程式。

どうも、しゅんティーです。

 

 

いまさっき焼肉ライクという

焼肉店に行ってきたのですが、

 

その店の戦略が超勉強になったので、

共有していこうと思います。

 

ちなみに焼肉ライクのホームページはこれです。

https://www.yakiniku-like.com

 

これまで行ったことなかったのですが、

ちょうどご飯食べよーと思って店を探してた時に

新しい店あるじゃん!と思って行ってみた感じです。

 

お肉はタンが好きなので

カルビタン定食みたいな感じのを頼みました。

 

そして、追加でミスジを注文しました笑

 

コスパ良いですし、美味しいので、

ぜひ機会があれば行ってみてください。

 

やっぱり新しい店って既存の店よりも

進化している要素が必ずあるので、

勉強になるところが多いんですよね。

 

なので出来るだけ僕は

新しい店にいくことを心がけてます。

 

 

で、焼肉ライクは名前の通り、

普通に焼肉が食べられる焼肉店なのですが、

他の焼肉店にはない戦略がありました。

 

どんな戦略かっていうと、

「ターゲティングを絞ることで」

ライバルが拾えていないニーズに特化した

サービスを提供しているということです。

 

 

具体的に話しますと、

・サービスがパーソナライズ化に特化している

・「1人焼肉」に特化してライバルが拾えてないニーズを拾っている

 

この2点です。

 

焼肉店ってかなりたくさんありますが、

他の焼肉店では満たせていないニーズを

焼肉ライクは満たすことができてるんですよね。

 

 

だから結果的に

他のライバルたちを差し置いて

焼肉ライクが選ばれる必然性が生まれます。

この戦略はめちゃくちゃ強いと思いましたね。

 

で、これは特にこれから情報発信を始める人や

まだルーキーの人が上級者と差別化して

稼いでいく上で非常に重要な考え方です。

 

自分が上級者に引け目を感じて、

自分なんかが収益化できるのか?と

思ってしまう人も結構多いのですが、

 

今回話していく戦略を知れば、

自分のやるべきことが明確になって

自信持てるようになると思いますし、

 

上級者と差別化して

スムーズに結果を出していけるようになります。

 

なのでぜひ今回の話を元に

戦略を立ててビジネスに取り組んで

いって欲しいと思います。

 

それではさっそく。

 

サービスがパーソナライズ化に特化している。

 

パーソナライズ化というのは簡潔にいうと

「1人1人に特化してカスタマイズする。」

ということです。

 

これ超こだわってるなーと感じました。

焼肉ライクのコンセプトは、

これなんですよね。

 

ホームページのコンセプトのところに

こんなことが書いてありました。

 

「選べる部位、選べる量、選べるたれ。

自分だけのカスタム焼肉。」

 

つまり、焼肉ライクはこの

「パーソナライズ化」をウリにしているんですよね。

 

メニューを見てみてもわかるのですが、

「1人でも気軽に食べられるメニュー」

がたくさん並べられています。

 

気軽に食べやすい量のお肉を

単品で頼むことができたりします。

 

50gから頼んだりすることもできるので

もうちょい食べたいと思った時に、

気軽に注文できるんですよね。

 

僕も実際にそれでした笑

 

「もうちょい食べたいけど、どうしよっかなー。」

と思った時に

 

50gから頼めるということだったので、

「じゃあ食べちゃうか!」ってなりました。

 

あとサイドメニューも同様に、

1人で食べれる量のサラダとか、ちょい足しカレーとか、

お気軽に頼める系のメニューが多いです。

 

色んなメニューを頼んでカスタマイズして

頼むことができるというのが強みになってるわけです。

 

メニューがあったので載せておきます。

焼肉ライクメニュー

 

ぜひそのカスタマイズできるという視点で

みてみてほしいと思います。

 

確かに、、、ってなるのではないでしょうか。

お試しで色々頼みやすい感じなのです。

 

で、それを踏まえた上で言えることが、

「1人焼肉に特化している」ということです。

 

 

「1人焼肉」に特化してライバルが拾えてないニーズを拾っている

 

これもさっきと同様に焼肉ライクのホームページの

コンセプトの部分で書いてあるのですが、

このお店は1人焼肉に特化してるんですよね。

 

で、そのコンセプト通り、

サービスはとことん1人焼肉に特化してました。

 

最初に載せた写真でもある通り、

1人1台の焼き台が用意されてるんですよね。

もう一回載せときます。

 

もちろん普通の焼肉店でも、

やろうと思えば1人焼肉できるわけですが、

焼き台がかなり大きいです。

 

だから1人でいくのはちょっとなー。と

少し抵抗を感じる人も多いと思うのですが、

 

そこで1人焼肉に特化した

焼き台があると行きやすいわけですね。

 

 

僕も今回1人でフラッと行きましたが、

超お気軽感があって良いなと思いました。

 

周りを見渡してみて、来てる人を見てたのですが、

家族で来たり、友人と来てる人もいたものの、

 

全体的に見てやはり、1人で食べにくる人が

かなりの割合を占めていました。

 

友達と来てる人でも、

1人1台の焼き台で食べてましたからね。

 

 

で、これマーケティング的に

すごく賢いなーと感じたんですよね。

 

今の時代って、モノも情報も溢れてるので、

人々のニーズはかなり満たされてます。

 

ほとんどの人が衣食住揃ってますし、

スーパーに行けば美味しい食材もコスパ良く手に入ります。

 

ググったりYouTubeをみたりすれば

色んな情報にアクセスすることもできます。

(もちろん重要な情報は表には出てきませんが。)

 

まあ大抵のニーズは満たされているわけです。

ただその中でも満たされてないニーズがあります。

 

それは「細かいニーズ」です。

つまり隙間のような感じですね。

 

市場には必ず、ライバルが取りこぼしていて

満たしてきれてないニーズが存在するのです。

 

例えば今回の焼肉店の場合でいうと、

・焼肉をコスパ良く楽しめる

・色んなお肉を食べて楽しむことができる

 

といった大まかなニーズを

どの店も満たすことはできていますが、

 

 

・朝や昼に気軽に焼肉食べに行きたい

・1人で焼肉を楽しみたい

・ガッツリではなく、腹八分ぐらいで楽しみたい。

・自分の好きなように焼肉を楽しみたい

 

という細かいニーズは満たせてないのです。

 

で、そのライバルの取りこぼしを

焼肉ライクは見事に満たすことができてました。

 

 

朝ランチという名目で数百円の定食を出してましたし、

ランチメニューも充実していましたし、

 

焼き台を1人の大きさにして、

1人焼肉に特化したサービスにしてましたし、

 

50gから頼めるみたいな感じで、

少量ずつ色んな種類のお肉を楽しめるような

サービスを出していました。

 

 

どうしても大勢で焼肉行ったりすると、

自分の好きなタイミングで食べれなかったり、

 

他の人の分まで焼いたりと

気を遣ってしまう部分があると思うんですよね。

 

だから「1人焼肉を楽しみたい。」と思う人が

一定数存在するのです。

 

 

その取りこぼしのニーズを汲み取って

再現している焼肉ライクは強いなーと思いました。

 

市場のシェアを大きく獲得している

大手チェーンなどは基本的に大きい市場に

莫大な資本を投下して商売圏をつくるのですが、

 

取りこぼしのニーズというのは市場が狭いので

なかなか参入してこない領域なのです。

 

 

だからそういう「細かいニーズを満たす」

ビジネスはなかなか大手が入ってこれません。

 

という背景から焼肉ライクは見事に差別化して、

1人焼肉という市場を獲得することができてます。

 

で、このマーケティングの考え方は

僕たち個人ビジネスのレベルでも通用します。

それについて話していきますね。

 

 

ターゲットを狭く絞ると、ライバルが拾えてないニーズを拾えるようになる。つまり差別化になる。

 

焼肉ライクはターゲットを狭く絞って、

ライバルが拾えていないニーズを拾うことで

差別化をしている。という話をしました。

 

で、これは個人でも

全く同じように活かすことができます。

 

例えば、市場の上級者たちは、

莫大な知識量とスキルがあるので、

商品もすごく質が高いわけですが、

 

その一方でお客さんをたくさん抱えているので

1人1人に直接サポートすることができません。

 

 

市場の大まかなニーズは満たせてるのですが、

細かいニーズは満たすことが難しかったりするのです。

 

例えばダイエット系の発信でいうと

ダイエット市場の上級者たちは、

 

・痩せたい

・リバウンドしたくない

・スリムで健康的な体を手に入れたい

 

という大まかなニーズを満たすことができますが、

 

・具体的に今の自分は何からやれば良いのか教えて欲しい

・自分1人ではどうしてもお菓子を我慢できない

・直接サポートして励ましてもらいたい

 

といったニーズは拾いきれないのです。

 

 

つまり、まだ自分が実績がなかったり、

スキルも知識もあまりないルーキーだったら

 

そのライバルたちが

取りこぼしているニーズを満たしていくことで

簡単に差別化して収益化していけるのです。

 

実際僕も最初の頃は、そんな感じで

ライバルの取りこぼしてるニーズを

ひたすら拾うことを意識して発信してました。

 

Skypeで直接悩みを聞いて、

その悩みに特化したコンテンツを作ったり、

 

実際にブログやSNS、メルマガなどの

メディアの添削、文章の添削をしてあげたり。

 

あとはコミュニティを作って、

1人だと心細いからどこかに所属していたい。

というニーズを満たしたりしてました。

 

 

その結果、たいした実績がなくても

数ヶ月もしないうちに月収100万円を

突破していったのです。

 

もちろん市場の大まかなニーズを汲み取ることで

収益化していくことはできるのですが、

 

情報発信を始めたての頃は

それだとライバルたちに埋もれてしまうので、

 

取りこぼしのニーズを拾っていった方が

はるかに早い段階で収益化していくことができます。

 

 

僕はこれは今でも意識していて、

たまにターゲットを思いっきり絞って

コンテンツを作ったりしています。

 

本業で忙しい会社員が

スキマ時間で収益化する方法、、、とか。

 

やっぱり、そうやって狭く絞ると

他の人が拾いきれてないニーズを満たせるので

長文のメッセージがきたりします。

 

少数ではあるものの、

グサーっと深く刺さるんですよね。

 

結果的に自分のファンになって

商品を買ってくれるようになります。

 

 

まあただ、少数とはいえ、

僕たちはネットを駆使して広い範囲で

商売をすることができてしまうので、

 

たった1人に向けたコンテンツを作っても、

同じような悩みを持つ数百人、数千人に

ガンガン届けることができてしまいます。

 

 

だから、

「ライバルが拾いきれてない細かいニーズを満たす」

という思考を持つと簡単に差別化できるんですよね。

 

差別化ができるということは

ライバルではなく自分の商品を

選んでもらえるようになるということです。

 

結局ビジネスというのはニーズを満たして

価値を届けていくモノなので、

この思考があれば収益化がかなり楽になります。

 

 

ルーキーでも上級者を差し置いて

収益化していくことができますし、

 

市場に自分と同じようなライバルがいても

差別化して自分を選んでもらえるようになります。

 

なので、まずはビジネスをしていく上で、

ライバルが満たせてるニーズと満たせてないニーズを

はっきりと明確化してみてください。

 

それがわかればあとは、

ライバルが満たせてないニーズを

自分が情報発信で満たしていけば収益化できます。

 

 

今回話してきた焼肉ライクは

見事にその戦略を取り入れていて、

ライバルたちと差別化できていたなと感じました。

 

ビジネスがかなり楽になると思うので、

ぜひこの戦略取り入れてみてくださいね。

 

 

P.S.自動化にも徹底的にこだわってるなーと思った。

 

あと最後に。色々話してきたのですが、

自動化にもめっちゃこだわってると思いました。

 

店員さんは4人しかいなかったのですが、

お昼の時間帯になり、お客さんが次々と来ても

ほとんど忙しさは変わっていなかったのです。

 

なんでかっていうと業務で自動化できるところは

とことん自動化していたからです。

 

水はセルフで取りに行くシステムでしたし、

レジも完全に人でいらずで自動化していましたし、

注文も完全に自動化していました。

 

あと焼き台の火をつけるのもセルフです。

 

 

だから店員さんがやることとしては、

店に入ってから席に案内することと、

注文された料理を用意することだけです。

 

自動化徹底的にこだわってるなー。

とものすごく感じましたね。

 

これは僕たち個人も見習うべきところで、

自動化できるところはガンガン自動化すべきです。

 

僕でいうとお客さんから質問をもらったら

速攻でブログやYouTube、メルマガで

コンテンツにして出したりしてます。

 

そうするとその次に同じ質問が来ても

そのコンテンツを渡すだけで良いのです。

 

だから質問がくればくるほど

どんどん楽になっていくという感じです。

 

 

他にもセールスを自動化していたりとか

集客を自動化したりとかしています。

 

出来るだけ自分しかできない作業である、

文章を書くこと、動画を取ること、戦略を組むこと、

などに時間を使うことを意識すべきなのです。

 

全部を自分でやろうとしてしまうのは

非常によろしくないです。

 

それではいつか必ずパンクしてしまいますし、

収入が増えるほど時間が減ってしまいます。

 

 

だから僕は自動化を教えていますし、

僕自身も自動化に絞って勉強と実践を繰り返してます。

 

なのでぜひ

「自動化できるところは徹底的に自動化する。

自分にしかできない作業に時間を使う。」

 

というところを意識して

ビジネスに取り組んでみてください。

 

進むスピードが桁違いに上がりますし、

楽に収益が伸びていくようになりますので。

 

 

1500円の電子書籍「労働なき富豪世界への旅路」を無料で読めます。

 

僕は大学時代からネット起業をして

累計1000万ほどの売上を生み出してきました。

 

その後もネット上に作り上げた仕組みから

自動で報酬が生まれるようになり、

10万円、20万円と収入が生まれ続けています。

 

ですが、僕は特別な才能があったわけでも、

ビジネスのセンスがあったわけでもありません。

 

元々は平凡な学生で居酒屋バイトをしてましたが、

仕事ができないことで怒られてばかりでした。

 

 

そんなビジネスの世界とは

一切無縁の至って平凡な生活を送っていました。

 

ですがそこで、

お金と時間の自由を増やして人生を楽しみたいと、

一念発起してビジネスを始めてみると、

 

知識も人脈も経験も全てゼロの状態だったものの、

短期間で人生を変えることができました。

 

 

僕の周りの起業家たちもみな過去は、

極貧生活を送っていたり、いじめを受けていたり、

借金を抱えていたりと、マイナスの状態からでも、

 

半年、1年で月収100万円を突破して、

豊かな人生を手に入れることが出来ています。

 

そういった人たちをこれまでに

数え切れないほどに近くで見てきたからこそ、

 

どれだけ過去に成功体験がなかったとしても、

やる気さえあれば誰でもお金と時間の自由を手に入れ、

豊かな人生を実現できると思っています。

 

 

一度きりの人生ですから、1日中趣味に没頭したり、

新しい景色を見に行ったり、新しい体験をしたり、、、と、

人生を全力で楽しむべきだと思っています。

 

それを実現するうえで、

「個人の力で、お金と時間の自由を手に入れる。」

スキルが適していると考えています。

 

 

ただ、そのためにどうすれば良いのか?が

分からない人がほとんどだと思います。

 

そこで、今だけ期間限定で、

僕がゼロからお金と時間の自由を増やしていくまでの、

 

物語をまとめた電子書籍

「労働なき富豪世界への旅路」を無料でお渡しします。

 

普段は1500円で販売していますが、

メルマガ内限定で無料プレゼント中です。

 

 

実際に受け取ってくれた人からは、

「楽しみながら最後まで読めた」など

好評をいただいています。

 

物語形式で作っていて

20分程度でサクッと読めるようにしてあるので

もし興味があれば一度読んでみてくさい。

 

→電子書籍「労働なき富豪世界への旅路」を無料で読んでみる

 

 

僕の詳しいプロフィールはこちらから見てみてください。

→しゅんティーの詳しいプロフィールを見る

 

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

 

 

コメントを残す