「知らない」ほど損するものはこの世にはないと思う。確信を持たずに50万円情報に投資したら、半年以内に5倍近以上になって戻ってきた話。

どうも、しゅんティーです。

 

 

僕はこの世で1番損することは

「知らないこと」だと思っています。

 

いやーまじでこれ。

 

僕はこれまでに知らなくて損してきたことが

そりゃもう数え切れないほどにあります。

 

 

情報発信は実績ないと発信できないと思ってて

発信することに抵抗を感じてしばらく悩む。

→けど実績なんていらなかった。というか、

実績なんていうものは誰にでも作れる。

 

ビジネスは才能がある人しかできないと思ってて、

ビジネスの世界があると知っても無縁だと思ってた。

→才能なんてものは存在しない。学べばおけ。

 

自分で考えてやれば稼げるようになるだろ。

と我流で取り組み、1円も稼げない時期が続いた。

→不可能ではないが圧倒的な遠回り。無駄。

 

情報に投資するとか意味なくない?と思い、

我流で全く結果に直結しないことばかりしていた。

→情報投資するとスピードがまるで違う。異次元。

 

まずはプロになるべき。と思って、

本100冊読んだり読書にふける。(読書家かよww)

→確かに本大事だけどまずそこじゃないよね、、、

優先順位違うでしょキミ。

 

真似とかダサくない?オリジナルっしょ。

と思ってよく分からないことをし始める笑

→この世にオリジナルなんてものは存在しない。

潔く真似してそこに付加価値を入れるべき。

 

 

まあもう溢れかえるほどに

知らなくて損したことがあります。

 

こうやって書き出していると改めて、

知らないって怖すぎるって思いますねー。

 

もし、これらを初めから知ってたら、

軽く1年以上の時間を短縮することができたはず。

 

 

僕たちが持っている資源の中で

最も貴重なものは間違いなく「時間」です。

 

時間→お金は生み出せますけど、

お金→時間は絶対に不可能だからです。

 

だからそれを踏まえた上で、

「知らない」って最悪だよねって話なのです。

知らないと、ことごとく時間を失ってしまいます。

 

ひたすら無駄なことをしてしまったり

結果に直結しないようなことをしてしまったり

余計なことに時間を使ってしまったりします。

 

 

僕がこの

「知らないことほど損することはない」

ということに気づいたのは

 

50万円の自己投資をして、

半年後にはその5倍以上を稼げるようになった。

という出来事があったからです。

 

その当時の話をざっくりとしながら、

知ることってめっちゃ大事だよね。ということを

語っていきたいと思います。

 

いやー知ると見える世界が変わります。

 

 

50万円の自己投資をしたら自分は「知らなかった」ということに気付いた。

 

僕はビジネスを始めた初期の頃は

知識を学んだりとかせず

 

我流でビジネスをしていたのですが、

全く上手くいきませんでした。

 

 

正しい知識を一切知らなかったので、

ことごとく間違ったことをしていたのです。

 

で、そこでしばらくして

「自分じゃ無理だ。」ということに気付き

 

当時月収100万円弱稼いでいた方に

50万円で教えを乞いました。

 

 

会ってそんなに時間も経っていなかったので

確信も持てていませんでしたし、

 

不安がないかどうかって言われたら

そりゃありました。

 

当時バイトしまくってましたけど、

50万円ってヤバくない?大丈夫そう??

って感じでしたから笑

 

 

でもそこで考えても一生答えは出て来ない。

と思って考えることをやめて思い切って飛び込みました。

 

で、そこで勇気を出して自己投資してみると、

今までの自分は全然知らなかったんだな。

ということを知ることができたのです。

 

今までの自分、

めっちゃ無駄なことばっかしてたやんけ。と。

 

で、そこからは結果に直結することだけに

集中できるようになったおかげで

 

半年後には300万円以上の

売り上げを作ることができるようになりました。

 

 

この経験を通して、

「知らない。」ってめっちゃ損するじゃん。

と気付けたのです。

 

もし僕が正しい知識を知らない状態で、

独学でビジネスを続けていたら

 

ほぼ間違いなく、何年経っても

稼げるようにはなってなかったはず。

 

 

ずっと収入0円のまま

このままやれば結果が出ると信じ続けて

結果に直結しないことをやり続けていたと思います。

 

そう考えるとほんとに

知らないって恐ろしすぎると思うんですよね、、、

 

特にビジネスってとことん知識ゲーの世界なので

知っている人は稼ぎ続けることができる一方、

知らない人はとことん稼げないのです。

 

ほんとそれだけ笑

 

 

才能とかセンスとかクリエイティブさとか

まじで要らないです笑

 

だからいかに「知れるか」

もうほんと大事ですよねっていう話なのです。

もうこれでしかない笑

 

 

ビジネスは知識ゲー。つまり知ってるか知らないかの世界でした。

 

ビジネスの世界には

この人すげー、、、と思うような人が

もう数え切れないほどに存在します。

 

20歳で資産10億円持っていたり、

1万本以上動画アップして年収2000万円稼いでる人だったり、

ビジネス開始して3年で億を超える人だったり。

 

ほんとに自分と同じ人間なのか?天才なのか?

と思ってしまうくらいすごい人だらけです。

 

でも実はそういった人たちはみな、

センスや才能を持っているわけではなく

知識を学んで努力しているだけだったのです。

 

 

すごい文章かけるのも

それはその人がセンスあるわけではなくて、

文章の型を学んだからであったり、

 

自動で数百万円の利益が上がっている人も

それはその人が天才なのではなくて

仕組み化の構造を理解しているからであったり、

 

数十万円の商品が売れるのも

セールスのロジックを知っているからでした。

 

面白いコンテンツを作れるのも

コンテンツの型を知っているからであり、

センスや才能では決してありませんでした。

 

 

全て知っているからなのです。

そう考えたら自分にもいけると思いません?笑

少なくとも僕はそう思いました。

 

実際に自己投資して「知って」

知らない世界線との格差に気付きました。

 

ビジネスは簡単。というのは

誰でも知識を知って実践すれば結果が出るからです。

これ以上ないほどにシンプル。

 

 

でも多くの人はそれを

自分から複雑化してしまっています。

 

我流でやってしまったり

知識にお金を使わなかったり、

 

あるいはいろんな人から学ぼうとして

情報の海に溺れて何したら良いかわかんなくなったりと

余計なことをしてしまっているんですよね。

 

だからやることをやれば結果が出るのに

結果が出ない人の方が多いのです。

 

 

知っている人間は強すぎる。

知っているというのは答えが分かってる状態で

問題を解き進めるようなものですから。

 

ということを知ったら超強いんですよね笑

 

ビジネスは知識ゲーである。ということを知れたら

あとはガンガン学んで実践していくだけですから。

これほんとなのでしっかり何度も暗唱してくださいね笑

 

 

知らないことをなくしていくために「知識を学ぶ」のである。

 

だから「知識を学びましょう」という話なんですよね。

僕は初心者の頃に「知識のシャワーを浴びろ!」

ということを教わったのですがまさにそれでした。

 

知識のシャワーを浴びていると

知らないことがどんどん消えていきます。

 

みるみるうちに知らないことが消えていき

見えていなかった世界が見えるようになります。

この感覚超楽しいです。

 

 

ここまで考えてやってるのか笑と、

成功者は引くほど戦略的にやってたりします。

全部知っていればできることです。

 

もちろん闇雲に知識のシャワーを浴びても

むしろ情報に溺れて逆効果になってしまうので

しっかりと情報源は厳選する必要があります。

 

 

この人から学ぶ!ということを決めたら

その人から徹底的に学ぶということが大事です。

 

そこから知識を学びまくれば

見事にどんどん知らないことが消えていって

結果に直結することができるようになります。

 

だからほんと知らないほど

損することってないよなーと思います。

 

 

失敗を恐れずとりあえず動いてみる。知らない方が損。←超大事。

 

あと最後にこれ。

しゅんティーさんはなんでそんなに

知識投資ガンガンできるんですか?という

質問をもらったりするのですが、

 

それは

知識投資をして失敗するよりも

知らない方が圧倒的に損だと思っているからです。

 

というかちゃんと投資先を厳選して

知識投資をすればその数倍以上のリターンで

返ってくるので失敗することとかまずないです。

 

・ノウハウじゃなくて本質。

・普段のコンテンツがちゃんと充実してる人。

 

大体ここを押さえて知識投資先を

厳選すれば間違い無いです。

 

 

僕は知識投資先に

失敗してしまった時がありましたが

その時はこの投資先を厳選できてませんでした。

 

ノウハウを追い求めていたりとか、

普段のコンテンツがスカスカだったりとか。

 

で、大体投資先を決めたら、

あとは確信持てなくても飛び込んでみることが大事です。

 

 

自転車だって最初から乗れると思って

飛び乗るわけじゃないですよね。

こけても良いやーって感じです。

 

で、乗ってみると案外いけるんじゃね。

ということに気付くわけですね。

 

確かに初めて知識に投資する時とかは

特に不安だし本当に大丈夫かなーって思います。

 

 

僕も実際に数万円の商品を買うのに

決済ボタンを押すまで指プルプルさせながら

何時間も迷いまくってました笑。

 

でも、そうやって考えても考えても、

答えはいつまでも出て来ないんですよね。

 

実践して失敗しても

次に活かすことができますが、

 

実践せずに失敗したら

次に活かすものが何一つありません。

 

 

やって失敗するよりも

知らない方がはるかに損しますから、

なら投資した方が良いじゃん。という考えです。

 

だから僕は今も現在進行形で

確信が持てなくてもいけそうと思ったら

ガンガン投資しまくってます。

 

ノウハウじゃなくて本質。

普段のコンテンツがちゃんと充実してる人。

という投資先はちゃんと厳選してますよ笑

 

 

ここをしっかり厳選できているから

ある程度余裕持って投資できるのだと思います。

ミスることほぼ無いよねって感じで。

 

で、しっかり投資した以上の金額が

リターンとして戻ってきます。

 

まあなので、結論、

「知らないことが一番損するから

知らないことをとことん潰していこう。」

という話でした。

 

 

で、そのためには知識を学ぶこと、

知識に投資することが大事。という感じです。

 

マージで知らなくて損するのが一番嫌なので

僕はこれからもガンガン知識を学んでいきます。

 

ぜひこの思考取り入れてみてください!

ではではー。

 

1500円の電子書籍「労働なき富豪世界への旅路」を無料で読めます。

 

僕は大学時代からネット起業をして

累計1000万ほどの売上を生み出してきました。

 

その後もネット上に作り上げた仕組みから

自動で報酬が生まれるようになり、

10万円、20万円と収入が生まれ続けています。

 

ですが、僕は特別な才能があったわけでも、

ビジネスのセンスがあったわけでもありません。

 

元々は平凡な学生で居酒屋バイトをしてましたが、

仕事ができないことで怒られてばかりでした。

 

 

そんなビジネスの世界とは

一切無縁の至って平凡な生活を送っていました。

 

ですがそこで、

お金と時間の自由を増やして人生を楽しみたいと、

一念発起してビジネスを始めてみると、

 

知識も人脈も経験も全てゼロの状態だったものの、

短期間で人生を変えることができました。

 

 

僕の周りの起業家たちもみな過去は、

極貧生活を送っていたり、いじめを受けていたり、

借金を抱えていたりと、マイナスの状態からでも、

 

半年、1年で月収100万円を突破して、

豊かな人生を手に入れることが出来ています。

 

そういった人たちをこれまでに

数え切れないほどに近くで見てきたからこそ、

 

どれだけ過去に成功体験がなかったとしても、

やる気さえあれば誰でもお金と時間の自由を手に入れ、

豊かな人生を実現できると思っています。

 

 

一度きりの人生ですから、1日中趣味に没頭したり、

新しい景色を見に行ったり、新しい体験をしたり、、、と、

人生を全力で楽しむべきだと思っています。

 

それを実現するうえで、

「個人の力で、お金と時間の自由を手に入れる。」

スキルが適していると考えています。

 

 

ただ、そのためにどうすれば良いのか?が

分からない人がほとんどだと思います。

 

そこで、今だけ期間限定で、

僕がゼロからお金と時間の自由を増やしていくまでの、

 

物語をまとめた電子書籍

「労働なき富豪世界への旅路」を無料でお渡しします。

 

普段は1500円で販売していますが、

メルマガ内限定で無料プレゼント中です。

 

 

実際に受け取ってくれた人からは、

「楽しみながら最後まで読めた」など

好評をいただいています。

 

物語形式で作っていて

20分程度でサクッと読めるようにしてあるので

もし興味があれば一度読んでみてくさい。

 

→電子書籍「労働なき富豪世界への旅路」を無料で読んでみる

 

 

僕の詳しいプロフィールはこちらから見てみてください。

→しゅんティーの詳しいプロフィールを見る

 

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

 

 

コメントを残す