願いの先に、希望があり、未来がある。切実な願いの具現化が成功への物語を始める。

 

僕はこれまで何百人単位で、

ビジネスに挑戦する人を見てきたのだけど、

 

その中で当然ながら結果を出す人もいれば、

なかなか結果が出ない人もいた。

 

同じスタート地点からの始まりで、

一年という時間を経過させてみた時に、

 

Aさんは月50万円稼げるようになる一方で、

Bさんは月3万円で燻っていたり、

Cさんはまだ収益を生み出せていなかったりする。

 

あるいは2年経って、業界から去っていく人もいれば、

どんどん収入を伸ばしていく人もいる。

 

 

ゴールまでの道のりは全く同じはずなのに、

一体なぜそれほどまでに結果が変わってしまうのか?

 

自分のこれまでの経験と

沢山のビジネス挑戦者の事例と照らし合わせながら、

 

色々な視点から模索してきて、

ようやく1つの結論に辿り着くことができた。

 

 

結果の違いを生み出す要因。

それは間違いなく「願いの切実さ」だった。

 

心の底から本当にそれを実現したい。

そう思っているかどうかの違いが、

結果の違いを生み出していた。

 

 

以前、とあるお客さんで、

「文章を書くのがどうしても苦手で進みません。」

と相談してくれた人がいた。

 

その人に対して僕は、

「そうしたらまずは思考を読み解きながら、

〇〇の写経を30通してみましょう。」

 

とアドバイスしたのだけど、

 

「30通はちょっと、、、汗」

という感じで結局やらずじまいになってしまった。

 

 

ハードルを上げすぎてしまったかな。と思ったので、

「そしたら最初は3通からでも良いですよ!」

とアドバイスし直した。

 

しかしながら、それでもなお、

「んー、ちょっと考えてみます、、、」

となかなか手が進まないようだった。

 

 

やれば確実に文章力が高まって、

売り上げが伸びるにも関わらず出来ない。

 

 

つまりこれが意味することは、

 

「ノウハウ以前に、絶対に成功したいという

切実な願いを持っているかどうか。」

 

が成功の必要条件であるということ。

 

 

ぶっちゃけ、やるかやらないか考えてる間に、

3通くらいなら写経することが出来てしまうし、

 

極論、30通写経しなければ、

家も貯金も服も全部手元から消えてしまう。

という状況だったら、秒でやると思うのだよね。

 

つまり、それは出来ないのではなくて、

「出来ることをやっていないだけ。」

ということになる。

 

 

よくアニメや映画では、

自分よりも圧倒的に強い強敵と対峙して、

一度全力を出し切るもののボコボコに負けるシーンがある。

 

ただ、そこで主人公はその絶望に落ちたとき、

自分にはやっぱ無理だ。と諦めてしまうことってない。

 

その絶望まで落ちていった時に、

必ず葛藤を乗り越えて何かしらの悟りを開き、再起して、

以前の120%くらいの力で相手を圧倒したりする。

 

 

まさに、ここに答えが眠っているのだけど、

 

なぜ主人公は一度、全力を出し切って

清々しいほどに打ちのめされたのに、

それでもなお必死に活路を開いて再起しようとするのか?

 

それは、

「これだけは絶対に実現しなければならないという、ある種、恐怖に近いような”切実な願い”があるから。」

だと思うんだよね。

 

 

ぶっちゃけビジネスは非常にシンプル。

型を学び、その型に沿って実践すれば出来るものばかり。

 

ただ、今回話してきたように、

「願いが切実でなければ、戦略は絵に描いた餅と化す。」

これもまた事実である。

 

 

正直、切実な、断固たる願いを持っていれば、

成功するための手法は勝手に集まってくる。

 

正確には自然と成功するための手法に

アンテナを張り巡らせるし

自然と行動できなくなることがなくなる。

 

絶対に叶えたい願いなのだから。

 

 

 

願いが明確になったときに、

初めて具体的な戦略が機能し始め、希望が生まれる。

そして未来の輪郭が具体性を帯び始めるというわけだ。

 

 

実際、以前僕がビジネスを教えていた時に、

具体的な方法論を教えてもなかなか行動できない。

というお客さんがいたのだけど、

 

その人の心を深掘りして、

切実な願いを具現化してあげたことで、

 

別人になったかのように異常な基準値で行動し始めて、

あっという間に稼げるようになったりした。

 

 

そういった経験を1度や2度ではなく、

何度も経験しているからこそ、

 

もしかすると成功のヒントは、

外ではなく、その人の内側にあるのかもしれない。

と思うようになっていったのだ。

 

もちろん具体的な方法論も大事。

ただそれを駆使するためのレバーは、

「願い」が源泉にあることを忘れてはいけない。

 

 

この話を踏まえた上で、

今一度自分に問い尋ねてみてほしい。

 

「なぜそれを心の底から実現したいと思うのか?」

 

この松明を頼りに自分の心を深く掘り進めて、

切実な願いを見つけ、鮮明に言語化することで、

初めて成功への物語は始まると思う。

 

 

1500円の電子書籍「労働なき富豪世界への旅路」を無料で読めます。

 

僕は大学時代からネット起業をして

累計1000万ほどの売上を生み出してきました。

 

その後もネット上に作り上げた仕組みから

自動で報酬が生まれるようになり、

10万円、20万円と収入が生まれ続けています。

 

ですが、僕は特別な才能があったわけでも、

ビジネスのセンスがあったわけでもありません。

 

元々は平凡な学生で居酒屋バイトをしてましたが、

仕事ができないことで怒られてばかりでした。

 

 

そんなビジネスの世界とは

一切無縁の至って平凡な生活を送っていました。

 

ですがそこで、

お金と時間の自由を増やして人生を楽しみたいと、

一念発起してビジネスを始めてみると、

 

知識も人脈も経験も全てゼロの状態だったものの、

短期間で人生を変えることができました。

 

 

僕の周りの起業家たちもみな過去は、

極貧生活を送っていたり、いじめを受けていたり、

借金を抱えていたりと、マイナスの状態からでも、

 

半年、1年で月収100万円を突破して、

豊かな人生を手に入れることが出来ています。

 

そういった人たちをこれまでに

数え切れないほどに近くで見てきたからこそ、

 

どれだけ過去に成功体験がなかったとしても、

やる気さえあれば誰でもお金と時間の自由を手に入れ、

豊かな人生を実現できると思っています。

 

 

一度きりの人生ですから、1日中趣味に没頭したり、

新しい景色を見に行ったり、新しい体験をしたり、、、と、

人生を全力で楽しむべきだと思っています。

 

それを実現するうえで、

「個人の力で、お金と時間の自由を手に入れる。」

スキルが適していると考えています。

 

 

ただ、そのためにどうすれば良いのか?が

分からない人がほとんどだと思います。

 

そこで、今だけ期間限定で、

僕がゼロからお金と時間の自由を増やしていくまでの、

 

物語をまとめた電子書籍

「労働なき富豪世界への旅路」を無料でお渡しします。

 

普段は1500円で販売していますが、

メルマガ内限定で無料プレゼント中です。

 

 

実際に受け取ってくれた人からは、

「楽しみながら最後まで読めた」など

好評をいただいています。

 

物語形式で作っていて

20分程度でサクッと読めるようにしてあるので

もし興味があれば一度読んでみてくさい。

 

→電子書籍「労働なき富豪世界への旅路」を無料で読んでみる

 

 

僕の詳しいプロフィールはこちらから見てみてください。

→しゅんティーの詳しいプロフィールを見る

 

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。