作業に没頭するだけが正解じゃない。年商10億円の自由な経営者から学んだ「頑張らずに、コスパ良く勝つ」思想の話。

どうも、しゅんティーです。

 

 

先日六本木に行って、

お世話になっている経営者の方に

色々とアドバイスをもらってきました。

 

今のビジネスの状況を踏まえた上で、

今後はどんな戦略を組んで動いていけば、

伸びていくのか?

 

という話をピンポイントにしてもらったり、

 

ネットビジネスである程度成功した後に

そこからさらに上のステージを目指していくには?

という話を教えてもらったりとか。

 

 

この1つ上のステージの目指し方も、

非常に再現性が高い方法なので、

 

なるほど、、、そう動いていけば良いのか。

とかなり具体的な行動レベルに落とし込めました。

 

 

その話を聞いて、やっぱり、

 

「濃い情報を手に入れる。」

 

ということがどれだけ重要か。を

改めて体験しましたねー。

 

 

確かに今の時代は色んな情報が、

ネット上に広まっているから、

 

一見、調べれば全部解決するのでは?

と思いがちだけど、本当に結果が出る、

上流の情報は表には絶対に出てきません。

 

僕はこれまでお金を燃やして、燃やして、

表に出てこない情報に散々触れてきたので、

その思考は完全に消え去りました笑

 

 

話を戻しますと、

その方とはカフェで色々と話してたんですが、

結構オシャレな雰囲気でした。(撮るの忘れた)

 

で、そこでアドバイスを受けてる時に、

色々な話を経て最終的に言われたのが、

 

「しゅんティーさんは、

もう作業に没頭する段階は終わりですね。」

ってことでした。

 

 

今の僕はそれなりの水準で仕組みが完成してるから、

 

あとやることは、その仕組みに上手く

レバレッジをかけて利益を伸ばしていくだけ。

と方向性を教えて頂きました。

 

で、その作業は労働時間ほぼゼロなので、

あとはインプットやブランディングに

どんどん時間を使うのが今の最適解だね。と。

 

で、その時に自分でも改めて、

 

「確かに。ビジネスは作業すれば伸びるってもんじゃなくて、いかに効率良く、コスパ良く伸ばすか?を考えるものじゃん。でも、今の自分は「作業することが目的」になってしまってるじゃん。」

 

という事に気付けたんですよね。

 

最近の僕は惰性で作業を

してしまっていたような感じでした。

 

 

客観的にみても、それなりの仕組みを作ったので、

あとやることはその経営者の方に教わった通り、

「レバレッジをかけていくこと」が正解なのですが、

 

1分1秒でも無駄にせず上を目指したい。

という思いから、無理やり作業を見つけようと

してたような感じだったのかなと。

 

なので、空回っていたのだと思います。

 

 

今月も2週目の時点で30万円ちょっとの

売り上げが出ていますが、

 

「何かしら一応作業しておくか。」という感じで、

ダラダラと作業してしまっていました。

 

 

なので一区切りとして、

作業よりもインプット重視に切り替えようかなと。

 

ガッツリとパソコンカタカタして

作業するのはしばらくお休みにしようかなと。

ある程度は積み上げていきますけどね笑

 

 

それよりもいま僕が

さらに上に行くために必要なのは、

 

レバレッジをかけることと、

インプットやブランディング関連の

体験価値を増やしていく事なので、

 

その方向性でしばらくやっていきます。

 

といった感じで、結構パラダイムシフトだったので、

今回得た収穫を色々と話していこうかなと思います。

 

不労になるまで過労。自動化は労働を圧縮して生まれる結晶

 

さっきも話しましたが、

今月(9月)はすでに2週目の時点で、

売り上げが30万円ちょっと上がっています。

 

もちろんまだまだで自分でも、

もっと早いスピードで進んでいかないとなと

思っているのですが、

 

こうやって自動で利益が上がっているのも

すべて仕組みを作ったおかげです。

 

思い返せば、僕はビジネスを始めてから、

今に至るまでの1年ちょっとの間は、

ずっと仕組みを作る事に集中してきました。

 

 

これまでに色んなビジネスを分析して、

自分に必要そうだと感じたものには

速攻でお金を払って学んだりもしてきましたが、

 

お金と時間の自由を手に入れて、

長期的に成功し続けるには、

 

結局、仕組みを作るしかない。

という結論に至ったからです。

 

 

だから、

一に仕組み、二に仕組み、三に仕組み。

という感じでひたすら仕組みづくりの

作業ばかりしてきました。

 

仕組み作りはある程度時間がかかるので、

作業しても最初は利益が出なかったですが、

 

これしかないと確信してたので

一切ブレずにひたすらやり続けました。

 

 

するとそうやって、

仕組みをコツコツと作って1ヶ月ちょっとすると

初めは3万円ほどの小さな自動収益が発生しました。

 

そしてそこから、

さらにコツコツと仕組みを積み上げていくと、

 

働かずに自動で、

30万円、100万円、200万円、300万円と、

右肩上がりに伸ばしていくことができたのです。

 

 

で、そんな感じでコツコツと進めていって、

最近まで仕組み作りに集中していたのですが、

それも一旦1つの形に完成させる事が出来ました。

 

これからもっと洗練させていったり、

巨大化していこうとも思っていますが、

 

今の段階でこんな感じで、

何もしなくても商品がポロポロと売れて、

 

安定的に利益が上がり続ける状態が

徐々に出来上がってきました。

 

 

 

 

だから改めて仕組みを作ることの

重要性を体感していますし、

 

ビジネスで自由を手に入れたいならば、

仕組み作り一択しかないなと。

 

 

そしてそれと同時に、僕の経験からも言えるのが、

「不労になるまで過労。」

ということです。

 

その労働というのはつまり、

仕組みを作るための労働です。

 

僕も初期の頃から一切ぶれずに、

ひたすら仕組みを作り続けてきましたが、

 

大体1年半くらいで、

それなりの水準を誇る仕組みが完成しました。

 

 

今振り返ってみると、

無駄な作業をこれまで沢山してきたので、

 

本気で集中すれば半年くらいで、

今のレベルの仕組みまで復活できるのかなと。

 

 

で、一度仕組みを作り上げてしまえば、

あとはある程度の人を集めるだけで、

 

ポロポロと商品が自動で売れていって、

利益が安定的に上がっていくわけなので、

労働時間はほぼゼロに近づいていきます。

 

自動化っていうと怪しく聞こえがちだけど、

その仕組みの構造をちゃんと理解していれば、

 

これほど再現性の高いものってないよね。

というのが明確に分かるんですよね。

 

 

なのでつまり伝えたいことは、

 

「不労になるまでは過労だけど、

労働を半年〜1年に圧縮すれば、

誰でも自動化で稼げるようになる」

 

ということです。

 

僕も当時、初心者の頃に学んでいた時に、

「半年、1年頑張れば誰でも自由な人生は手に入る。」

 

という言葉を聞いて、

内心は疑ってた部分もあったのですが、

 

やらんと分からんということで、

実際に学びと実践を繰り返していくと、

それが真実であることを実感し始めてます。

 

 

僕は現状ではまだ、月数十万〜100万円程度しか、

利益を出すことが出来ていませんが、

 

ここからレバレッジをかけていくことで、

最低でも2、3倍以上は跳ねていく見込みです。

 

何しろ「仕組み作りしかやってない。」

くらいの勢いでビジネスを進めてきていて、

 

あとはテコ入れをしていくだけなので、

集中して進めていきたいと思います。

 

なので僕がいつもブログとメルマガで、

提唱している通り、自由な人生を手に入れたいならば、

間違いなく仕組みを作ること一択と言えますね。

 

1のレバレッジは1000の労働力に大差で勝利する威力を持つ。

 

ここまで「レバレッジ、レバレッジ」と

連呼してきたのですが、

 

レバレッジって何かというと、

「てこの原理」という意味です。

 

 

こういうやつ学校でやってたと思うんです。

 

で、このテコの原理の本質って、

「少ない労力に倍率をかけて大きくすること」

です。

 

1のエネルギーを使うと、

それが100のリターンとして返ってくる。

そんなイメージです。

 

 

で、ビジネスでも、

このレバレッジを意識して進めることで、

 

コスパ良く爆発的な成果を生み出すことが

できるようになったりするんです。

 

例えば僕はメルマガを配信してますが、

現状で600人以上の人に読まれています。

 

 

その大人数に毎回自分でメッセージを送っていたら、

とてもじゃないけど、時間が足りません。

 

けど、メルマガを駆使する事によって、

レバレッジが生まれて1通メールを配信するだけで、

一気に600人の人に届く。

 

さらにそれを自動化することによって、

勝手に毎日600人以上の人にメールを

配信し続けてくれるんです。

 

 

他にも、セールスに関しても自動化してるので、

毎日何人もの人に僕の全身全霊を込めた、

オファーが届き続けています。

 

けどこれも自分でセールスしてたら、

いくら時間あっても足らないし、

 

毎回毎回同じことを話し続けるのは、

非常にコスパが悪いです。

 

 

といった感じで、つまり、

「レバレッジは労働に大差で勝利する。」

ということなのです。

 

レバレッジをかけられる人と、

レバレッジをかけられない人の差は歴然で、

その差を埋めることは到底不可能です。

 

 

毎日、朝から夜まで働き続けて

月30万円の人がいる一方で、

 

レバレッジをかけられる人は、

一切労働なしで月数百万円以上稼ぐ。

 

そんな格差が平然と起こるのです。

 

だから、労働がレバレッジを超えることは

決して出来ないんですよね。

 

 

僕がお世話になっている経営者の方も、

徹底的にレバレッジをかけまくっているので、

労働時間0で年間数千万円を稼いでます。

 

あれ、肌焼けてるなー。と思ったら、

ずっと外でスポーツに熱中してるみたいでした笑

 

 

だからなんと言いますか、

 

「頑張ることは大事なんだけど、

頑張らない部分を見極めることも必要」

 

ということを学んだんですよね。

 

僕はこれまで、

気合いで乗り越えようとしたくなって、

何でも頑張ってしまいがちだったんですが、

 

ここまでで話してきたように、その努力は、

レバレッジには到底敵わないんですよね。

 

100人に対面で渾身のセールスをしようとするより、

売れる仕組みをサクッと作ってしまった方が

遥かに売れるのです。

 

 

だから時として、

「頑張ってはいけない部分も存在する」

ということなんですよね。

 

・無料の情報でビジネスを進めようとしたり

・毎日対面営業や通話で商品を売ろうとしたり

・毎日SNSでコメント回りをしたり

 

これを頑張っても結果には一切繋がりません。

繋がるかもだけど明らかにコスパが悪い。

 

 

そういう頑張ってはいけない部分は

頑張ることをやめて、

 

「レバレッジに集中する」方が

結果が爆発的に伸びたりするわけですね。

 

 

端的に言えば「仕組み作ろうぜ。」

という話で完結してしまいます笑

 

仕組みってレバレッジの真髄というか、

レバレッジの塊のようなものなので。

 

 

あと「知識学ぼうぜ。」ということです。

知識にも巨大なレバレッジがかかるので、

知識の質で結果の大きさが桁違いに変わります。

 

無料の情報などで知識がショボかったら、

全然結果が伸びていかないけれど、

 

濃い知識をガッツリと蓄えていれば、

強力なレバレッジが発動して、

それ相応に結果が跳ねていきます。

 

 

という感じで今回、それを非常に学びました。

「あ、頑張ることが全てではないんだ。」という。

 

だから僕もこれは自戒なのですが、

「作業が目的になってしまってはいけない。」

わけですね。

 

目的は「利益を最大化すること」であり、

そのための「手段が作業」です。

 

 

1000時間労働して月10万円稼ぐ人と、

レバレッジをかけて労働時間0で

月200万円を稼ぐ人だったら、

 

圧倒的に後者の方が優秀だということになります。

 

 

「あえて頑張らずにレバレッジに頼る」

 

この考え方は今回、非常に学びになりました。

 

セミリタイア後の世界を生きながら、年商10億事業を作った自由な経営者

 

その話から話が派生していって、

 

「DRMを応用して

年商10億規模の事業を作った経営者」

 

の話を詳しく聞かせてもらったのですが、

そこでさらに「頑張ることが全てではない。」

という考え方が腑に落ちました。

 

僕もその方を知っていたのですが、

上を目指すというタイプでは一切なくて、

 

自由にのんびり暮らそうや。

という思想を持っているお方です。

 

 

だから普段はマジで働いてないのですが、

密かに裏側で2桁億円の巨大な事業を作っていたらしく、

まじかよ笑ってなりましたよね。

 

内容はちょっと言えないのですが、

まったく特殊なことをしてるわけでもなく、

 

DRMのビジネスモデルをそのまま応用した。

という感じのシンプルなものでした。

 

 

ただ無駄が一切なく、

ものすごく洗練されていたし、

レバレッジのかけ方も桁違いに上手かった。

 

その方がやったことしては、

最初にパパッとビジネスモデルの戦略組んで、

 

あとはそこで出来上がった仕組みに

レバレッジをかけただけ。

 

だから稼働時間はほぼないらしいです笑

 

 

流石にそこまでの規模を、

目指してる人は少ないと思うのですが、

 

この「頑張らずにレバレッジをかける」という思考は

ビジネスをコスパ良く伸ばしていくうえで、

非常に大きな鍵になってくるので、

 

絶対的に持っておくべきだと思いますね。

ほんと年単位で成功までのスピードが

違ってきますからね。

 

 

その年商10億の経営者の方の話を聞いて、

思想がかなりレベルアップしました。

 

「良い意味で頑張らずに、コスパ良く事業を伸ばす」

 

今まではこの思想を落とし込めてなかったので、

今後はこの思想を持って、ビジネスを進めて、

上を目指していきたいと思います。

 

「作業を頑張ることが時として遠回りになる。」

この思考はかなりパラダイムシフトでしたねー。

 

 

という感じで、

しばらくは作業はあんまりせずに、

 

レバレッジを上手くかけていって、

ビジネスを拡大することに集中していきたいと思います。

 

それも上手く回り始めたら、

またブログで話そうと思います。

 

 

で、あとはインプットに集中して、

実力を蓄えていく感じですかね。

 

そんな感じで色々と話しましたが、

近況報告と最近の気付きでした。

 

「作業を一生懸命頑張ることが正解とは限らない。」

 

って部分は結構、思考に革命が起こる人も

いるんじゃないかなと思います。

 

 

僕も引き続きビジネスを伸ばしていって、

どんどん自動化を進めていくので、

また経過報告していきますね。

 

ではでは!

 

 

1500円の電子書籍「労働なき富豪世界への旅路」を無料で読めます。

 

僕は大学時代からネット起業をして

累計1000万ほどの売上を生み出してきました。

 

その後もネット上に作り上げた仕組みから

自動で報酬が生まれるようになり、

10万円、20万円と収入が生まれ続けています。

 

ですが、僕は特別な才能があったわけでも、

ビジネスのセンスがあったわけでもありません。

 

元々は平凡な学生で居酒屋バイトをしてましたが、

仕事ができないことで怒られてばかりでした。

 

 

そんなビジネスの世界とは

一切無縁の至って平凡な生活を送っていました。

 

ですがそこで、

お金と時間の自由を増やして人生を楽しみたいと、

一念発起してビジネスを始めてみると、

 

知識も人脈も経験も全てゼロの状態だったものの、

短期間で人生を変えることができました。

 

 

僕の周りの起業家たちもみな過去は、

極貧生活を送っていたり、いじめを受けていたり、

借金を抱えていたりと、マイナスの状態からでも、

 

半年、1年で月収100万円を突破して、

豊かな人生を手に入れることが出来ています。

 

そういった人たちをこれまでに

数え切れないほどに近くで見てきたからこそ、

 

どれだけ過去に成功体験がなかったとしても、

やる気さえあれば誰でもお金と時間の自由を手に入れ、

豊かな人生を実現できると思っています。

 

 

一度きりの人生ですから、1日中趣味に没頭したり、

新しい景色を見に行ったり、新しい体験をしたり、、、と、

人生を全力で楽しむべきだと思っています。

 

それを実現するうえで、

「個人の力で、お金と時間の自由を手に入れる。」

スキルが適していると考えています。

 

 

ただ、そのためにどうすれば良いのか?が

分からない人がほとんどだと思います。

 

そこで、今だけ期間限定で、

僕がゼロからお金と時間の自由を増やしていくまでの、

 

物語をまとめた電子書籍

「労働なき富豪世界への旅路」を無料でお渡しします。

 

普段は1500円で販売していますが、

メルマガ内限定で無料プレゼント中です。

 

 

実際に受け取ってくれた人からは、

「楽しみながら最後まで読めた」など

好評をいただいています。

 

物語形式で作っていて

20分程度でサクッと読めるようにしてあるので

もし興味があれば一度読んでみてくさい。

 

→電子書籍「労働なき富豪世界への旅路」を無料で読んでみる

 

 

僕の詳しいプロフィールはこちらから見てみてください。

→しゅんティーの詳しいプロフィールを見る

 

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

 

 

コメントを残す