ドラマ「JINー仁ー」を2日で一気見したら感動の嵐だった。非効率の体験と受け取りの法則。差による価値の創造ついて。

どうも、しゅんティーです。

 

 

昨日と今日で、「JINー仁ー」というドラマを

朝から夜までかけて一気見しました笑

 

1シーズンが11話構成になっていて、

1話で約1時間、それが2つある感じだったので、

 

結構ボリュームありましたが、

2日かけて大体20時間ぶっ通しで見ました笑

流石にずっと見てると疲れやばいです笑

 

 

ですが僕はこうやって時間を圧縮して

物事を進める事がすごく好きです。

 

100時間かかるものを、1日1時間ずつ進めて、

100日かけるのもありですけど、

 

どっちかというと、1日10時間ずつ進めて、

10日で終わらせてしまいたい派です。

そっちの方が時間密度が高いからです。

 

 

今回の場合でいうと、

本来であれば1週間に一回の放送なので

 

22話=5ヶ月ちょっとくらいかかるわけですが、

それを2日に圧縮する事が出来ました笑

 

もちろんコツコツ楽しむのもありですけどね。

 

 

ただ、今終わらせても後で終わらせても

変わらないのであれば、基本的には、

出来るだけすぐに終わらせた方がお得です。

 

これ、ビジネスがまさに当てはまっていて、

コツコツやろうとするとどうしても

ダラダラしてなかなか進まなかったり、

 

本来手に入るはずだった利益を損してたり、

余計にエネルギーを消耗したりします。

 

 

いま月10万円生まれる仕組みを作るのと、

半年後に月10万円が生まれる仕組みを作るのでは

単純計算、後者は60万円損してることになるし、

 

メルマガ書かないとなーと思ってるだけで

脳はエネルギーを消耗し続けてしまうのです。

 

僕のお客さんも以前、1ヶ月経っても

なかなか商品が完成しないと悩んでたのですが、

この話をしたら3日くらいで完成させてました笑

 

 

だから基本的にはコツコツよりも、

「いかに時間を凝縮して進めるか?」を

意識して物事に取り組んでいった方が

お得なんですよね。

 

時間密度が濃くなるし、自分の時間や労力を

効率よく使う事が出来ます。燃費が良くなるのです。

 

だから僕も作業をやると決めた時は、

一気にメルマガ5通書いたり、動画10本撮ったりと

圧縮して進めるようにしています。

 

 

まあその話は良いとして、それにしても、

このドラマはめちゃ感動します。

 

最終回の視聴率で

25%という数字が出たみたいなのですが、

そりゃいくよね、、、という内容です。

 

「南方先生がおれば坂本龍馬は死なん!ほうじゃろ」

この台詞とかもうね、響きまくりです。

毎回泣ける場面が大量にあってやばいです。

 

 

あと、僕が小学生の頃に確かテレビで見た記憶が

うっすらあったんですが、改めて今見ると

学びに溢れてたんですよね。

 

え、こんな事言ってたんだ、、、的な感じで

昔の自分が気付けなかった発見が沢山ありました。

 

その学びをアウトプットも兼ねて

今回は共有していきたいと思います。

 

今の当たり前は当たり前じゃない。先人たちが必死に築き上げてきた血と汗と涙の結晶

 

まず最初に感じたのはこれですね。

 

主人公である医者の南方先生は現代から

江戸時代にタイムスリップするのですが、

 

現代では簡単に治ってしまう病気が

江戸ではまだ医療器具も知識も

 

十分に整っていないゆえに

命に関わる病だったりするんですよね。

 

 

だから南方先生はそこで

江戸にあるものを使って薬を開発したり、

医療器具を整えたりするのですが、

 

これがもう一苦労なのです。

 

少しの薬を生成するのも膨大な労力がかかり、

何とか器具も代わりになるもので代替するものの、

足りない器具はトンカチで補ったり、

 

まだ江戸時代の技術では追いつかなくて、

麻酔なしで手術するしかなかったり。

 

手術のシーンとか苦手なので、

((((;゚Д゚)))←こんな顔で見てました。

 

 

そうやって見ていると、

今の当たり前は当たり前ではないんだなと、

気付かされるのです。

 

僕たちが今当たり前だと思って

使っているものは先人たちが

 

膨大な時間とお金と労力を使って

試行錯誤してたくさんの失敗をして、

生み出した血と汗と涙の結晶なんだなと。

 

 

これは綺麗事でも何でもなく、

ビジネスで稼いでいくうえで非常に

重要な考え方だと思っています。

 

例えば僕はメルマガを使って1年目で

数万円から20万円を超える商品も売って

収益を自動化する事が出来ました。

 

これは僕だから出来たのではなく、

誰にでもできる非常に再現性の高い技術です。

学んで実践すれば誰にでもできます。

 

 

ですが、メルマガが大事と知っても、

ほとんどの人はメルマガをやりませんし、

 

実際にメルマガに実践し始めた人でも、

途中で辞めてしまう人が非常に多いです。

 

当然ながら、僕も初めから商品が売れたか?

と言ったら全くそんなことはなくて、

初めはなかなか売れなくて苦戦しました。

 

でも僕は文章を学んでまたやり直したことで

売れるようになったのです。

 

 

で、こうして、全く同じことをしているのに、

結果が全く違ったものになるのは、

 

「価値に気付いているかどうか?の差」

だと思うんですよね。

 

 

昔は情報の伝達手段として、

メールなんて便利なものは存在せず、

 

飛脚という専門職の人が走って、

手紙を届けたりしていました。

 

届くのに時間はかかりますし、

1通メッセージを送るだけでお金がかかるし、

相手が読んだかどうかも分かりません。

 

 

確かに、それは昔の話でしょ。と言えば

それまでなのですが、

 

これと現代の「メール」という

ツールを比較すると、

 

メールという技術がいかに便利か、

いかに価値あるものかということに

気付く事が出来ます。

 

 

ステップメールを駆使すれば、

・いくらメールを送っても0円

・どれだけ離れていても一瞬で届く

・文字制限なく伝える事ができる

・データを計測する事ができる

・メール送信を自動化・ステップ化できる

 

という、昔の人からすると、

異次元レベルの情報伝達ツールを

低価格で使う事が出来てしまいます。

 

 

この事実に気付けると、

ステップメールってやばいじゃん。

となるので一点集中出来ますし、

 

最初は上手くいかなかったとしても、

ブレずに上手くいくまで続けられます。

 

そこに巨大な価値が有る事に

気付いているからです。

 

 

ですが先ほども言った通り、

このメールという概念が常識であれば、

 

価値に気付く事が出来ないので、

やろうともしませんし、

 

ちょっと上手くいかなかったりすると

すぐに辞めてしまうのです。

 

 

これはメルマガに限らず、

ブログも、動画という概念も、

教材という概念も全てそうです。

 

10万円の教材があったときに、

情報に10万円って、、、苦笑と

なる人がほどんどなのですが、

 

一部の人はその教材を使って、

最低でも10倍以上のリターンを

生み出せる事に気付いていたり、

 

1000時間以上短縮できる事を知ってるので、

何の躊躇もなく速攻で買うのです。

 

 

これも価値に気付いているか、

気付いていないかの差ですよね。

 

全く同じチャンスが目の前にあるのに

それが見える人と見えない人に

はっきりと分かれるという事です。

 

こういったものが1個ずつ積み重なったら、

それは将来的に考えたときに、

 

数千万円、数千時間の差に

なると思うんですよね。

 

 

だから、価値に気付くために

あえて非効率を経験することは

非常に重要だと思っています。

 

受け取りの法則というものがあります。

 

これは怪しい法則でも何でもなくて、

ここまでで話してきたのと同じく、

「どう受け取るかで受け取れる価値が変わる」

というものです。

 

 

メールが使えるのって当たり前じゃん。

と常識として捉えてしまうのか、

それを神器として捉えられるのか。

 

この両者がメルマガを使って

ビジネスをしたとき、それはもう、

巨大すぎるほどの差が生まれるのです。

 

 

これは僕もそうですが、

どうしても価値に気付けないと、

 

それをやろうともしませんし、

ちょっと上手くいかないだけで

辞めてしまったりしますからね。

 

つまり常識として捉えてしまった物事は、

価値を受け取る事が出来ないのです。

価値が0になってしまうのです。

 

 

でもちゃんとその価値に気付ければ、

価値を最大限引き出せるようになります。

 

ただのコミュニケーションツールである、

メールの価値に気付き、価値を引き出せれば

メールだけで20万円以上の商品が売れたり、

 

普段何気なく見ている動画コンテンツも

動画の価値に気付き、価値を引き出せれば

 

数十万円払ってでも大満足される

コンテンツを作る事が出来ます。

 

 

だから繰り返しになるのですが、

あえて非効率を体験するって大事だなと。

あえて不便なものを体験するのです。

 

例えば、1日スマホを断捨離する。

とかでも良いですよね。

 

すると連絡が取りたくてもすぐに取れなくて、

その人の家まで行かないと連絡取れません。

 

「不便すぎるだろ。」ってなります。

 

するとSNSやメールの価値に気付けるので、

よりそのツールを駆使しようという

マインドになったりします。

 

 

それでいうと今回僕は、

22話全て1倍速で見ていたのですが、

正直めっちゃ遅いなと思ったのです笑

 

いつも動画は基本2倍速で見てるので、

1倍速はとてもとても遅く感じました。

 

2倍であれば1時間の動画は30分ですが、

1倍速だと1時間です。

1時間って長いなー。ってなりました。

 

 

途中で流石に速度を上げるか迷いましたが、

あえて最後まで1倍速で貫き通しました。

 

これも受け取りの法則というやつです。

あえて1倍速で視聴した事によって、

 

2倍速で動画を消化できるって

すごい事なんだなとなりました。

 

 

普通だったら1000時間かかるものを

情報教材だったら10時間で学べたりします。

 

そしてさらに2倍速にしたら

5時間まで短縮する事が出来ます。

 

これはもうすごい事だと思うのです笑

1000時間が1/200になるわけですからね。

場合によってはもっとかもしれない。

 

だからこれからもガンガン情報教材に投資して

知識をガンガン増やしていこうと思ったし、

 

それでいうと、

僕の商品も動画コンテンツがメインなので、

改めて価値を再確認する事が出来ました。

 

 

なので総じて、あえて非効率を体験する。

という要素を取り入れるのは大事なんじゃないかなと。

 

現代はものすごく便利な時代だからこそ、

それが常識と化し、価値を受け取りづらいですが、

 

そこで非効率を体験する事によって、

価値に気付けて、結果を伸ばせると思ってます。

 

自分の常識は他の誰かにとって非常識となる。商売の原理原則は「差」

 

仁のストーリーとしては、

医者である南方先生が江戸にタイムスリップして

患者さんを助けていくというものなのですが、

 

まさにこれは商売の原理原則に

当てはまってるなーと感じました。

 

商売の原理原則って全てにおいて、

「差をつけること」なんですよね。

 

 

仁の話で言うと、南方先生は

現代の最も発展した医療技術や知識を持っていて、

 

それをまだ医療が発展していない、

江戸に持ち込んだわけです。

 

もう分かったと思うのですが、

「差」が桁違いに大きいんですよね笑

 

 

実際、南方先生が元々いた現代では、

常識レベルで使ってた医療の知識も

 

江戸の世界で使うとみな倒れるくらい驚いて、

感謝されまくってたんです。

 

南方先生はお金儲けはしてませんでしたが、

この知識を使った事によって、

 

無一文で家もまともな服も食べ物も

まったくない状態から、

 

毎日美味しいご飯を作ってくれる弟子ができて、

ゆっくり寝れる広い家も手に入れて、

まともな服も買ってもらえました。

 

 

あとどうしても、

400両が必要になる場面があったのですが、

南方先生の代わりに友人が調達してきてくれたんですよね。

 

400両と言うと現代のお金に換算すると、

大体2000万円らしいです。

 

 

で、これは現代にも全く同じ事が

通用すると思っていまして、

 

誰かの需要を満たせる知識を持ってれば、

それをガンガン広めていく事で、

 

価値提供になり、信頼が貯まっていくので、

お金も人も衣食住も自然に集まってきます。

 

だから大事なのはお金を持つことよりも、

いかに他の人の需要を満たせる知識を手に入れるか?

だなーと改めて思いました。

 

 

需要を満たせる知識を持ってれば持ってるほど、

お金も人も衣食住もより集まってくるので

勝手に豊かになっていくんですよね。

 

僕もこれは忘れずに常に知識を

アップデートし続けようと思いました。

 

 

で、話を戻すのですが、

江戸時代にとって南方先生の医療技術は

完全にカンストしてたんですよね。

 

そりゃそうなるよねー笑って感じですが、

江戸で1番の医者と言われるようになりました。

 

ドラクエ的にいうと、初期の村でいきなり、

レベル99の最強装備をつけてるキャラが

現れるようなイメージです笑

 

だから初めは何も持ってなかった南方先生は

衣食住を手に入れて、人脈を手に入れて

間接的にお金も手に入れる事が出来ました。

 

 

ここで何が伝えたいかと言うと、

ビジネスをやっていく際には

 

「差が生まれる場所で商売しよう。」

ということです。

 

もちろん差を生み出すために、

知識を学びまくることも大事ですが、

 

いくらレベル99になったところで、

周りもみんなレベル99だったら

差が生まれないんですよね笑

 

 

「俺レベル99だぜー」と周りに

いくら自分の存在を広めたところで、

 

それが常識の世界なので、

「それって普通じゃないの?苦笑」

と価値が生まれないのです。

 

「差が価値になる」

という部分が大きなポイントです。

 

これを理解しているかどうかで

結果は雲泥の差になると思います。

 

 

たまにSNSなどを見ていると、

自分と同じレベルの人とばかり

交流を広げていたりとか、

 

ビジネス系の発信でいうと、

すでにビジネスをやっている人に

アプローチしている人が多いです。

 

でもそれって「差」が小さいので、

相手は自分に興味を持ちづらいですし

価値も感じづらいです。

 

 

さらに言えばそれを実践している人は

かなり多いので、

 

発信者同士がお互いを集客し合うような

かなりカオスな状態になってたりもします。

 

それでは、非常に安定感の欠けた

脆弱な商売になってしまいます。

 

だから考えるべきことは、

「差が大きい場所で商売をする」

ということなのです。

 

 

例えば僕は仕組み化や

コンテンツビジネスといった知識を

教えているわけなのですが、

 

すでにビジネスをやっていて、

月数十万円〜数百万円稼いでる人に

話しても常識なので何とも思われません笑

 

それは僕も同じで

仕組みを作り自動化することや

コンテンツビジネスという概念が

 

完全に常識になっているので

他の人から聞いても、

「ですよねー。」という感じです。

 

 

ですが仕組み化を知らない人、

コンテンツビジネスを知らない人、

ビジネス初心者の方に教えてあげると、

 

「常識が崩壊しました」というレベルで

感動されたりするのです。

 

僕はメルマガに登録してもらった時に

コンテンツビジネスと仕組み化が学べる、

書籍を渡しているのですが、

 

以前こんな感想を頂きました。

無料でお渡ししているにも関わらず、

さらに有料で買って頂いたのです。1500円です。

 

 

そこまで価値を感じてくれて、

本当に嬉しい限りですが、

 

これがつまり「差」なのです。

 

繰り返しになるのですが、

商売の本質は「差」であり、

 

「出来るだけ差が大きい場所で戦う」

というのが大きなポイントです。

 

 

これは特に集客で言える事ですが、

「自分の常識が非常識になる場所」

探すことがまず一番大事です。

 

ここを見つける事ができれば、

あとはその人たちを集める仕組みを作れば

「差が生まれ」商売は成立するのです。

 

なので、自分だったら、、、

と置き換えて考えてみてくださいね。

 

これを腑に落として実践できれば、

南方先生みたいな感じで無双できるし、

安定的に利益を上げ続ける事が出来ます。

 

神の手を持つ疫病神。神は乗り越えられる試練しか与えない

 

あと、仁の話の中で、

 

「神は乗り越えられる試練しか与えない。」

 

という言葉が何度も出てくるのですが、

この言葉良いなーと思いました。

 

この言葉の通り、南方先生は、

話の中で何度も何度も困難にぶつかって、

 

本当にかわいそうになってしまうくらい

壁にぶつかって苦しみます。

 

 

救おうとした命も救えなかった事が

何度も何度もあって、

 

自分はただの疫病神なのでは?

と思ってしまうのです。

 

 

これは実際に見てみて欲しいのですが、

本当に困難訪れすぎでしょ、、、というくらい

何度も何度もぶつかってます。

 

でも、そうやって

心が折れそうになってしまった時に

 

「神は乗り越えられる試練しか与えない」

 

という言葉を自分で言い聞かせたり、

周りの人に言ってもらったりして、

何とか乗り越えられるのです。

 

 

何というか「信じること」って

大事だなと思ったんですよね。

 

UNIQLOの柳井社長で

「1勝9敗」という言葉もありますが、

 

少なくともやること成すこと

上手くいく人はまずいないんですよね。

 

 

だからもちろんビジネスを始めて、

最初はできないことだらけだし、

 

ある程度上手くいっても

また前に進めば新しい壁が出てきますが、

 

そこで上手くいかなくても、

諦めずに超えようとする事が大事だと思うのです。

 

 

僕のこれまでの経験でも感じるのですが、

人の本質って上手くいかない時、

失敗した時に出ると思っています。

 

調子が良い時や結果が出てる時は

誰でも頑張れるし行動しまくれます。

 

でもちょっと上手くいかない時、

壁にぶつかってしまった時に

頑張れる人って非常に少ないです。

 

 

なので裏を返せばこの上手くいかない時に

頑張れる人は着実にビジネスで

成功できると思うのです。

 

結局、結果を出すためにやるべきことは

すでに決まりきっていますし、型があるので

 

それをしっかり学び、実践することを

繰り返していけば誰でもできるものだからです。

 

 

で、それを踏まえた上でいうと、

たまに「絶対稼げますか?」という

質問をする人がいたりするのですが、

 

この質問は非常にナンセンスで、

他者に絶対を求めるのではなくて、

自分が絶対を作る事が大事だと思うんです。

 

絶対稼げるものがあるならみんなやってるし、

みんなやるから旨みがどんどん減っていき、

理論破綻して稼げなくなります。

 

 

当然、絶対なんて事はこの世にはないので

やってみないと全てわかりませんが、

 

さっきも言った通り、少なからず

ビジネスの世界には成功法則であり型があり、

それは学べば誰でもできるものなのだから、

 

自分で絶対いけると信じて、

結果が出るまでやり通す事が大事なのでは?

と思うんですよね。

 

 

「神は乗り越えられる試練しか与えない。」

 

そういった意味でこの言葉を持っておくと、

良いんじゃないかなと思います。

 

という事で色々と話してきましたが、

 

・あえて非効率を体験する事で

価値を受け取れて、価値を引き出せるようになる

 

・需要を満たせる知識を持てば持つほど、衣食住、

お金、人脈など資源がどんどん集まってくる。

「いかに差が大きい場所で商売をするか?」が大事

 

・人の本質は上手くいかない時、

壁にぶつかった時に現れる。他者に絶対を

求めるのではなく自分が決める。

 

という感じでした。

 

 

シンプルに感動するし面白いので、

ぜひ「JINー仁ー」を見てみてください。

涙腺崩壊のオンパレードです。

 

あれはメインテーマがずるい笑

メインテーマはこちら。

 

 

 

ではでは。

 

 

1500円の電子書籍「労働なき富豪世界への旅路」を無料で読めます。

 

僕は大学時代からネット起業をして

累計1000万ほどの売上を生み出してきました。

 

その後もネット上に作り上げた仕組みから

自動で報酬が生まれるようになり、

10万円、20万円と収入が生まれ続けています。

 

ですが、僕は特別な才能があったわけでも、

ビジネスのセンスがあったわけでもありません。

 

元々は平凡な学生で居酒屋バイトをしてましたが、

仕事ができないことで怒られてばかりでした。

 

 

そんなビジネスの世界とは

一切無縁の至って平凡な生活を送っていました。

 

ですがそこで、

お金と時間の自由を増やして人生を楽しみたいと、

一念発起してビジネスを始めてみると、

 

知識も人脈も経験も全てゼロの状態だったものの、

短期間で人生を変えることができました。

 

 

僕の周りの起業家たちもみな過去は、

極貧生活を送っていたり、いじめを受けていたり、

借金を抱えていたりと、マイナスの状態からでも、

 

半年、1年で月収100万円を突破して、

豊かな人生を手に入れることが出来ています。

 

そういった人たちをこれまでに

数え切れないほどに近くで見てきたからこそ、

 

どれだけ過去に成功体験がなかったとしても、

やる気さえあれば誰でもお金と時間の自由を手に入れ、

豊かな人生を実現できると思っています。

 

 

一度きりの人生ですから、1日中趣味に没頭したり、

新しい景色を見に行ったり、新しい体験をしたり、、、と、

人生を全力で楽しむべきだと思っています。

 

それを実現するうえで、

「個人の力で、お金と時間の自由を手に入れる。」

スキルが適していると考えています。

 

 

ただ、そのためにどうすれば良いのか?が

分からない人がほとんどだと思います。

 

そこで、今だけ期間限定で、

僕がゼロからお金と時間の自由を増やしていくまでの、

 

物語をまとめた電子書籍

「労働なき富豪世界への旅路」を無料でお渡しします。

 

普段は1500円で販売していますが、

メルマガ内限定で無料プレゼント中です。

 

 

実際に受け取ってくれた人からは、

「楽しみながら最後まで読めた」など

好評をいただいています。

 

物語形式で作っていて

20分程度でサクッと読めるようにしてあるので

もし興味があれば一度読んでみてくさい。

 

→電子書籍「労働なき富豪世界への旅路」を無料で読んでみる

 

 

僕の詳しいプロフィールはこちらから見てみてください。

→しゅんティーの詳しいプロフィールを見る

 

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

 

 

コメントを残す