音大の知り合いが授業で「1つの音」を30分以上かけて練習してた話を聞いて。一流の秘密と知識を学ぶ意義。見える世界の拡張について。

どうも、しゅんティーです。

 

 

早速なのですが、

まずはこちらの動画を見てみてください。

 

これは坂本龍一さんの

「戦場のメリークリスマス」という有名な曲で

本人がピアノを弾いています。

 

僕もこの曲は以前から何度も聴いてまして、

めちゃ綺麗な曲だなー、落ち着くなーと思ってました。

 

 

ですがこれ、以前知り合いの元音大の人と話して、

演奏の聞こえ方がガラリと変わったんですよね。

 

かなりインパクトある体験だったので、

今回はそれを話していきます。

 

後でこの感覚を体験してもらいたいので、

ぜひ一旦、さっきの演奏を聴いてみてどう感じたか?

をメモするなどして覚えておいてください。

 

 

主題としては知識を学ぶ意義と価値についてです。

これを知っていると学びに対する見え方が

劇的に変わっていって、

 

知識を学ぶことが超絶楽しくなると思います。

 

で、ビジネスは結局学んだ人が勝つ世界なので、

今回の考え方を落とし込んでいれば、

かなり無双モードに突入していけるわけですね。

 

では早速本題へ。

 

 

授業で1つの音を30分以上練習していた元音大の知り合いの話

 

僕の知り合いに元音大の人がいるのですが、

以前会った時にちょうど音楽の話になりまして、

チラッと授業の話をしていたんですよね。

 

「ピアノってシンプルなように見えて凄く難しくて、

タッチの仕方で全然音が変わってしまうんだよね。

だから1つの音を練習するのに30分以上練習してた笑」

 

ということを言っていたのです。

 

 

で、その話を聞いた時に僕は、

 

「そうなんだー、すごいなーそれ。

え待って、1音で30分ってどういうこと!?笑」

という感じで既存の常識が破壊されたんです。

 

これまでは、

ピアノというのは同じ場所に指を乗せれば

毎回同じ音が出ると思っていたものですから、

その話を聞いてかなりビビったんですよね。

 

 

指をゆっくりと乗せれば柔らかい音が出て、

指を勢いよく乗せれば強い音が出る。

 

確かに言われてみればそうだなと思いましたが、

これまで聴いてきたピアノの1音1音には、

 

そこまでこだわりがあったのか、、、と

話を聞いた瞬間から見える世界が一気に広がりました。

 

 

やはりどの業界でもそうで、一流になればなるほど

1つのものに対してミクロな細部の部分まで

強いこだわりがあるなと。

 

「神は細部に宿る」という言葉もありますが、

本当にこれでしかないなと。

 

細かい部分も妥協せずに、こだわるからこそ、

随一の優秀な仕上がりになっていくわけですよね。

 

 

これはビジネスでも全く同じことが言えて、

一見、なんの変哲もないコンテンツや文章にも、

1つ1つに緻密な戦略が積み重ねられたりしています。

 

文章が人間心理に基づいていて、

商品が売れるシナリオが組み込まれていたりとか、

 

消化されやすく満足されやすいように、

コンテンツの構造にこだわっていたりとか。

 

一見、表面的には他の人と同じように見えても、

上級者の文章は洗練具合が桁違いに違う。

みたいなことがしばしばあるんですよね。

 

 

そう、ここがポイントでして、

「上級者の洗練されたこだわりは、非常に細部にあるから一見するだけでは見えてこないものがほとんど。」

なんですよね。

 

ここが面白いポイントだなぁと思います。

 

文章にしても、コンテンツにしても、

仕組み化にしても、マインドにしても、、、

 

その裏側の戦略や型を学ぶことで、

初めてその細部の洗練されたこだわりが見え始めて、

自分もそれを再現できるようになるんです。

 

 

それでいうと、

ビジネスを進めていくにあたって、

よくやってしまいがちなのがまさに、

 

表面的に真似して仕組みを作ってみたり、

表面的に真似してコンテンツを作ってみたり、

表面的に真似して文章を書いてみたり。

 

という「表面をなぞる」パターンですが、

本当に結果を左右する部分って「細部」にあるので、

それではいつまでも結果が出ないんですよね。

 

 

まさにさっき言ったように、

「上級者の洗練されたこだわりは、非常に細部にあるから一見するだけでは見えてこないものがほとんど。」

なのです。

 

自分では上級者を真似して、

戦略も真似しているつもりなのだけど、

 

実際は本当に重要な細部まで真似できていないから、

一向に稼げるようにならないという現象が起こります。

 

 

これは僕も、

ビジネス初心者の頃に陥ってしまっていたので、

本当に気を付けるべき部分だなと反省しています。

 

確かに真似は大事なのですが、

成功者の表面的な真似ではなくて、

戦略や思考といった裏側を真似ることが大事です。

 

だからこそまずはちゃんと教材などで

「知識を学び、細部まで見える世界を広げる」

必要があるんですよね。

 

逆に言えばここがしっかり出来ていれば、

無駄な遠回りを一切しなくなっていきます。

 

 

なので僕も今後も、一流の知識を学び、

細部まで事細かに見える世界を広げて、自分自身も、

1つ1つこだわって結果を伸ばしていきたいと思います。

 

ぶっちゃけ地味なんですけどね笑

細部をこだわるというのはすごく地味。

 

ピアノ1音を30分ぶっ通しで練習しているって、

何も知らない状態で初めて見る人からすると、

もはや異様な光景だと思うのです笑

 

 

地味すぎてやばい。

でもそのこだわりが結果を大きく左右するわけなので、

 

そういう細部こそ、

徹底的にこだわっていくべきだと思いますね。

 

なのでぜひまずは知って、細部まで見える世界を広げて、

細部をこだわれるようになってみてください。

 

 

僕も最初は文章とか地味だなーって思って、

カタカタと書いていましたが、

 

そうやってこだわっていくと、

完全自動で数万、20万超えの商品が

ポロポロと売れていくようになりました。

 

初見の人からすると、まだ未熟で表面的な文章も、

そうやって細部までこだわり尽くした文章も、

その差を感じることが難しいのだけど、

 

実際はそこには計り知れないほどの

巨大な差があるわけなのです。

 

こうやって改めて考えてみると、

本当に大事な要素は目に見えづらい部分に

あるなと気付かされますね。

 

「戦場のメリークリスマス」の聴こえ方が異次元に変わった件

 

指をゆっくりと乗せれば柔らかい音が出て、

指を勢いよく乗せれば強い音が出る。

 

「ピアノってシンプルなように見えて凄く難しくて、

タッチの仕方で全然音が変わってしまうんだよね。

だから1つの音を練習するのに30分以上練習してた笑」

 

この話を聞いた後に、改めてもう一度、

最初に載せた演奏を聴いてみると、

面白くらい見える世界が変わりました。

 

 

以前までは「落ち着くな、綺麗だな」

くらいの感覚だったわけですが、

 

深みが桁違いに増していき、

1つ1つ丁寧に音を置いているように

見え始めたんです。

 

道に雪がしとしとと降り積もるかのように、

1つ1つ音を置いているような感覚がしました。

鳥肌レベルで感動がヤバかったです。

 

ぜひもう一度見てみてください。

おそらく最初に見た時とは見え方が全く違うはず。

 

 

「上級者の洗練されたこだわりは、非常に細部にあるから一見するだけでは見えてこないものがほとんど。」であり、

 

初見の人からすると、まだ未熟で表面的な文章も、

細部までこだわり尽くした文章も、

その差を感じることが難しいのだけど、

 

実はそこには計り知れないほどの

巨大な差がある。

 

 

まさにこれだなと思いましたよね。

プロ、一流というのはこういうことかと

改めて思ったんです。

 

一流の世界は面白いですね。

僕ももっと一流の世界に触れて、

自分の実力を高めていきたいと思います。

 

 

で、これすごく大切な視点なのですが、その、

 

「一流の実態を可視化するのが、

「知識」というツール」

 

なんですよね。

 

 

知識を学べば学ぶほど、

細部まで見える世界がどんどん広がり、

一流の世界に干渉することができるようになります。

 

だからこそ、知識を学ぶことって、

最高に面白いなと思うんです。

 

見えないから退屈なのであって、

見えるようになるとすごく面白くなる。

面白いなー。もっと見える世界広げたいなーってなります。

 

 

という感じで、

学習に対する意識が高い人は単純に、

 

「見える世界が広がると自分の意思で干渉し

コントロール出来る範囲が広がることを知ってる」

 

から、それが知識を学びに対する

モチベーションだったりするんですよね。

 

 

知識を学べば学ぶほど、選択肢を増やせて、

人生の自由度がどんどん増していく。

 

これが知識を学ぶ面白さであり

意義かなと思っています。

 

なのでぜひ、

知識を学びまくり、見える世界を広げ、

人生の自由度をどんどん高めていきましょう。

 

では今回はこんな感じで。

 

 

1500円の電子書籍「労働なき富豪世界への旅路」を無料で読めます。

 

僕は大学時代からネット起業をして

累計1000万ほどの売上を生み出してきました。

 

その後もネット上に作り上げた仕組みから

自動で報酬が生まれるようになり、

10万円、20万円と収入が生まれ続けています。

 

ですが、僕は特別な才能があったわけでも、

ビジネスのセンスがあったわけでもありません。

 

元々は平凡な学生で居酒屋バイトをしてましたが、

仕事ができないことで怒られてばかりでした。

 

 

そんなビジネスの世界とは

一切無縁の至って平凡な生活を送っていました。

 

ですがそこで、

お金と時間の自由を増やして人生を楽しみたいと、

一念発起してビジネスを始めてみると、

 

知識も人脈も経験も全てゼロの状態だったものの、

短期間で人生を変えることができました。

 

 

僕の周りの起業家たちもみな過去は、

極貧生活を送っていたり、いじめを受けていたり、

借金を抱えていたりと、マイナスの状態からでも、

 

半年、1年で月収100万円を突破して、

豊かな人生を手に入れることが出来ています。

 

そういった人たちをこれまでに

数え切れないほどに近くで見てきたからこそ、

 

どれだけ過去に成功体験がなかったとしても、

やる気さえあれば誰でもお金と時間の自由を手に入れ、

豊かな人生を実現できると思っています。

 

 

一度きりの人生ですから、1日中趣味に没頭したり、

新しい景色を見に行ったり、新しい体験をしたり、、、と、

人生を全力で楽しむべきだと思っています。

 

それを実現するうえで、

「個人の力で、お金と時間の自由を手に入れる。」

スキルが適していると考えています。

 

 

ただ、そのためにどうすれば良いのか?が

分からない人がほとんどだと思います。

 

そこで、今だけ期間限定で、

僕がゼロからお金と時間の自由を増やしていくまでの、

 

物語をまとめた電子書籍

「労働なき富豪世界への旅路」を無料でお渡しします。

 

普段は1500円で販売していますが、

メルマガ内限定で無料プレゼント中です。

 

 

実際に受け取ってくれた人からは、

「楽しみながら最後まで読めた」など

好評をいただいています。

 

物語形式で作っていて

20分程度でサクッと読めるようにしてあるので

もし興味があれば一度読んでみてくさい。

 

→電子書籍「労働なき富豪世界への旅路」を無料で読んでみる

 

 

僕の詳しいプロフィールはこちらから見てみてください。

→しゅんティーの詳しいプロフィールを見る

 

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

 

 

コメントを残す