ドラクエ11を5日間で2周目クリアしてしまって罪悪感ヤバい笑。全力で遊べる人はビジネスも全力で取り組めるという話。

 

どうも、しゅんティーです。

 

 

最近久しぶりにドラクエ11やってみました笑

実は今回は2周目で1周目は高校生の頃にクリアしました。

 

やっぱり久々にゲームやると楽しいですね。

ものすごくワクワクして感情が揺れます。

 

5日間ぐらい没頭しまくって、懐かしさを感じながら

ストーリーを進めていたのですが、

あっさりと2周目をクリアしてしまいました。

 

5日間くらいでクリアしてしまったので、

あれ、こんな短かったっけ笑となりました。

 

 

下の画像が実際の僕の冒険の書です。

7、8が1周目で全クリした後にレベル99にしました。

 

9が今回のデータで表のストーリーを全クリです。

(ちなみに名前がエイトなのはドラクエ8が好きだから笑)

 

 

やばい、ゲーマーだ。って思ったかもしれません。

そうです。ゲーム好きなのです。

 

やはりクリアすると達成感すごいありますね。

最後までやり切ったぜー!となります。

 

が、しかしながら、それと同時に

こうやってゲームばかりやってると、

どんどん廃人化していく感覚があるんですよね笑

 

ヤバい、どんどん退化していってる。という感じで

罪悪感に似たような感覚に襲われます。

 

 

うわー、30時間もゲームに使っちゃったよ、、、

となります。(冒険の書にはっきりとプレイ時間明記されるの結構メンタルくる笑)

 

ゲーム楽しい、達成感すごいという感覚と同時に

「その時間もっと生産性高いことに使えたのでは?」

という思考になるのです。

 

なのでゲームをやった後は

しばらくは罪悪感に苛まれるのですが、

ですがこれ、すごい大事な感覚だと思ってます。

 

 

どういうことかというと、

全力で遊ぶから、巨大なエネルギーが

湧き上がってくるということなんですよね。

 

で、これビジネスを進めていく上で、

かなり大事な考え方になってくると思うので

今回はそれを深掘りして話していきますね。

 

感情から生まれる行動力は巨大。クラス1位の成績を取ってた人の秘密

 

人の行動を司る要素というのは、

感情と論理なわけですが

 

どっちの方が

行動の原動力として大きいか?と言ったら

圧倒的に感情の方なんですよね。

 

やらなきゃ、、、と思うよりも、

やりたいというエネルギーの方が

圧倒的に大きな行動力を生み出します。

 

 

で、さらに言えば、やらなきゃいけない。

という状態って意思力が必要なので、

 

エネルギーの消耗がかなり激しくなって、

継続がなかなか難しいのですが、

 

やりたいという状態は、そこまで

コントロールする意思力が要らないので

楽に行動しまくることができます。

 

 

これは僕自身の高校の頃を

思い出してみると重なったりするのですが、

 

当時、クラスで一番成績が良かった人は、

勉強することが全く苦に感じてなかったんですよね。

 

むしろゲーム感覚で勉強していて、

休み時間もコツコツと勉強、昼休みも勉強、

放課後は塾行って勉強したことの復習。

 

みたいな感じでほんとに、

1日中勉強漬けの日々だったんです。

 

 

で、その人は結構仲良かったので、

「そんな勉強やって嫌にならないの?」と

結構真面目に聞いてみたんですよね。

 

するとちょっと考えた後に、

「んー嫌だと思ったことはなくて、

自然にやりたくてやってる感じかなー。

やりたくない日はとことんやらないけど笑」

 

ってことを言ってたんですよね。

 

 

その時に、

「あ、これは勝てないやつだ笑」

と思ってしまったんですよね。

 

実際、僕は毎回3位くらいだったのですが、

2位の人とは僅差だったものの、

その1位の人とは毎回大差でボロ負けでした。

 

結構良い感じで点数取れた時があって、

これはもしや勝てるんじゃないか?と

密かに思った時もあったのですが、

 

その1位の人は、90点以下がほぼなくて、

見事に惨敗しました、、、

 

「見てこれ、3つとも

ケアレスミスだけなんだけどー。」と

 

95、97、98みたいな点数を見せられ、

完全にやる気失いました笑

 

 

じゃあその違いって何なんだろう。

と考えてみた時に、ここまでで話してきた、

 

「やりたい」と思ってやるか、

「やらなきゃいかん」と思ってやるか。

の違いだったんですよね。

 

これ、どんな分野でもそうですが、

どんなに意思力があって頑張れる人でも

 

「やりたい」と夢中になって

好きでやってる人には敵わないんですよね。

 

 

僕も本気で勝ってやろうと思って、

みっちり戦略練って挑んだ時ありましたが、

 

途中で挫折してしまい、しまいには

仲良い友達と荒野行動やってました、、、汗

 

結局、日付が変わった頃に、

「ヤバい、全然やってないじゃん。」

って感じで急に焦り、

 

結局、徹夜で詰め込み始めたものの、

時すでに遅し見事に敗北しました。

 

 

で、これはビジネスも全く同じことが言えて、

「やらないといけない」という義務感ではなく、

「やりたい」という欲求が大事だと思うのです。

 

年数千万以上稼いでいる人の生態を

観察していたりすると、みな共通して、

 

仕事に取り組む時に異常な集中力を発揮して、

怒涛の勢いで資産を完成させるのですが、

 

これはその人が才能あるわけではなく、

仕事にも遊びにも全力になれるから、

 

常に人の数倍以上に、

欲求レベルが高いのだと気付きました。

 

 

遊びたいという欲求がある時には

とことん全力で気が済むまで遊ぶし、

 

休みたい時や疲れた時には、

とことんだらけて過ごす。

 

 

そうすると、今度は遊びに飽きて、

「作業したいわー。」という

欲求が心の底から湧き上がってくるので、

 

そのタイミングで一気に仕事に集中して

異常なスピードで資産を完成させているのです。

 

結果的に作業時間は他の人より短くても、

圧倒的に生産性が高いから、

大きな成果を出すのだと思います。

 

 

要するに、自分の心のボリュームを

大きくすることって大事だよね。と思うのです。

 

休みたい時はとことん休んだりダラダラして、

遊びたい時は欲求に従い、とことん遊んでみる。

 

そうすると欲求が満たされていって、

遊びとか休むのはもういいやってなるので、

全力で作業に没頭することができます。

 

 

これが行動力をコントロールするうえで、

かなり理想的な状態なんじゃないかなと。

 

ちなみに、

ここでやっちゃいけないのは、

 

中途半端に意思力を使って、

心のボリュームを下げようとすることです。

 

中途半端に、欲求に蓋をすると何もかも中途半端になって成果が出ない

 

作業しないといけないけどYouTube見たい。

勉強しないといけないけどゲームやりたい。

 

となった時に中途半端に欲求に蓋して、

頑張ってやろうとすると、実際中途半端になって

逆に全然進まなかったりするんですよね。

 

頭の中にゲームのことがあるから、

なかなか覚えられなかったり、

全然集中できなくて捗らないのです。

 

 

もちろん意思力を使って、

「やらないといけない!」と、

行動することも大事だったりしますが、

 

それよりも、そういう時は一度、

とことん全力でやりたいことをやって、

 

欲求を満たした方が、結果的に、

生産性が劇的に高まったりするんですよね。

 

 

その理由はここまでで話してきたように、

やりたいことができて満足するから、

 

本当にやるべきことに

集中できるようになるからですね。

 

僕も今回ゲームをとことんやりましたが、

もうやりたくねー笑。って感じになってます。

 

 

そして元々あったゲームやりたい欲求は

罪悪感に変化していくので、

 

意思力を使わなくても作業が

圧倒的に捗るようになったりします。

 

 

つまり「作業をやりたい」という

欲求に変化していくんですよね。

 

だから今この書いているブログも

1ミリも意思力を使っておりません笑

 

書かなきゃなー。ではなくて、

書いていた方が楽。という状態です。

 

文章書いていた方が頭スッキリするし、

文章書いていた方が欲求が満たされるし、

文章書いていると罪悪感が消えて充実するのです。

 

僕が高校の頃に成績クラス1位だった人も

おそらくこういう感覚だったのかなと、

ふと思いました。

 

全力で遊び尽くすと、やらないよりやった方が楽。という行動力無双状態になる

 

なので行動力を高めようと思った時には、

一度全力でやりたいことをやる。というのが

非常におすすめです。

 

休みたいわーと思ったら

芝生でゴローンと1日寝っ転がってみる。

中途半端に作業しない。

 

温泉行きたいわーと思ったら、

1日休みを取って気の済むまでどっぷり浸かる。

全身がふやけるまで浸かる。作業のこと考えない。

 

ゲームやりたいと思ったら、

全力で気の済むまでゲームをやり込んで熱中する。

ここでも作業のことを考えない。

 

 

さっきも言った通りここで、

中途半端に遊んだり休んだりすると、

 

遊びも仕事もどっちも中途半端になるので、

とことん全力でやる。遊び尽くすのです。

 

そうやって早い段階でガッツリ欲求満たすと、

欲求が良い意味で罪悪感に変わったりして、

「もう遊びは良いや、、、」となって、

 

自然にベクトルが仕事の方向に向き始めるので、

今度は全力で作業ができるようになります。

 

 

結果的に、中途半端にやってしまう人が、

半年かかるようなものに対して、

 

1ヶ月で終わらせることが

出来てしまったりするんですよね。

 

なので休んでる時間があっても、

ずっと作業をしてる人よりも進むという、

現象が起こったりします。

 

 

総じて、自分の心の声を大きくして、

遊びを全力で出来る人が仕事に対しても

全力で取り組めるのだと思います。

 

逆に言えば、欲求に蓋をして、

中途半端に遊びに取り組んでしまう人は

仕事に対しても全力で取り組めないのかなと。

 

今めちゃくちゃ仕事をして成功してる人でも、

昔は毎日飲み歩いて遊びまくっていた。

 

という時期があったりするので

この行動原理は万人共通なのかなと。

 

 

改めてこの視点で色んな人を見てみると、

ビジネスで成功している人もそうだし、

 

あらゆる分野で結果を出している人たちも

これに当てはまってるなと思いますね。

 

で、またガッツリと作業して、

遊びたいなーという欲求が生まれてきたら、

全力で遊んで充電すれば良いのだと思います。

 

 

なんというか、

この繰り返しなのかなと思います。

 

全力で遊び、全力で仕事をする。

 

この両輪を上手くコントロールできると、

常に生産性と効率が高まった状態で

 

物事を進められるようになるので、

ぜひ取り入れてみてください。

 

 

僕も今回、30時間もゲームやってしまたー、、、

しかも5日間で。苦笑と少々罪悪感あったのですが、

 

その罪悪感によって、意思力を一切使わずに

今回のコンテンツを完成させられたので、

結果的に良かったかなと思います。

 

ちょっとでも面白いと思ってもらえたら、

もうその時点で黒字ですね。

 

このブログを書くにあたっては、

意志力ゼロなので疲労も全くのゼロです。

むしろ気分爽快で充実感に溢れています笑

 

 

という状態を出来るだけ常に作る意識をすると、

楽しく充実感持ってビジネスを継続することが

出来るんじゃないかなと思います。

 

ビジネスは結局続けたもん勝ちですし、

続ければ続けるほど結果が伸びますからね。

 

時には意思力で行動することも大事ですが、

僕の経験上から言っても、

ベースがそれだとどうしても続きません。

 

 

意思力を使って行動する、頑張って行動する。

というのはエネルギーを大量に消耗するので、

最初は出来ても続けることが難しいです。

 

なので、だんだん嫌になってしまって

いずれかパンクして辞めてしまいます。

 

僕もこれまでそういった人を

数え切れないほどに見てきました。

 

 

だから楽観的にというか、

義務感ではなく楽しみながら、

 

余白を作り、ビジネスに取り組むことを

ベースに取り組んでいった方が

 

結果的に大きな資産が出来上がって、

巨大な成果を掴めるんじゃないかなと。

 

やっぱり義務感で取り組むものは続かず、

楽しいものは続きますからね。基本的には。

 

これが幾千年と変わらない、

人間の行動原理です。

 

 

僕も改めて、遊びって超大事だな。

と思いましたね。

 

作業の生産性を上げるために、

遊びを全力でやる。という

新しい考え方が手に入りました。

 

というわけで今回はこんな感じで。

 

P.S.充実度の高い生活を送るコツは受動的な時間を1日1時間以内にすること

 

あとちなみになんですが、

これまで色んな時間管理術を学んできて、

 

そのなかで、なるほどと腑に落ちたのが、

「充実度の高い生活を送るためには

受動的な時間を1日1時間以内にすること」

というものでした。

 

受動的な時間というのは、

YouTube見たり、SNS見たり、Netflix見たりと、

目的意識のない時間のことです。

 

 

それでいうと、Netflixの調査によると、

61%の人が一度見始めると2〜6話を

一度に見ているとのことです。

 

つまり見ようとは思ってなかったけど、

気付いたらとんでもなく時間が過ぎていた、、、

みたいな現象です。

 

誰しも一度は経験したことあるず、、、

 

この受動的な時間が増えれば増えるほど、

幸福度が低くなるらしいんですよね。

 

 

もちろん今回話してきたような

欲求を満たす目的とか、勉強目的とか、

 

そういう目的意識があれば、

能動的な時間になるのでOKなのですが、

 

ぼーっと時間が過ぎていってしまうのは、

精神衛生上よろしくないんですね。

 

 

だから僕もこれを知ってからは、

SNSなどを見たりする時は、

必ず目的を持って見るようにし始めました。

 

あと休憩したいと思った時に、

これまでSNSを見てしまってたのですが、

 

これだと脳が休まらないらしいので、

スマホ見ずにストレッチしたりします。

 

するとやっぱり充実感がすごい高まる。

 

 

実際、SNSを見ると

他者と過度に比較してしまうことで

 

幸福度が下がると言われてるのですが、

見なくなると本当に幸福度上がります笑

 

そして自分が本当にやるべきことが

はっきりと見えてきます。

 

 

なのでSNS断捨離はかなりおすすめです。

 

まあ見ても良いと思うのですが、

どちらにせよ受動的な時間は、

 

1日1時間以内にすることを意識すると

自分の成長に時間を当てられるので、

ビジネスもかなり好転していきます。

 

よければぜひ意識してみてください。

 

 

SNSをぼーっと1時間眺めるのと、

SNSを1時間リサーチ目的で使って、

コンテンツのネタを集めるのでは、

 

半年後、1年後に、

とんでもない差になりますからね。

 

 

1500円の電子書籍「労働なき富豪世界への旅路」を無料で読めます。

 

僕は大学時代からネット起業をして

累計1000万ほどの売上を生み出してきました。

 

その後もネット上に作り上げた仕組みから

自動で報酬が生まれるようになり、

10万円、20万円と収入が生まれ続けています。

 

ですが、僕は特別な才能があったわけでも、

ビジネスのセンスがあったわけでもありません。

 

元々は平凡な学生で居酒屋バイトをしてましたが、

仕事ができないことで怒られてばかりでした。

 

 

そんなビジネスの世界とは

一切無縁の至って平凡な生活を送っていました。

 

ですがそこで、

お金と時間の自由を増やして人生を楽しみたいと、

一念発起してビジネスを始めてみると、

 

知識も人脈も経験も全てゼロの状態だったものの、

短期間で人生を変えることができました。

 

 

僕の周りの起業家たちもみな過去は、

極貧生活を送っていたり、いじめを受けていたり、

借金を抱えていたりと、マイナスの状態からでも、

 

半年、1年で月収100万円を突破して、

豊かな人生を手に入れることが出来ています。

 

そういった人たちをこれまでに

数え切れないほどに近くで見てきたからこそ、

 

どれだけ過去に成功体験がなかったとしても、

やる気さえあれば誰でもお金と時間の自由を手に入れ、

豊かな人生を実現できると思っています。

 

 

一度きりの人生ですから、1日中趣味に没頭したり、

新しい景色を見に行ったり、新しい体験をしたり、、、と、

人生を全力で楽しむべきだと思っています。

 

それを実現するうえで、

「個人の力で、お金と時間の自由を手に入れる。」

スキルが適していると考えています。

 

 

ただ、そのためにどうすれば良いのか?が

分からない人がほとんどだと思います。

 

そこで、今だけ期間限定で、

僕がゼロからお金と時間の自由を増やしていくまでの、

 

物語をまとめた電子書籍

「労働なき富豪世界への旅路」を無料でお渡しします。

 

普段は1500円で販売していますが、

メルマガ内限定で無料プレゼント中です。

 

 

実際に受け取ってくれた人からは、

「楽しみながら最後まで読めた」など

好評をいただいています。

 

物語形式で作っていて

20分程度でサクッと読めるようにしてあるので

もし興味があれば一度読んでみてくさい。

 

→電子書籍「労働なき富豪世界への旅路」を無料で読んでみる

 

 

僕の詳しいプロフィールはこちらから見てみてください。

→しゅんティーの詳しいプロフィールを見る

 

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

 

 

コメントを残す