時間とお金を無限に増やしてくれる、資産の威力に改めて気付かされた話。

どうも、しゅんティーです。

 

 

僕はビジネスを始めた頃からずっと

コンテンツビジネス一筋でやってきたのですが、

やっぱりコンテンツって凄すぎると思います。

 

友人が最近、

健康系の市場でコンテンツビジネスを始めたのですが、

こんなことを言っていました。

 

 

そうなんです。とか言ってますけど、

改めてコンテンツって凄いなと再認識させられました。

 

コンテンツを使うのって

当たり前じゃんと思っていたのですが、

改めてこうやって言われると確かに。となりましたよね。

 

 

コンテンツがなかったら。と考えてみると

一人一人に会って直接教えなければいけないわけですよね。

それってどんだけ時間かかるのねえ。って話です。

 

2、3人とかならまだしも、

これが200人、500人、1000人と規模が大きくなっていくと

もはやキャパオーバーになっていきます。

 

それが1人に教えるのに

1人1あたり3時間かかったら、、、

シンプルに3000時間ですね。

 

 

じゃあお客さんが全国各地にいたとして、

お客さんに会うための移動時間も合わせたら

もっと果てしなくかかってしまうでしょう。

 

でも、コンテンツはその概念を覆したわけですね。

 

3時間の動画を撮って

YouTubeにアップロードしてそれを配れば終了です笑

 

10人だろうが、100人だろうが、1000人だろうが。

労力は一切変わらないのです。

 

でも届ける人が増えれば増えるほど

価値提供の大きさが格段に増えていきます。

 

 

コンテンツ使わずに3時間の講義を1000人に届ける

→3000時間

 

コンテンツを使って届ける

→3時間

 

シンプルに1000倍のレバレッジがかかります。

コンテンツを使ってしまえば2997時間が浮きます。

 

 

しかもコンテンツは一度作ってしまえば

そのコンテンツを渡すだけで毎回同じように

価値提供してくれるわけですから、

 

まさにこれなわけです笑

そうなんです、、、w

 

コンテンツを駆使できていますか?ファン化、信頼を貯める自動化

 

で、こうやって考えてみると

思ったよりコンテンツを使いこなせてない、、、

みたいなことに気付けたりします。

 

ネットビジネスをやっている人でも

コンテンツ使いこなせてない人結構多いです。

 

 

例えば、コンテンツを駆使する方法として、

 

お客さんが初めに悩むであろう部分を

全て洗い出して動画を作って、

 

それをYouTubeにアップロードして

再生リストにまとめておけば、

 

そのYouTubeに訪れてくれるだけで、

悩みを解決する状態ができたりします。

 

で、悩みが解決されるってことは

つまり価値提供になっているということなので

一気に自分の信頼が貯まるしファンも生まれます。

 

 

これって凄いと思うんですよ笑

 

だって、自分はそのYouTubeチャンネルに

人を集めるということをするだけで

 

お客さんの悩みが解決しまくるし、

信頼が貯まってファンが生まれるわけですから。

 

これはブログでももちろんできますし、

メルマガなどを使ってもできます。

 

こういった感じで、

「コンテンツを駆使する」というイメージを持つと

できることってかなり増えるんじゃないかなと思います。

 

 

どんなブログ書けば良いの?

どんなYouTube撮れば良いの?とかも

今回の話を元に考えてみると見えてきたりしますよね。

 

↓ちなみにこの動画でブログの書き方について喋ってます。

 

今回の視点がないと、コンテンツって

ただのコミュニケーションツールというか

 

ネットでビジネスをするためのツールだよね。

ぐらいにしか捉えられないと思うんですが、

 

 

しっかりとコンテンツの視点を持つと、

「お客さんの信頼を自動で貯めるツール」

「ファン化、信頼にレバレッジをかけるツール」

「お客さんを理想客に自動で育てるツール」

 

みたいな感じで捉えられると思います。

結果、コンテンツの扱い方も変わってきます。

 

 

コンテンツの捉え方が変われば、収入も時間も着々と増えていく

 

僕は、質問をもらったり悩み相談をもらったときに

ほとんどの場合コンテンツにしてシェアするのですが、

 

なぜそれをするかというと、

「1人の悩みは大勢の悩みであるから」です。

 

 

つまり、質問や悩みをもらって

それを一度ガッツリとコンテンツにして

 

ブログなりYouTubeなりに上げてしまえば

それ以降同じことで悩む人がいなくなるのです。

 

これぜひ見てみてください!

→URL

 

で終了です笑

 

 

えー、でも

しっかり自分で答えてあげたほうが

良いんじゃないの?と思うかもしれませんが、

 

それならば、コンテンツで成長してもらって

もっともっとレベルの高い部分での悩みをもらって

 

それに対してまたコンテンツを作っていったほうが

結局、お客さんのためにもなるんですよね。

 

ビジネスの原理原則は価値提供なので

自動化できる部分はしっかりと自動化すべきなのです。

 

 

だから、ガンガンコンテンツを作って、

自動化できるところをとことん自動化するべきです。

 

で、その浮いた時間で

自分にしかできないことをどんどんやっていくから

収入も比例して右肩上がりに上がっていくのです。

 

時間もどんどん増えていくんです。

 

そんな感じで、ぜひ

もっとレバレッジをかけられる部分はないか?

もっと自動化できるところはないか?

という辺りを考えてみてください。

 

僕が今回話したように

質問をコンテンツ化してシェアするというのも

簡単にできるものの1つだと思いますし、

考えてみると他にも色々とあると思います。

 

もし何かアイディアが浮かんだら

ぜひシェアしてください!

 

 

という感じで話をまとめると

 

・コンテンツの真の威力を認識しよう

・コンテンツであらゆる部分にレバレッジをかける

・自動化できるところはコンテンツに任せる。

(自分は自分にしかできないところに集中する。)

 

といった話でした!

 

 

コンテンツはレバレッジかかる。ということは

知ってる人の方が多いと思うのですが、

 

ここまで深く認識してる人は少ないのでは?

と思います。

 

僕も改めて今回の視点を取り入れて

コンテンツを量産していこうと思います。

 

それでは〜。

 

 

1500円の電子書籍「労働なき富豪世界への旅路」を無料で読めます。

 

僕は大学時代からネット起業をして

累計1000万ほどの売上を生み出してきました。

 

その後もネット上に作り上げた仕組みから

自動で報酬が生まれるようになり、

10万円、20万円と収入が生まれ続けています。

 

ですが、僕は特別な才能があったわけでも、

ビジネスのセンスがあったわけでもありません。

 

元々は平凡な学生で居酒屋バイトをしてましたが、

仕事ができないことで怒られてばかりでした。

 

 

そんなビジネスの世界とは

一切無縁の至って平凡な生活を送っていました。

 

ですがそこで、

お金と時間の自由を増やして人生を楽しみたいと、

一念発起してビジネスを始めてみると、

 

知識も人脈も経験も全てゼロの状態だったものの、

短期間で人生を変えることができました。

 

 

僕の周りの起業家たちもみな過去は、

極貧生活を送っていたり、いじめを受けていたり、

借金を抱えていたりと、マイナスの状態からでも、

 

半年、1年で月収100万円を突破して、

豊かな人生を手に入れることが出来ています。

 

そういった人たちをこれまでに

数え切れないほどに近くで見てきたからこそ、

 

どれだけ過去に成功体験がなかったとしても、

やる気さえあれば誰でもお金と時間の自由を手に入れ、

豊かな人生を実現できると思っています。

 

 

一度きりの人生ですから、1日中趣味に没頭したり、

新しい景色を見に行ったり、新しい体験をしたり、、、と、

人生を全力で楽しむべきだと思っています。

 

それを実現するうえで、

「個人の力で、お金と時間の自由を手に入れる。」

スキルが適していると考えています。

 

 

ただ、そのためにどうすれば良いのか?が

分からない人がほとんどだと思います。

 

そこで、今だけ期間限定で、

僕がゼロからお金と時間の自由を増やしていくまでの、

 

物語をまとめた電子書籍

「労働なき富豪世界への旅路」を無料でお渡しします。

 

普段は1500円で販売していますが、

メルマガ内限定で無料プレゼント中です。

 

 

実際に受け取ってくれた人からは、

「楽しみながら最後まで読めた」など

好評をいただいています。

 

物語形式で作っていて

20分程度でサクッと読めるようにしてあるので

もし興味があれば一度読んでみてくさい。

 

→電子書籍「労働なき富豪世界への旅路」を無料で読んでみる

 

 

僕の詳しいプロフィールはこちらから見てみてください。

→しゅんティーの詳しいプロフィールを見る

 

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。