1時間待ちのとんかつ屋と正月の洗礼。絶対数が少ない道を選択する勇気。

 

今さっきまで、お正月ということもあって、

ご飯を食べに出かけていた。

 

道は当然ながら大渋滞。

イワシの群れのように綺麗に並ぶ、

数え切れないほどの車たち。

 

そして時間帯が昼だったこともあって、

どこの店も異常なくらい行列ができていた。

 

 

結局、とんかつ屋に入ったのだけど、

そこも案の定たくさんのお客が入っていた。

 

とはいえ4組くらいしか待ってなかったし、

どこの店に行っても混んでるよねー。となったので、

そこで順番が来るまで待つことにした。

 

しかし、、、

 

30分、40分経ってもまだ席につけない。

席は3席ほど空いているのに、なぜか案内されない。

 

 

僕はその待っている間に、

文章のインプットをしたり、リサーチをしたりと

わりと時間を有効活用出来ていたものの、

 

他の待ってるお客さんたちも含めて、

流石に不満がじわじわと蓄積していた。

 

結局、1時間ほど待ってようやく席につけて、

無事にとんかつを食べることができたのだけど、

道路の混雑やとんかつ屋さんも含めて改めて思ったことがある。

 

それは、

「他の大勢と同じことをするのはコスパが悪い。」

ということ。

 

 

ビジネスをある程度学んでいると、

「大衆の逆を行くべし。」

といった言葉は一度は耳にすると思うのだけど、

本当にこれでしかないと改めて思ったんだよね。

 

ぶっちゃけ、そのとんかつ店は、

普通の平日の昼間に行ったら、

お客さんは多くて2、3組くらいしかいない。

 

店に入ったら秒で案内されて席に座れて、

注文して10分もしないうちに料理が運ばれてくる。

味もクオリティも値段も全く同じ。

 

 

それが「お正月」という

多くの人が出かけるタイミングと重なると、

席に着くのでも、1時間以上待つことになってしまうわけだ。

 

道路も平日であればスイスイ進める場所も、

お正月になれば大渋滞でほとんど進めなくなる。

 

基本的に大勢の人と同じことをしようとすると、

リターンが全然割にあったものではなくなるのだ。

つまりコスパが劇的に落ちる。

 

 

違う言い方をすると、

「価値は希少性に集まる」とも言うけれど、

 

まさに、大勢の人たちと逆のことをやれば、

簡単に希少性が高い側に回ることができるから、

楽だし、楽なのにリターン大きくてコスパが良いわけだ。

 

 

唯一「大衆の逆をいく」デメリットを挙げるとしたら、

「コミュニティ性が消える」つまり孤独度が高まるということ。

 

だから人と群れていたいという人は、

大衆と同じ行動を取った方が幸福度は高いかもしれない。

 

でも、僕はこれらの隠と陽を踏まえた上でも、

間違いなく「大衆の逆を行きたい」と思う。

 

 

ネットビジネスに取り組むにあたって、

無料情報を頼りに進める人が9割以上であることを知ったから、

速攻で有料の情報に投資した。

 

目先の利益を追い求める人がほとんどだと知ったから、

速攻で目先の利益を捨て、未来の利益を育て始めた。

 

コツコツ継続できる人がほぼいないことを知ったから、

いかに勝手に続く構造を作れるか?を必死に考え抜いて、

自分の意思関係なしに勝手に続く構造を作り上げた。

 

9.9割の人は「不確かな成功」に投資できないらしく、

自分もそこに当てはまっていることを知ったから、

確実性がないものにもガンガン突っ込み始めた。

 

 

改めてこれまで歩んできた道を振り返ってみると、

自分も含め、大勢の人が選択することと、

見事に真逆の選択を取ってきていた。

 

自分の選択すらも大衆の一部だと捉えて、

自分が選択することと真逆をこれまで選んできた。

 

そうやって希少性の高い選択を積み重ねていくほど、

自分と同じ選択をする人は限りなく減っていき、

選択が増えるほど希少性は高まっていった。

 

 

結果、比較的楽に巨大なリターンが手に入っていった。

選択をすればするほど、どんどんコスパが良くなっていく。

 

僕は今何もしなくても、完全自動で

30万円越えの利益がぽんと上がったりするけれど、

 

それは間違いなくこの過去の選択の数々の

辿り着いた結果であると思う。

 

 

2つの分かれ道が目の前に現れた時に、

大勢の人が選ぶ道を自分も選択していたら、

 

おそらく自動で稼ぐなんて非常識のままで、

時給1000円前後が常識だったと思う。

 

もしくはネットビジネスに挑戦して、

毎日のように必死に作業していたとしても、

 

SNSでたまに見かける、

「今月はブログ収益30円でした!」

という感じのブロガーになってたかもしれない。

 

 

同じ時間、同じ労力を注いだとしても、

「何を選択するか?」で結果は雲泥の差。

 

 

もちろんその選択の数々に、

正解も不正解もない。

 

ただ、僕は有限である時間を、

最大限コスパ良く活用して楽しむためにも、

今後も他の大勢が選ばない選択をしていきたい。

 

今までは、

「怪しい」「どうせ無理」「やめといた方が、、、」

「難しいんじゃない?」

 

という周りの言葉は停止の合図だったけれど、

今はもうそれはGOサインでしかない。

 

実際、そういうのに限って、

理論を学んでみると、これはいけてしまうよね、、、

となったりするんだよね。

 

 

1時間以上待ってようやく出てきた、

豚ロースとんかつと牛とんかつは、

 

いつも以上の美味しさに感じたものの、

同時に、失った1時間の切なさも帯びていた。

 

有限である時間を効率よく使って楽しむには、

あえて他の人が選択しない道を選択する勇気が

必要であると改めて気付かされた経験だった。

 

 

1500円の電子書籍「労働なき富豪世界への旅路」を無料で読めます。

 

僕は大学時代からネット起業をして

累計1000万ほどの売上を生み出してきました。

 

その後もネット上に作り上げた仕組みから

自動で報酬が生まれるようになり、

10万円、20万円と収入が生まれ続けています。

 

ですが、僕は特別な才能があったわけでも、

ビジネスのセンスがあったわけでもありません。

 

元々は平凡な学生で居酒屋バイトをしてましたが、

仕事ができないことで怒られてばかりでした。

 

 

そんなビジネスの世界とは

一切無縁の至って平凡な生活を送っていました。

 

ですがそこで、

お金と時間の自由を増やして人生を楽しみたいと、

一念発起してビジネスを始めてみると、

 

知識も人脈も経験も全てゼロの状態だったものの、

短期間で人生を変えることができました。

 

 

僕の周りの起業家たちもみな過去は、

極貧生活を送っていたり、いじめを受けていたり、

借金を抱えていたりと、マイナスの状態からでも、

 

半年、1年で月収100万円を突破して、

豊かな人生を手に入れることが出来ています。

 

そういった人たちをこれまでに

数え切れないほどに近くで見てきたからこそ、

 

どれだけ過去に成功体験がなかったとしても、

やる気さえあれば誰でもお金と時間の自由を手に入れ、

豊かな人生を実現できると思っています。

 

 

一度きりの人生ですから、1日中趣味に没頭したり、

新しい景色を見に行ったり、新しい体験をしたり、、、と、

人生を全力で楽しむべきだと思っています。

 

それを実現するうえで、

「個人の力で、お金と時間の自由を手に入れる。」

スキルが適していると考えています。

 

 

ただ、そのためにどうすれば良いのか?が

分からない人がほとんどだと思います。

 

そこで、今だけ期間限定で、

僕がゼロからお金と時間の自由を増やしていくまでの、

 

物語をまとめた電子書籍

「労働なき富豪世界への旅路」を無料でお渡しします。

 

普段は1500円で販売していますが、

メルマガ内限定で無料プレゼント中です。

 

 

実際に受け取ってくれた人からは、

「楽しみながら最後まで読めた」など

好評をいただいています。

 

物語形式で作っていて

20分程度でサクッと読めるようにしてあるので

もし興味があれば一度読んでみてくさい。

 

→電子書籍「労働なき富豪世界への旅路」を無料で読んでみる

 

 

僕の詳しいプロフィールはこちらから見てみてください。

→しゅんティーの詳しいプロフィールを見る

 

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。