2020年の1年間を振り返ってみて。ガムシャラに動きまくった年だった。

どうも、しゅんティーです。

 

 

いやー今年は時間が過ぎるのが

ものすごく早かった感じがあります。

もう年終わるのか、マジか笑ってかんじです。

 

今年はビジネスにガッツリと取り組んできて、

月収100万円超えたり、

数十万円単位の投資もガンガンしてきたりと

動きまくったしかなり濃かったので

 

改めて反省の意味も込めて

1年間を振り返ってみようかなーと思った次第です。

 

 

今年は僕がビジネス系の情報発信を始めた年でもあるので

これからビジネスを始めていこうと思っている人は

かなり役に立つ部分があるのではないかなと思います。

 

失敗も成功も包み隠さず

全て話していくので結構面白いんじゃないかと笑

 

では話していきます〜。

 

ビジネスの情報発信を始めてコミュニティを作ってみる

 

僕はちょうど今年の始まりくらいから

ビジネス系の情報発信を始めました。

 

その前はというと

勉強系の発信をしていたりしました。

その話は要望あればまた別でします。

 

で、僕はビジネス系の情報発信を始めて

初めにコミュニティを作ってみたんですよね。

 

「ゼロからビジネスで収益化を目指してきましょう!」

みたいな感じのコミュニティです。懐かしい…

 

 

そこでコミュニティ開いたは良いものの、

内心、本当に人集まってくるのかな〜。という

不安があったりしました。

 

でも、そんな不安は

一瞬で吹き飛ばされました。

 

コミュニティを開いた次の日には

もう6人の人が入ってくれていたのです。

え、まじ????と思いましたね笑

 

やっぱり普段から情報発信して

価値提供していくことが大事ですね。

 

 

で、そうやって初めの方は

・コミュニティメンバーを増やすためのTwitter運用

・コミュニティメンバーに価値提供

 

をメインにひたすら

コンテンツを作り続けていました。

 

初めはコンテンツの質もあまり高くなかったですし、

喋りも超下手くそでした。

 

いま当時の動画を振り返ってみると

え、下手くそすぎん?ってなります。

なんか機械みたいな喋りなんですよね笑

 

 

まあそんな感じだったので、

1つのコンテンツを作るのに

ものすごく時間がかかりました。

 

Twitter運用も本質を分かっていなかったので

いろんなことを試したりしてみました。

 

こんなツイートしてみたら伸びるのでは?とか

こうしたら拡散してもらえるのでは?とか

これやったらファン化ができるのでは?とか

まあ色々とやりましたね〜。

 

そんなこんなで初めは

あんまりしっくりきてはいなかったものの

人間誰しも慣れるものです。

 

 

ひたすらその2つばっかりに

絞ってやっていたらどんどんコツを掴み

 

コミュニティメンバーも少しずつ増えていきました。

(最終的に70人ちょっとぐらいまで集まりました)

 

 

この時期は何かも下手くそで

かなり泥臭いことばかりしていましたが、

コンテンツを作るのが純粋に楽しかったです。

 

下手くそなりにコンテンツを作ったら

「超勉強になりますぅーーーー!!」とか

「明日も楽しみにしていますーーーー」とか

そんな嬉しい感想をもらえたのです。

 

どうであれ、一生懸命やる姿勢って

ものすごく大事だなーと感じましたね。

 

企画を作ってみたら3万円の商品が2本売れた

 

そうやってコミュニティをメインに

情報発信をしていたのですが、

 

メンバーが20人ぐらいになったときに

有料の企画を開いてみました。

 

 

「生涯繁盛の摂理」みたいな感じの企画名で

 

「ビジネスの原則を学んで

ゼロから収益化していきましょう。」という

コンセプトだったと思います。

 

で、そこで3日間限定でオファーをしてみて

売れるのかな…という不安もあったのですが、

なんと速攻で2人が参加してくれました。

 

 

価格は3万円ほどだったので

約6万円の収益化を達成しました。

 

僕はちょっと前、受験系の発信をしていて

そのときに初収益を達成していたのですが、

 

ビジネスの発信でも

収益化が出来て自信を持てたというか

結局本質って同じなんだなとそこで気づけました。

 

金額的には多くないものの

かなり手応えを掴めた経験でした。

 

 

とにかく労働しまくって月収100万円超えた

 

そこからはさらに収益を伸ばしていこうと

Twitterでガンガン発信していったり、

メルマガを駆使し始めたりもしました。

 

この時期が1年の中で最も

動きまくっていたなーと確信して言えます。

 

ひたすらTwitter、Twitter、Twitter…

みたいな感じです。

 

 

朝起きてからすぐにTwitterいじってましたし、

ご飯を食べている時もTwitterのことを考えてました。

 

今考えると戦略なんてほとんどなくて

かなり無駄なことをしていたし

 

頑張るところはそこじゃないでしょ。と

ツッコミを入れたくなりますが、

 

ほんと「ガムシャラ」っていう

言葉が適切だと思います。

 

とにかく結果を伸ばしていきたいという

一心でひたすら作業しまくってました。

 

 

お客さんの悩み相談とか、

ビジネスのアドバイスも丁寧に

1人1時間ほどで毎日2、3人くらい

してた記憶があります笑

 

1ヶ月のスケジュールがお客さんのサポートで

埋まるという現象が起こりました笑

 

 

さすがにこれは

体力的にもきつかったですが、

結果的に月収100万円を超えました。

 

当時は戦略とは無縁で

気合と根性だけで乗り越えてました。

 

だからこそ、

もっと戦略的に作業をしていれば

最小の労力で最大の結果が生まれてたと思います。

 

 

今の僕が当時の僕にアドバイスするとしたら

「知識を入れろ。戦略を立てろ。」って言いますね。

 

自分では気付けなかったりするんですよね。

特にビジネスを始めてまだ経験が少ない時とかって

 

知識を入れることの重要性を

あんま理解してなかったりします。

 

とにかく知識ゲーなのです。

 

 

「情報は今の時代無料で落ちてるじゃん。」

とか言う人も数え切れないほどいますけど

いや、落ちてるはずがないのです笑

 

自分で課金して取りに行かないと

本当に結果出る情報っていうのは

手に入らないのです。

 

まあこの時の反省としては

一旦止まって知識を入れるべきでもあったなと。

 

 

でも良い意味でも悪い意味でも

この時はガンガン結果が出てしまってたので

とにかく突き進もう精神で作業しまくってました。

 

結果、壁にぶつかります。

次で話していきます。

 

 

労働で月収100万超えるものの、先が見えなくなり作業地獄に陥る

 

僕は割と戦略を立てずに

気合と根性で月収100万円を超えたのですが、

そこで壁にぶつかります。

 

どんな壁にぶつかったかというと

「労働の限界を体感する」っていうことです。

 

このときは限界を感じましたね…

 

 

単純に「時間が足りない、時間がない。」

っていうことです。

 

その月収100万円を超えた時は

完全に「労働集約型」だったのです。

 

つまり動き続けなければ

収入は0になってしまうわけです。

 

 

そして商品もサポートをつけていたので

商品を売れば売るほど

どんどん時間はなくなっていきました。

 

購入者のサポートに追われ、

Twitterの運営に追われ…

 

進んでいる感じが一切ありませんでした。

実際進んでいませんでした。停滞してました。

 

 

以前までの僕は

「これをひたすらやってればええんやろ!」

的な感じでゴリゴリに労働していたのですが

 

やはり時間は誰しも有限であり

限界がありました。

 

だから収入は一時的に

月収100万円突破したものの、

その次の月はガクンと下がりました。

 

 

これはまずいな…と思いながらも

作業しなきゃいけない。っていうジレンマが

かなり精神的に来てましたねー。

 

迷いとか葛藤とかが多かった。

そんな時期でした。

 

 

多角化しようと20万円近く自己投資するが”小手先”を学んでしまう

 

そんな感じで文字通り、

「労働」に潰されてしまっていたので

 

なんとかしなきゃという思いで

新しいことに挑戦し始めます。

 

20万円ほど投資して学んだのですが

学んだのは「小手先のテクニック」であり

それもまた「労働」だったのです。

 

 

労働しなければ収入が発生しないし

その20万円ほどの投資で学んだものは

これまで以上に効率の悪いものでした。

 

で、僕はここで気付きます。

「小手先では意味がない」

「小手先では自由になれない」

「小手先では廃れる、飽和する」

「小手先では一生稼げない」

 

作業地獄の二の舞になってしまうと思い、

すぐにそれらは切り捨てました。

 

これは賢明な判断でしたね。

 

この経験があってからは

もう小手先のテクニックには

絶対に手を出さないと誓いました。

 

単純に小手先は効率悪いのです。

 

 

だから僕はそこから

本質、本質、本質、本質、本質…

ひたすらに本質にフォーカスし始めたのです。

 

仕組み化、コンテンツ、文章力、

マーケティング、マインド…などなど。

 

変わらない本質スキルだけを

徹底的に学ぼうと心に誓ったのです。

 

 

そんな小手先に

20万円ほど投資したわけですが自分の中で

この経験はすごく良かったと思ってます。

 

小手先は意味がない。ということに

気付けていなければずっとそれに

固執していたでしょう。

 

「これ流行ってますよ〜〜」

「これからは〇〇がきます!!」

「今は〇〇アツイです!」

 

みたいなものに乗っかるものの

全然うまくいかない。という繰り返しで

ひたすらノウハウに振り回されてたと思います。

 

 

そういった意味で

非常に成長した経験でした。

 

 

知識が枯渇して、結果に直結しないことばかりし始める

 

あとこの時期は知識の限界も感じてました。

 

僕は人から教わってビジネスをしていたので

ある程度の領域まではいけましたが、

 

そこから先の世界に進むための

知識が枯渇していたため、

何をしたら正解か分からなかったのです。

 

 

ドラクエ的な話をすると、

ある程度のレベルまでは上がったんだけど、

 

調子に乗って

装備をまともに揃えていないから

ちょっと強いモンスターと戦うと速攻で

倒されるみたいな感じです。

 

そんな状態で何度戦っても

倒せるはずがないわけですね。

 

 

僕はそれをやってしまいました。

 

仕組みの作り方をまともに学んでない状態で

戦略も何もなくとりあえずステップメール組んだり、

 

売り上げをなんとか作ろうと

企画を作ってみたり。

 

 

確かに売り上げは上がったのだけど、

全く資産にならないことばかりしてて

結局労働をしてしまっていたし、

 

理論も分かってない状態でやったわけだから

その時の作業はすべてボツになりました。

 

ステップメールもボツだし

セールスレターもボツだし

商品もボツになった。

 

これで2ヶ月近くを使っていたのだから

かなりやらかしてしまったなーと思います。

 

 

この時は何かに追われてる感覚があったんです。

 

一度月収100万円を突破したものだから

余計にもっと結果出さないとヤバイという

焦りのようなものが込み上げてきてました。

 

だからとりあえず作業をしまくって

やってる感を得たかったのだと思います。

 

でも振り返ってみれば

結果には直結してなかった。

 

 

てかそもそも、

「作業をする=結果が出る」

という方程式は存在しません。

 

ドラクエの話に戻ると

いくらモンスターを倒そうと奮闘しても

装備が弱ければ勝てるはずがないのです。

 

故に経験値が手に入らない。

故にレベル上がらない。

 

 

で、そこでの打開策はたったひとつで

「お金をかけて装備を買いなさい。」

ただそれだけ。

 

この時はなぜか知識に投資するっていう

マインドがあまりなかったんですよね。

 

というか知識に投資するタイミング?

的なものが分かっていなかったのです。

 

 

じゃあそれっていつ?といったら

「迷った瞬間」「悩みが生まれた瞬間」

主にこれだと思うのです。

 

ちょっとでも

「これって合ってんのかな」と思ったら

速攻でお金を投資して知識入れるべし。

 

 

そしたら速攻で解決して

結果に直結する道を辿ることが

できるというロジックです。

 

それ以降僕は

あっ、自分悩んでるなと思った瞬間に

考えることを辞めて

知識を入れるようになりました。

 

 

だって、悩むってことは

自分の中に答えがないから。

 

いくら思考しても

正解が出てくるはずがないです。

 

1+1の答えを知らないのに

計算しようとしているのと同じこと。

無理でしょ。と思うのです。

 

 

だから知識入れた方が早いのです。

てか知識入れないと壁超えれません。

 

ということをこの時期は

超痛感しましたねー。

 

知識の重要性を知り

情報に投資することの重要性を

もう身に染みるほどに体感しました。

 

労働から抜け出すため、知識を入れて本格的に仕組みを作り始めた

 

といったことがあり、

知識をガッツリと入れてみました。

 

ひとまず仕組みづくりをガッツリ学ぼうと

40万円ほどを教材に投資します。

 

で、ここでようやく気付きます。

「仕組み化が最強である」ということに。

 

自分もいろんなものを見てきて、

いろんなものを勉強してきて、

実際にいろんなものに挑戦してきました。

 

でも、その中でもやっぱり最強なのは

「仕組み化」だと確信しました。

 

 

シンプルに、資産になるというのが

異常なほど最強すぎるのです。

 

顧客サポートに何時間もかけなくても

仕組みを作ればファンが生まれます。

 

仕組みを作れば自分が

一生懸命毎回セールスしなくても

自動でやってくれます。

 

しかも全力のセールスを

何度でも何度でもやってくれます。

 

最強すぎるのです。

 

 

それに気づいた僕は

周りの情報を全て遮断して

ひたすら仕組みを作り始めます。

 

これが夏ぐらいだったかなー。

 

 

資産だけに集中し、収入が一時的に落ちる。が、グッと堪える。

 

そうやって仕組みを作ったら

速攻で月収100万円超えました♪

ってなりそうですが、

 

そうはなりませんでした笑

 

まあ当然、資産というのは

一朝一夕では出来上がりません。

 

小さな仕組みでも1週間とか

それぐらいはかかってしまいます。

 

 

でもだからこそライバルはいまだに少ないし、

これからも仕組み作りに集中する人は

再現性高く着実に結果を出していけるのかなと。

 

僕は結構本格的に

仕組みを作り込んでいったので

1ヶ月半くらいかかりました。

 

メルマガは90通くらい書いたかなと思います。

 

 

あ、ちなみにこの時期は行動よりも

勉強にかける時間の方が長かったですね。

 

で、この時に気づいたのは

どこかで行動の時間よりも

 

勉強や思考にかける時間が

上回るタイミングが必要である。

ってことです。

 

まあつまり最初の方って慣れてないから

 

ある程度行動しまくって

コンテンツ作り慣れたりとか

仕組み作りに慣れたりとかが必要なのです。

 

 

これ何事もそうです。

スポーツとかもいきなり応用技を

教わってもできるはずないじゃ無いですか。

 

だから最初は基礎を教わったら

あとは練習しまくって慣れることが大事です。

 

勉強も基礎的な範囲ができなかったら

応用問題は解けません。

 

逆に基礎をやりまくっていれば

応用にスッと入っていけます。

 

 

これでいうと僕ははじめ

タイピングができませんでした。

 

違う記事でも詳しく言ったりしてますが

人差し指でタイピングしてたので

作業スピードがアホほど遅かったです。

 

1日で2000文字とかですかね…笑

だからタイピングしまくりました。

 

 

結果、1日で楽に

1万文字書けるようになりました。

集中すれば2万文字とかもいけます。

 

あと、コンテンツ作る力が皆無で

1分も喋りが続きませんでした。

 

マインドマップである程度

喋ることもトピックとして載ってるのです。

でも10秒ぐらいで止まるという笑

 

だからコンテンツを作りまくりました。

最初は台本を用意して喋ってました。

 

 

で、コンテンツをひたすら

作りまくって作りまくるうちに

 

1時間越えでもペラペラとアドリブで

喋れるようになりました。

 

人は変わるものだなと改めて思います。

 

 

これほんと経験してきて思いますが、

やれば誰でもできるのです。

 

でも、みんな基礎をすっ飛ばしたり、

最初の自分の出来なささに絶望して

辞めたりしてしまうのです。

 

最初なんて出来なくて当然じゃないですか。

いきなりタイピングできる方が怖いですし

いきなり1時間ペラペラ喋る方が怖いです笑

 

初めは出来なくても

それをコツコツとでもやっていけば

慣れていってできるようになります。

 

 

ちょっと話が逸れたのですが、

そんな感じで資産作りに集中していたので

その時には1円も収入は上がりませんでした。

 

うわー、やっぱり

自分で動いた方が良いのかな。

とも思ってしまったのですが、

 

自分が動きまくって収入を上げても

結局限界があるしな。ということを

 

作業地獄だったときのことを思い出して

グッと堪えました。

 

 

そこで改めて断捨離して

さらに資産を作りこんでいき

仕組みをひたすら巨大化させていきました。

 

 

広告を100枚以上回して約30万円赤字オワタと思いきや45万円利益が出た

 

仕組みもある程度完成してきたので

僕は広告を打ち始めてみます。

 

もちろんメディアを作って

ブログやYouTubeからの無料集客でも

十分効果的なのですが、

 

僕は広告を回せるようになりたい。

という気持ちがあったので

 

広告に詳しい起業家の方に

50万円を払って教わり始めました。

 

 

で、そこで色々試行錯誤をしていきます。

それこそ初めはダメダメでした。

 

でもこれも結局

さっき話してきた概念なんですよね。

 

初めての分野だったので、

全てが未知なのは当然なわけです。

 

だから赤字になってでも

まずは手を動かしてやってみる。と。

 

 

そうやって色々と

試行錯誤をしているうちに

どんどん見えてくるものがありました。

 

もちろん理論を教わっていたから

正しく試行錯誤出来たわけで、

 

ただガムシャラに行動しまくっても

正しい方向に進むことは出来ません。

 

で、100枚ちょっと回して

ようやく広告の本質が見えてきたのですが、

そこまでの試行錯誤で30万円ほど使ってたので、

 

あー赤字かなこれは…苦笑と思ったのですが、

仕組みの中でポロポロと商品が売れて、

なんと45万円の利益が生まれました笑

 

これもしっかり

仕組みを作り込んでいたからであって

 

一時的な収入の減少を恐れて

作業を怠っていたらあり得なかったことですね。

 

 

そこでようやく自分がしてきたことは

合っていたんだと、内心ほっとしたところがあります。

 

ぶれそうになってしまった時もあったし、

知識が枯渇して停滞してしまった時もありました。

 

でもそこで、

一点集中で仕組み化にフォーカスして

取り組み続けてきたから

 

自動で収入が生まれるようになりました。

 

 

先日も20万円の商品が自動でぽろっと売れたり、

完全自動ではないですが、1ヶ月の間に

30万円の商品や50万円の商品でも

労力をかけずに楽に売れるようになりました。

 

ちなみにこの月の売り上げは90万円ほどでした。

自分でセールスというセールスもほぼしてないです。

 

結局仕組み化一択だなーと、

改めて体感しています。

 

 

年の自己投資額が300万円を超え、見えてきたもの

 

今改めて振り返ってみたのですが、

今年の自己投資額が300万円を超えていました。

 

何に投資したかっていうと

教材と人に教わることです。

 

ビジネスってつくづく思うのが

「知識ゲー」ってことです。

 

知識があれば答え丸わかりの状態で

あとはやるだけ状態になります。ほんとコレ。

 

 

だからビジネスは良い意味でも悪い意味でも

年齢とか関係なく成功できてしまいます。

 

今の時代、ビジネスやってる人多いし…

そんな中で自分は結果出るのかなー。不安。

なんていうのは僕も思っていました。

 

 

でもそれは知識がなかったら

ただ単に見えていなかっただけでした。

 

しっかり投資してビジネスをする人は

いまだにごく少数で

 

むしろ情報社会である現代、大半の人は

「情報とか無料でゲットできるじゃん…w」

という思考なので一気にごぼう抜きです。

 

 

というか先発組とか後発組とか関係なく、

後から始めても問題なく結果が出まくる

ビジネスモデルを選ばないといけないのです。

 

廃れない普遍的な

ビジネスモデルを選択しないと

ある日突然収入0になりました…オワタ

ってなります。

 

 

見えないものが見えるようになる。

行動が全て結果に直結していく。

知識って偉大です。

 

情報を取りに行く姿勢は

これからも続けていきます〜。

 

 

2020年総括:結局コンテンツビジネス。結局仕組み化。これしかない。

 

いやー改めて振り返ってみると

いろんな感情があったんだなーと思います。

 

不安もあったし、悩みもあったし、

葛藤もあったし、モヤモヤもあったし

喜びや嬉しさなどもありました。

 

もちろん全ての行動が成功ではなかったし、

最適解ではなかったけれど、

でも進むべき方向は合ってたんだなと。

 

 

コンテンツビジネスだけに集中して

ひたすら仕組みを作り込んでいって…

ひたすら仕組みを作り込んでいって…

 

その作業は間違ってなかったんだなと、

改めて実感することができました。

 

 

僕が経験してきたからこそ言えますが、

結局0から成功したいと思ったら

コンテンツビジネス一択です。

 

収入を青天井に伸ばして

時間の自由も手に入れたかったら

仕組み化一択です。

 

これからもその原理原則は

変わらないだろうし、

 

僕もしばらくはひたすら

この世界を追求していこうと思います。

 

 

これからもいろんな

ビジネスが出てくると思いますが、

流行に乗る必要ないです。

 

「変わらないもの」だけをやっていれば

結果はどんどん出ていきます。

 

また随時体験記のような形で

ブログの方に進捗を載せていきますね〜。

 

 

今年の反省を活かして

来年もガンガン飛躍していきます!!!

 

また進化した姿でお会いしましょう!

 

ではでは〜。

 

P.S. 思慮深くなったと感じた年でもあった。

 

そう、これもありました。

 

今年は特に

色んなことを思考する回数が増えて

 

人生における幸福ってなんだろうとか

生きるって何だろうということも考えました。

 

色んな概念に対して

考える時間がかなり多かったと思います。

 

 

落ち込んでるわけでも何でもなく

自然に色んな人をみたり、

色んなことを学んでいるうちに

 

様々な思想や価値観に触れたから

そういう思考回数が多かったのだと思います。

 

あと、今年は20歳になったので、

区切りということもあり改めて考えさせられました。

 

 

やっぱり現代に生きる人は

情報のスピードも速いし

日々色んなことに追いかけられてて

 

立ち止まって思考するタイミングがないから

一度立ち止まって思考してみると

見えてくるものがあるんじゃないかなと思います。

 

というちょっとした追伸でした。

1500円の電子書籍「労働なき富豪世界への旅路」を無料で読めます。

 

僕は大学時代からネット起業をして

累計1000万ほどの売上を生み出してきました。

 

その後もネット上に作り上げた仕組みから

自動で報酬が生まれるようになり、

10万円、20万円と収入が生まれ続けています。

 

ですが、僕は特別な才能があったわけでも、

ビジネスのセンスがあったわけでもありません。

 

元々は平凡な学生で居酒屋バイトをしてましたが、

仕事ができないことで怒られてばかりでした。

 

 

そんなビジネスの世界とは

一切無縁の至って平凡な生活を送っていました。

 

ですがそこで、

お金と時間の自由を増やして人生を楽しみたいと、

一念発起してビジネスを始めてみると、

 

知識も人脈も経験も全てゼロの状態だったものの、

短期間で人生を変えることができました。

 

 

僕の周りの起業家たちもみな過去は、

極貧生活を送っていたり、いじめを受けていたり、

借金を抱えていたりと、マイナスの状態からでも、

 

半年、1年で月収100万円を突破して、

豊かな人生を手に入れることが出来ています。

 

そういった人たちをこれまでに

数え切れないほどに近くで見てきたからこそ、

 

どれだけ過去に成功体験がなかったとしても、

やる気さえあれば誰でもお金と時間の自由を手に入れ、

豊かな人生を実現できると思っています。

 

 

一度きりの人生ですから、1日中趣味に没頭したり、

新しい景色を見に行ったり、新しい体験をしたり、、、と、

人生を全力で楽しむべきだと思っています。

 

それを実現するうえで、

「個人の力で、お金と時間の自由を手に入れる。」

スキルが適していると考えています。

 

 

ただ、そのためにどうすれば良いのか?が

分からない人がほとんどだと思います。

 

そこで、今だけ期間限定で、

僕がゼロからお金と時間の自由を増やしていくまでの、

 

物語をまとめた電子書籍

「労働なき富豪世界への旅路」を無料でお渡しします。

 

普段は1500円で販売していますが、

メルマガ内限定で無料プレゼント中です。

 

 

実際に受け取ってくれた人からは、

「楽しみながら最後まで読めた」など

好評をいただいています。

 

物語形式で作っていて

20分程度でサクッと読めるようにしてあるので

もし興味があれば一度読んでみてくさい。

 

→電子書籍「労働なき富豪世界への旅路」を無料で読んでみる

 

 

僕の詳しいプロフィールはこちらから見てみてください。

→しゅんティーの詳しいプロフィールを見る

 

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

 

 

コメントを残す