clubhouseを筆頭に音声の時代が到来する?いやいや、お金を払ってもらうのはいつの時代も「人」でしょ。

どうも、しゅんティーです。

 

 

最近は新しいSNSで

clubhouseというのが出ましたね。

で、それがかなり流行してるらしいです。

 

僕の友達もアプリ入れてて、

「clubhouseやってるー?」

みたいな会話になったりしました。

 

で、clubhouseって

マーケティング的に面白い部分があって、

アプリが「完全招待制」ということです。

 

つまり、招待された人だけが

アプリを使うことができるってこと。

 

 

で、これが流行とどう関係あるかっていうと、

clubhouseを使ってるということを

周りの人に見せることによって、

 

自分は「招待された」

という優越感が手に入ったりするわけですね。

 

 

だから周りの人にどんどん

「clubhouseやってるー?」と聞いたり、

「clubhouseやってますー。」みたいな投稿を

SNSでしたりするようになるわけです。

 

つまりユーザー自身が面白いくらいに

宣伝してくれるので拡散がえぐいのです。

 

 

紹介すると優越感に浸れるわけですから

ガンガン拡散されるというロジックですね笑

 

だからこれを自分のビジネスに活かして、

商品を買ってくれた人の質問の返答を

YouTubeに一般公開する。というだけでも

同じような効果が得られますよね。

 

あ、商品を買えば

グレードアップするのか!みたいな感じの

ブランディングを作ることができるわけです。

 

 

まあそれは置いといて。

 

clubhouseって音声配信アプリなのですが、

以前からあるVoicyやHimalayaも含めた

音声配信アプリが盛り上がってきていて

 

これからは音声の時代が来る!と

言われたりしてます。

 

 

だからみんな音声配信に

めちゃくちゃ注力し始めてたりするのですが、

正直、いやいや本質はそこじゃない。と思ってます。

 

確かに時代の流れを掴むのは

もちろん大事なわけなんですが、

それ以前にもっと大事なことがあります。

 

それは、

「時代が変わっても変わらず使えるスキル」

重点を置いてビジネスをすることです。

 

今回はそれについて話していきますね。

 

 

流行と衰退の歴史は繰り返される。ネットの時代変化は想像以上に早い。

 

ネットの時代変化って想像以上に速くて、

一般的に現実世界の10倍速いとも言われたりしてます。

 

ほんとスピード感が桁違いなわけですが、

その中で長期的に生き残り続けるためには

流行に乗ってたらまず無理なのです。

 

今は仮想通貨だぞー!とか、

プログラミングだー!動画編集だー!

YouTubeだー!note販売だー!

 

流行というのはまあ色々とあります笑

ほんと目まぐるしいですね。

 

 

で、そうやって流行したものって

ことごとく衰退していってます。

これは例外なくです。

 

 

プログラミングに取り組む人は

一時的にとんでもないほど増えましたが、

 

「あれ、プログラミングで稼ぐって難しいんじゃね。」

ということに多くの人が気づき始めて、

どんどん撤退していきましたし、

 

YouTubeで稼げるということが広まった時には

数え切れないほどの人が参入しましたが

 

みんなが同じようにやるものだから

理論破綻して結局稼げなくなりました。

 

 

それに芸能人が参入してテレビ並の編集とか

予算を圧倒的にかけ始めたので、

 

「あ、これは無理だ笑」と悟った人が

数多くいたでしょう。

 

動画編集も同じ。

初めはそもそも動画編集できる人が少なかったので

比較的高単価で動画編集の案件を受けられても、

 

蓋を開けてみると、動画編集のスキルというのは

誰にでも比較的すぐに身につけられるので、

一瞬で飽和し始めました。

 

 

5000円だった案件を、

「自分は3000円でやりますよー。」

みたいな人が大量に現れて、

 

価格競争となり、

次第に鬼ほどコスパが悪くなりました。

 

 

歴史はいつだって繰り返します。

 

clubhouseが流行ったら

次は「clubhouseの稼ぎ方」が出るでしょう。

絶対出ますねこれ笑

 

でも、僕は決してやりません。

いずれか衰退するのが分かりきってるからです。

 

 

そういった一過性のノウハウを実践しても

いずれかは廃れていって稼げなくなり、

また0からスタートになってしまいます。

 

それではいつまで経っても

収入を安定させることができないし、

時間の自由も精神的な自由も手に入りません。

 

じゃあどうすれば、この変化の速いネット業界で

長い間、生き残り続けることができるのか?といったら

 

答えは明確に決まりきっていて、

「積み重なり続ける」スキルに集中し続けることです。

 

 

人の心は不変。廃れない「積み重なり続ける」スキルに資源を全投資。

 

廃れない「積み重なり続ける」スキルというのは

つまり「人の心」をベースにしたスキルです。

 

時代の流行や社会状況は日に日に変化していくものの、

人の心っていうのは1000年も2000年もずっと変わりません。

 

だから、それをベースとしたスキルを身につければ

10年後も20年後もそれ以上経っても

いつまでも使い続けることができるのです。

 

 

そういう廃れないスキルは磨けば磨くほど、

どんどん「資産」になっていきます。

 

ずっとそのスキルを使って

稼ぎ続けることができるからです。

 

 

だから知識を学べば学ぶほど

右肩上がりに収入を伸ばし続けることができますし、

 

急に収入がゼロになることもなく、

むしろ着実に右肩上がりに伸び続けるのです。

 

どうせビジネスをするなら、

一時的に100万円とか稼ぐのではなくて

 

10年、20年、それ以上と

ずっと稼ぎ続けられた方が良いと思うんですよね。

 

一発ドカンと稼げたとしても

ちょっとの間だけ贅沢できるぐらいで

人生に与えるインパクトってほとんどないので。

 

 

 

じゃあ具体的に人の心をベースとした

「積み重なり続ける」スキルって何か?というと、

 

例えば、具体的にいうと

・仕組みを作る力

・マーケティング

・文章でモノを売る力

などがあります。

 

仕組みを作る力というのは、

人の行動心理を押さえた上でビジネスモデルを組んで

利益を上げる力のことですから、

 

どんな時代でも必要とされ続けるし、

そのスキルを使えばお金を生み出し続けることができます。

 

 

文章でモノを売る力も全く同じです。

文章で人の心を動かして商品を買ってもらう。

という流れはいつの時代でも変わらないですから、

 

そのスキルを一度身につけてしまえば

ずっと文章スキルを使って一生商品を売り続けて、

利益をあげ続けることができます。

 

そういった人の心を

ベースとしたスキルを学んでいけばいくほど

どんどん収入が伸びていくというロジックです。

 

結果、こういった廃れない積み重なり続けるスキルは

「一生モノの武器」になります。

 

 

僕は一時期、流行が大事だと思っていて

すぐに廃れてしまうようなノウハウを学んでたんですが、

 

途中で、

「結局、いずれかは廃れて稼げなくなり

ゼロからのスタートになるのは効率悪いんじゃね?」と、

気付くことができました。

 

SNSマネタイズ〜〜とか、

月収〇〇万円稼ぐノウハウ〜〜とかに

時間を使うのって超コスパ悪いじゃん。と。

 

 

というか、結局、

行動して、お金を払ってくれるのは「人」ですから、

 

そういう小手先の〇〇テクニックを学ぶ前に

人の心をベースとしたスキルがないと

全然マネタイズ出来ません。

 

 

で、案の定そのときに僕と同じ手法で

稼いでいた人たちはしばらくして

業界から姿を消してました。

 

僕はちょこっと触れた程度だったので

あまりダメージはなかったのでまだマシでした。

 

 

「人の心を重要視せず、なんとなく流行に乗って、

ノウハウや手法に依存してしまうと退場を余儀なくされる。」

 

めちゃくちゃ恐ろしく感じましたね。

 

 

だからそこからは、

一生廃れない「積み重なり続けるスキル」だけに

徹底的にフォーカスし始めるようになりました。

 

 

そしたら、やはり収入の安定感が

桁違いに増していきましたし、

 

学んで実践すればするほど

10万円だった収入が40万円になったり、

それが100万円になったりと、

収入が順調に伸びていくようになりました。

 

 

「一生廃れない」「積み重なり続ける」

というのはとんでもなくコスパが良いんですよね。

 

だから僕はこれからも

小手先のテクニックは一切無視して、

 

ひたすら「積み重なり続けるスキル」だけに

集中し続けていきます。

 

 

そのスキルを使って10年後でも稼げる、通用すると断言できますか?

 

ぜひ自分自身を振り返ってみてほしいです。

「今学んでいるスキルは10年後も通用するか?」と。

 

もし、これがNOならば、

学ぶものを変えた方が良いかもしれません。

 

 

これまでも話してきた通り、

流行に乗って稼ぐことができたとしても、

それはいずれか衰退して稼げなくなるからです。

 

結果、そこで学んだことは一切使えなくなり、

またゼロからのスタートになってしまう。

 

で、「10年後以降も通用するスキル」にフォーカスせずに

ひたすら目の前の流行に流されてしまっていては

いつまで経っても「自由になることができない」です。

 

 

ずっとノウハウに振り回され続けて、

稼いでは稼げなくなり、稼いでは稼げなくなり。を

ひたすら繰り返す人生を送ることになってしまいます。

 

実際そういった人もこれまでに

数え切れないほどにみてきました。

 

 

その時間があるならば

さっさとずっと使い続けることのできるスキルを

 

徹底的に学んで安定して稼ぎ続けた方が

何千倍も有意義な人生になると思うのです。

 

 

これからも新しいSNSが登場したり、

新しいブームが到来したりすると思います。

これは必ずですね。

 

でも、それに振り回されるのではなく、

「人の心をベースとした」変わらないスキルを

 

高め続けることに集中し続ければ

自ずと右肩上がりに収入を伸ばしていけます。

 

 

一度過ぎた時間は

もう二度と元には戻らないですから

今この瞬間から意識を変えていくべきかなと。

 

ぜひ、いまいちど

「自分が何を学ぶべきなのか?」

「何に取り組んでいくべきなのか?」というのを

はっきりとさせてみてください。

 

 

ここが明確化になれば、

ずっと稼ぎ続けることができて当然だと思います。

心の安心感も桁違いになります。

 

ということで今回は、

「時代の波に流されるのではなくて、

時代に左右されないスキルを徹底的に高め続けよう。」

というお話でした。

 

これかなり重要な思考なので

ぜひ何度か読み返していただければと!

 

それでは!

 

 

1500円の電子書籍「労働なき富豪世界への旅路」を無料で読めます。

 

僕は大学時代からネット起業をして

累計1000万ほどの売上を生み出してきました。

 

その後もネット上に作り上げた仕組みから

自動で報酬が生まれるようになり、

10万円、20万円と収入が生まれ続けています。

 

ですが、僕は特別な才能があったわけでも、

ビジネスのセンスがあったわけでもありません。

 

元々は平凡な学生で居酒屋バイトをしてましたが、

仕事ができないことで怒られてばかりでした。

 

 

そんなビジネスの世界とは

一切無縁の至って平凡な生活を送っていました。

 

ですがそこで、

お金と時間の自由を増やして人生を楽しみたいと、

一念発起してビジネスを始めてみると、

 

知識も人脈も経験も全てゼロの状態だったものの、

短期間で人生を変えることができました。

 

 

僕の周りの起業家たちもみな過去は、

極貧生活を送っていたり、いじめを受けていたり、

借金を抱えていたりと、マイナスの状態からでも、

 

半年、1年で月収100万円を突破して、

豊かな人生を手に入れることが出来ています。

 

そういった人たちをこれまでに

数え切れないほどに近くで見てきたからこそ、

 

どれだけ過去に成功体験がなかったとしても、

やる気さえあれば誰でもお金と時間の自由を手に入れ、

豊かな人生を実現できると思っています。

 

 

一度きりの人生ですから、1日中趣味に没頭したり、

新しい景色を見に行ったり、新しい体験をしたり、、、と、

人生を全力で楽しむべきだと思っています。

 

それを実現するうえで、

「個人の力で、お金と時間の自由を手に入れる。」

スキルが適していると考えています。

 

 

ただ、そのためにどうすれば良いのか?が

分からない人がほとんどだと思います。

 

そこで、今だけ期間限定で、

僕がゼロからお金と時間の自由を増やしていくまでの、

 

物語をまとめた電子書籍

「労働なき富豪世界への旅路」を無料でお渡しします。

 

普段は1500円で販売していますが、

メルマガ内限定で無料プレゼント中です。

 

 

実際に受け取ってくれた人からは、

「楽しみながら最後まで読めた」など

好評をいただいています。

 

物語形式で作っていて

20分程度でサクッと読めるようにしてあるので

もし興味があれば一度読んでみてくさい。

 

→電子書籍「労働なき富豪世界への旅路」を無料で読んでみる

 

 

僕の詳しいプロフィールはこちらから見てみてください。

→しゅんティーの詳しいプロフィールを見る

 

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

 

 

コメントを残す