1000円のnoteを買ってみて、個人の薄利多売は販売者側もきついし、購入者もビミョーになる。両者得しないなと改めて感じた話。

どうも、しゅんティーです。

 

 

先日、リサーチの目的でnoteを買ってみました。

内容はSNS運用に関するものです。

 

そこで改めて個人で商売をしていく上で

重要な概念に気づかされたので

話をしていきたいと思います。

ボリュームがものすごく大きかったけれど、内容が薄かった。

 

これは批判をしているわけではなく

フラットな視点で分析した上での話です。

 

実際にnoteを購入してみて感じたのは

ボリュームとしてはそこそこ多かったものの、

その内容が薄かったということです。

 

 

なんでそれをするのか?という

本質が一切書いていなかったりとか、

 

〇〇を投稿しましょう。のような

末端のテクニックしか書いてなかったりして

 

行動に落とし込みづらいし

応用が効かないだろうなという感じでした。

 

確かにフォロワーは増えるだろうけど、

マネタイズには繋がらないなという感じ。

 

 

ですが、参加者の感想を見ていると

「大満足でした!」といった人が多かったです。

 

商売の原理原則は価値提供であり、

それがしっかりと満たされているので

全然良いとは思うのですが、

 

やはり教材などとは情報の濃さが

全然違うというのははっきりと感じました。

 

 

でまあそれは良いとしても、

実際に購入者になって色々とリサーチをしてみて

 

やっぱり薄利多売のビジネスモデルって

個人が取るべき戦略ではないよなーと

はっきりと感じました。

 

前提として、薄利多売のビジネスモデルって

強者が取る戦略なんですよね。

 

つまりは大企業とか

それぐらいの規模感でやってるような人たちです。

 

薄利多売は大企業などの強者が取るべき戦略である。

 

なぜかというと、

薄利多売というビジネスモデルは

 

商品を大量生産して沢山のお客さんに販売し、

少ない利益を大量に上げていくようなものだからです。

 

 

確かに今の時代、コンテンツを販売できるので

一度作ってしまえば何人に販売しても

コストが変わらないという点で

 

大量生産という部分は考えなくても大丈夫ですが、

問題なのは「沢山のお客さん」という部分です。

 

ひとつ商品を売っても利益が少ないので

沢山の人に売らないと儲からないのです。

 

 

大企業であればCMに大量の予算をかけて

一気に大量のお客さんを獲得することができたりしますが

 

個人規模でそれをやろうと思ってもなかなかに厳しいわけです。

数千万、億レベルで予算をかけられないわけですから。

 

だから個人規模で薄利多売をやろうとすると

お客さんが少なく、利益を上げていくのが

かなり難しいのです。

 

 

例えばわかりやすいのが「うまい棒」。

うまい棒って1本10円ですが、

 

うまい棒を売って

月収100万円に到達するためには

単純計算、10万本売る必要があるわけですよ。

(利益率が100%ではないので実際はもっと)

 

少なく見積もったとしても

それぐらい売らないといけないわけで

 

じゃあ個人で10万本うれるだけのお客さんを

集めることができるか?といったら

どう考えてもきついのです。

 

 

SNSで10万フォロワー集めてください。

って言われたら「えまじ笑」ってなるじゃないですか。

 

で、note販売とかまさにそれをやってしまってて、

 

例えば僕が今回買ったnoteは1000円でしたが、

それで100万円の利益に到達するためには

1000人に売る必要があるのです。

 

 

自分の商品を買ってくれる人を

1000人集めるのってかなり至難じゃないですか?笑

いくら価格が1000円といっても。

 

仮に1000人に売れたとして

月収100万円到達できたとしても

 

じゃあその次の月も同じように

達成することができるか?と言ったら

まあかなり再現性がないのです。

 

 

だから個人が薄利多売に取り組むというのは

なかなかに危険なことなのです。

 

あと個人で商売していく上で

薄利多売に取り組んでしまうと

 

お客さんにとっても販売者側の

自分にとっても良いことがなかったりします。

 

それを話していきます。

 

 

安い商品が正義であり、お客さんのためになる。は大きな間違い。

 

商品が安いことは

お客さんにとって良いことである。

 

そう思っているのならば

改めて考えを変えた方が良いです。

 

薄利多売をしている人は

この考えを持ってしまってる人が多いですが、

実際はそんなことはまったくありません。

 

 

人は安い商品であればあるほど

行動してくれないからです。

 

あんまりお金かかってないし、あとでいっか。

みたいな感じで後回し後回しにして、

全然商品を消化してくれなかったり、

 

消化したとしても2回、3回と

学び直さなかったりするのです。

 

 

そして行動してくれません。

 

自分がコンテンツの中で

これをやっていきましょう!と言っても

真剣に聞いてくれなかったりするのです。

 

じゃあ行動してくれなかったら。

お客さんの結果が出ることはありません。

 

 

その商品を買っても買わなくても

変わらない状態になってしまうのです。

 

つまり安いことが正義であり

お客さんのためになるというのは

大きな間違いなのです。

 

 

わかりやすいのが、

100円のビニール傘を駅に忘れても

取りに戻らないと思うんですよね。

 

また買えばいっか。ってなります。

 

でも、その傘が3万円とかだったら

やばいやばい。となって猛ダッシュで

駅まで戻ると思うのです。

 

 

人は高価なものの方が大切にするので、

高単価の商品を売っていった方が

実はお客さんのためにもなるということなのです。

 

もちろん価格以上の価値を詰め込むのは前提ですが。

詳しくはまたあとで話します。

 

 

で、薄利多売は

お客さんの結果が出づらいのに加え、

販売者である自分にとっても良いことがなかったりします。

 

 

購入者コミュニティのサポートがパンクしかけていた。

 

noteを購入した後に

購入者限定のコミュニティがあって

 

そこで質問し放題みたいな感じだったのですが、

サポートがパンクしかけていました。

 

 

その販売者の方自身が一人一人からくる質問に対して

毎回、毎回メッセージで応答していたので、

とんでもないほどの質問対応に追われてたのです。

 

そのコミュニティは普通に200人以上はいて

その中の数十人がガンガン質問をしてるわけですから

ひたすらその回答をしまくっていました。

 

いや、えぐいです笑

 

 

その質問を受けてコンテンツ化して

コミュニティに載せてるとかなら

良いと思うのですが、

 

それをやっていなくて、

重複した質問も沢山あったりして

かなりカオスな状態になってました。

 

 

薄利多売をしてしまうと、

販売者自身の時間と労力も必要以上に

使うことになってしまうのです。

 

でも、そこでサポートを怠ってしまえば

一気にクレームになったりとかしてしまうから

ひたすら必要以上に時間を費やす運命を辿ります。

 

 

で、そうやって薄利多売をしている中、

売り上げを上げようと高単価商品を販売し始めると

一気に批判が巻き起こったりします。

 

俗にいう炎上というやつです。

 

 

今までは1000円ぐらいの価格帯だったのに

いきなり10万円とはどういうことだ!みたいな。

 

いや価格は自分で決めるものだし、

大事なのは中身やんけ。と思うわけですが、

悲しいことにそれが伝わることはありません。

 

インフルエンサーの炎上とかでも

実際にこれに近いことがありましたね。

 

 

あとそもそも安価な商品を販売すると

意識が低い人が集まりやすいです。

 

意識が低い人が集まりやすい。故に燃えやすい。

 

安価な商品だと意識が低い人が集まりやすいです。

考えてみればわかるのですが、

 

商品の価格が1000円とかであれば

「とりあえず買ってみようかな。」

という人が買ったりしますよね。

 

で、そういった意識の低い人は

買ったまま放置していたりとか、

てきとーに消化して行動しなかったりとかします。

 

 

で、結果が出ないから

クレームが起こったりとかします。

 

自分の商品が意識の低い人に行き渡ってしまうと

良いことが何一つないのです。

 

・消化してくれない

・行動してくれない

・結果出ない。変化しない

 

自分はお客さんに結果を出して欲しい。

という気持ちで一生懸命商品を作ったのに

逆にクレームが来たら本末転倒ですよね。

 

 

だから僕はそういう意識の低い人が

自分の商品を買わないように

しっかりと価格をつけて販売していて、

 

本当に結果を出したい本気の人しか

商品が手に入らないようにしていますし、

 

そもそも僕のことをあんまり知らない人に

商品の案内が届かないようにしてます。

 

 

結局、高単価商品で少数のファンに価値提供するビジネスモデルが最強。

 

色々と話してきましたが、

今回実際に間近で薄利多売を経験して

 

個人の薄利多売は

お客さんにとっても良いことがないし

販売者にとっても良いことがないということを

改めて実感することができました。

 

 

ビジネスの原理原則は価値提供ですし、

 

それはもっと具体的にいうと

お客さんに結果を出させてあげる。

ということです。

 

良いこと学んだなー。で終わらずに

しっかりと行動してもらって

結果を出してもらうことが本質です。

 

 

で、それを満たすには

 

高単価商品で少数のお客さんを

満足させてあげるビジネスモデル

最も最適なのです。

 

 

薄利多売は企業のような

莫大な資金力を持っている人が取れる

強者の戦略とお話ししてきましたが、

 

では、莫大な資金力を持っていない個人が

商売を繁盛させるためには?というのが

 

高単価商品で少数のお客さんを

満足させてあげるビジネスモデルなのです。

 

 

莫大な資金がなくても、

しっかりとメディアを作ってコンテンツを作れば

ある程度の人を集めることができます。

 

そして集まってきてくれた人に対して

高単価商品で価値提供していくのです。

 

 

高単価商品を買ってくれた人は

やる気があって自分の話も真剣に聞いてくれるし、

行動もしてくれるようになります。

 

だから結果を出すことができて

大満足してくれるのです。

 

で、そうやって満足してくれれば

次に自分が出す商品も買ってくれますし

 

「この人の商品を買って結果が出た!」と

他の人にも良い口コミを広げてくれます。

 

 

結果、さらに人が集まってくるという

正の循環に入ってくんです。

 

で、高単価だから

少ないお客さんでもしっかりと

売り上げを作ることができるのです。

 

例えば、

5万円の商品を20人に販売すれば100万円だし、

20万円の商品を5人に販売すれば100万円です。

 

改めて、売る商品が1000円だったら

100万円を達成するのに1000個売らないと

いけないわけですから。

 

 

どっちの方が簡単かっていったら

圧倒的に前者の方ですよね。

 

集めるお客さんの数も圧倒的に少なくて済むし

商品を売る本数も同様に少なくて良いのです。

だから、これなら再現性が高いし誰にでもできます。

 

 

で、サポートも少数なので

しっかり時間を使って厚く対応をすることができるんです。

 

だから結果的に

お客さんの満足度が段違いに上がるし

自分の利益もしっかりと上がるようになるのです。

 

じゃああとは、

どうやってそういう高価格の商品でも

売れて満足される仕組みを作れるの?

 

ということを学べば良いのです。

 

 

これについては僕のメルマガの中でガッツリと

話しているのでぜひ学んでみてください。

 

 

というわけで今回、noteを実際に購入してみて

改めて個人が取っていくべき戦略が明確になったので

良い買い物だったなーと思います。

 

 

改めて自分はどっちのビジネスモデルを選択して

商売していくか?というのを考えてみて欲しいと思います。

 

それでは今回はこの辺で。

 

1500円の電子書籍「労働なき富豪世界への旅路」を無料で読めます。

 

僕は大学時代からネット起業をして

累計1000万ほどの売上を生み出してきました。

 

その後もネット上に作り上げた仕組みから

自動で報酬が生まれるようになり、

10万円、20万円と収入が生まれ続けています。

 

ですが、僕は特別な才能があったわけでも、

ビジネスのセンスがあったわけでもありません。

 

元々は平凡な学生で居酒屋バイトをしてましたが、

仕事ができないことで怒られてばかりでした。

 

 

そんなビジネスの世界とは

一切無縁の至って平凡な生活を送っていました。

 

ですがそこで、

お金と時間の自由を増やして人生を楽しみたいと、

一念発起してビジネスを始めてみると、

 

知識も人脈も経験も全てゼロの状態だったものの、

短期間で人生を変えることができました。

 

 

僕の周りの起業家たちもみな過去は、

極貧生活を送っていたり、いじめを受けていたり、

借金を抱えていたりと、マイナスの状態からでも、

 

半年、1年で月収100万円を突破して、

豊かな人生を手に入れることが出来ています。

 

そういった人たちをこれまでに

数え切れないほどに近くで見てきたからこそ、

 

どれだけ過去に成功体験がなかったとしても、

やる気さえあれば誰でもお金と時間の自由を手に入れ、

豊かな人生を実現できると思っています。

 

 

一度きりの人生ですから、1日中趣味に没頭したり、

新しい景色を見に行ったり、新しい体験をしたり、、、と、

人生を全力で楽しむべきだと思っています。

 

それを実現するうえで、

「個人の力で、お金と時間の自由を手に入れる。」

スキルが適していると考えています。

 

 

ただ、そのためにどうすれば良いのか?が

分からない人がほとんどだと思います。

 

そこで、今だけ期間限定で、

僕がゼロからお金と時間の自由を増やしていくまでの、

 

物語をまとめた電子書籍

「労働なき富豪世界への旅路」を無料でお渡しします。

 

普段は1500円で販売していますが、

メルマガ内限定で無料プレゼント中です。

 

 

実際に受け取ってくれた人からは、

「楽しみながら最後まで読めた」など

好評をいただいています。

 

物語形式で作っていて

20分程度でサクッと読めるようにしてあるので

もし興味があれば一度読んでみてくさい。

 

→電子書籍「労働なき富豪世界への旅路」を無料で読んでみる

 

 

僕の詳しいプロフィールはこちらから見てみてください。

→しゅんティーの詳しいプロフィールを見る

 

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

 

 

コメントを残す