志高きある情報発信者のたった1つの欠陥

 

「僕は自分の発信を見てくれる

お客さん全員を成功させたいんです。」

 

先日こういった言葉を見かけた。

 

 

これを見た時にマインドとして、

ものすごく立派だと思った。

 

ただ僕はそれと同時にその発信者に対して、

いつ崩れても不思議ではないジェンガを

積み上げ続けているような危うさも感じた。

 

「平等」

 

これは一見綺麗な言葉として聞こえるが、

実態としては、平等ほど残酷なものはない。

 

 

どの分野にも必ず成功する人もいれば、

なかなか成功を掴めない人もいる。

 

ただそれは構造的にごくごく自然なことで、

100人中、100人が成功するというのは幻想。

 

ネットビジネスに限った話をすると、

異次元なまでに再現性が高いという性質を帯びてるため、

正しい知識を学んで実践すれば誰でも成功できる。

というのは事実である。

 

 

ただ、実際のところ、

ネットビジネスに挑戦する人が100人いたら

正しい知識を学べる人はおそらく数%もいない。

 

さらにその知識を落とし込んで、

コツコツと実践できる人を考えたら、

1000人中おそらく数人いるかどうか。

 

つまり、誰でもやれば成功できる。

というのは事実ではあるものの、

 

自ら成功するための行動を起こせる人は、

構造的にごくごく少数である。

 

 

逆に言えば、そういった状況の中で、

知識を学び、行動を起こし、結果を出すから、

それを成功と呼ぶのだと思う。

 

100人中、100人がみんな同じように、

知識を学び、行動を起こし、結果を出していたら、

それは成功ではなく常識と化す。

 

 

つまり、

 

「成功する人」「成功しない人」

 

この不平等があるからこそ、

成功には圧倒的な価値が帯びるということ。

 

もちろん自分の情報発信に触れてくれた人、

全員を成功させようと思うのは素晴らしいこと。

 

ただ、自分の平等という物差しで

全員を成功させようと介入して、

根本の構造をコントロールしようとすると、

 

それは自分が疲弊していくだけで、

ビジネスがどんどん回らなくなっていく。

 

 

結果、自分のビジネスはあっという間に崩壊し、

それはお客さんのためにもならない。

 

だからこそ、そもそもの根本的な構造を

自分自身よく理解しておく必要がある。

 

 

僕が昔響いた言葉でこんなものがある。

「目の前の1人を救えねえ奴が大勢を救えるはずがねえ。」

 

なんのセリフだったかは忘れたけれど、

今回の話の終着点はこの一言に圧縮されていると思う。

 

僕は1人でも多くの人を成功させるために、

僕のサービスを手に取ってくれた目の前の人に

全力で価値を届けて成長させていく。

 

そして、その延長線上に成功がある。

という思考がベターなのではないかと思っている。

 

 

人は自分がコントロールできないものを

コントロールしようとした時にひどく疲弊する。

 

そしてある日、ヒビが限界を迎えて、

これまでの眩い光が幻だったかのように、

ポキっと折れてしまう。

 

大勢を救いたいがために、

目の前のお客さんの成功を遠ざけてしまう。

それは本末転倒であり、自己満足でしかないのだ。

 

 

だからこそ自分の今コントロールできる範囲で、

目の前の1人を成長させることに全力を尽くすことが、

 

自分にとってもお客さんにとっても、

より良い選択と言えるのではないだろうか。

 

 

そもそも何を持って平等とするか?って話だよね笑

よくよく考えてみると自分が描いている平等って、

主観世界の中でのユートピアでしかなかったりする。

 

平等とは最も残酷なものであって、

不平等の上に成功があり、幸福が存在する。

 

 

 

1500円の電子書籍「労働なき富豪世界への旅路」を無料で読めます。

 

僕は大学時代からネット起業をして

累計1000万ほどの売上を生み出してきました。

 

その後もネット上に作り上げた仕組みから

自動で報酬が生まれるようになり、

10万円、20万円と収入が生まれ続けています。

 

ですが、僕は特別な才能があったわけでも、

ビジネスのセンスがあったわけでもありません。

 

元々は平凡な学生で居酒屋バイトをしてましたが、

仕事ができないことで怒られてばかりでした。

 

 

そんなビジネスの世界とは

一切無縁の至って平凡な生活を送っていました。

 

ですがそこで、

お金と時間の自由を増やして人生を楽しみたいと、

一念発起してビジネスを始めてみると、

 

知識も人脈も経験も全てゼロの状態だったものの、

短期間で人生を変えることができました。

 

 

僕の周りの起業家たちもみな過去は、

極貧生活を送っていたり、いじめを受けていたり、

借金を抱えていたりと、マイナスの状態からでも、

 

半年、1年で月収100万円を突破して、

豊かな人生を手に入れることが出来ています。

 

そういった人たちをこれまでに

数え切れないほどに近くで見てきたからこそ、

 

どれだけ過去に成功体験がなかったとしても、

やる気さえあれば誰でもお金と時間の自由を手に入れ、

豊かな人生を実現できると思っています。

 

 

一度きりの人生ですから、1日中趣味に没頭したり、

新しい景色を見に行ったり、新しい体験をしたり、、、と、

人生を全力で楽しむべきだと思っています。

 

それを実現するうえで、

「個人の力で、お金と時間の自由を手に入れる。」

スキルが適していると考えています。

 

 

ただ、そのためにどうすれば良いのか?が

分からない人がほとんどだと思います。

 

そこで、今だけ期間限定で、

僕がゼロからお金と時間の自由を増やしていくまでの、

 

物語をまとめた電子書籍

「労働なき富豪世界への旅路」を無料でお渡しします。

 

普段は1500円で販売していますが、

メルマガ内限定で無料プレゼント中です。

 

 

実際に受け取ってくれた人からは、

「楽しみながら最後まで読めた」など

好評をいただいています。

 

物語形式で作っていて

20分程度でサクッと読めるようにしてあるので

もし興味があれば一度読んでみてくさい。

 

→電子書籍「労働なき富豪世界への旅路」を無料で読んでみる

 

 

僕の詳しいプロフィールはこちらから見てみてください。

→しゅんティーの詳しいプロフィールを見る

 

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。