居酒屋バイト物語。不満と疑問と葛藤の連続だった。自分の価値は「時給1000円なのか?」と本気で考えまくった話。

どうも、しゅんティーです。

 

 

これはメルマガの中でも

話していることなのですが、

 

僕はビジネスが軌道に乗る前に

居酒屋でバイトをしていた時期がありました。

 

で、そのバイトを通して、

働く厳しさを知ったのですが

そこで特に疑問に思っていたことは、

 

「時給1000円」と決められていること。

 

 

平日で暇な時でも時給1000円。

逆に、超絶に忙しい土日でも時給1000円。

 

僕はこれをめちゃくちゃ疑問に感じてました。

 

平日で暇な時は、

「この時間もったいなさすぎるだろ、

あー、一体自分は何してるんだろーなー。」

と思ってたし、

 

それでも時給1000円なわけですから

「これで1000円もらえるってどゆことー。」

って感じでした。

 

 

逆に、土日の忙しい時は

マージで忙しくて、止まってる時間がなく

 

「こんなん1人で出来るわけねえだろw

何人分身してどれだけ手あれば良いんですか。」

って感じだったし、

 

その時はその時で

「これで時給1000円とかマジか。」

って思ってました。

 

 

総じて、「時給」という

概念があまり腑に落ちなかったし

 

時給という概念の中仕事をするにしても、

「自分の価値って1時間1000円なのか?」

何度も考えてましたね。

 

今回はそんな僕の葛藤の連続だった

居酒屋バイト物語をお話ししていこうと思います。

 

 

今、自分がやっている仕事に疑問を感じてたり

不満を感じている人は共感できる部分が

あるかもしれませんのでぜひ読んでみてください。

 

あと、しゅんティーはこんな過去があって

こんなこと考えてたのかー。と

知っていただければと思います。

 

 

仕事:焼き鳥焼きながら、フライ揚げて、サラダも作る。鬼マルチタスク。

 

まずこれ。冷静に考えてやばい。

 

見出しに入りきらなかったけれど、

実際は焼き台でイカ焼きながらほっけ焼いて

ポテト揚げながら唐揚げ揚げて、

 

からのちょっと離れたところで

サラダを作る。という鬼作業。

修行みたいな状態だった笑

 

 

これの何が鬼かっていうと、

揚げすぎると焦げるものとかあるし

 

焼き台で焼いてるものに関しては、

マージでゆっくりみてないと焦げたりする。

 

つまり同時並行で5個とか6個とか

いろんなことを考えてやらなきゃいけない。

 

いや無理すぎでしょ笑

手どんだけあるんですかって感じだし

頭の中に何個タイマー存在するんですか。って感じ。

 

 

で、なかでも衝撃的だったのは、

自分の頭と同じぐらいの高さから出てくる

注文表が地面に着きそうになっていたとき。

 

つまり注文が殺到している状態。

 

これを見たときは

さすがにもう思考停止しましたね笑

 

それを1人で捌いて、

揚げまくったり焼きまくったりするわけですから。

 

で、そうやってもう必死の思いで

料理を作りまくって出して、料理作りまくって出して、

を繰り返して、

 

ようやく落ち着いてきたなーと思ったら

次はモリモリのお皿達が登場するのです。

 

皿どんだけ出てくんですか。あーまだ出てくるの。おやまのお皿達。

 

これもなかなかに精神を削られる。

 

かなり大きめで深いシンクのはずが、

一面皿で埋め尽くされるのは通常運行。

 

そしてそれに加えて

さらにさらにバケツのようなものに入った

お皿たちが5セット6セット平気で運ばれてくる。

 

で、それをひたすら思考停止で一生懸命洗い続ける。

たわしで洗って洗浄機に突っ込む、

たわしで洗って洗浄機に突っ込む、

たわしで洗って洗浄機に突っ込む。

 

 

これをもう何回やったかわかんないくらい

記憶が曖昧になるくらいひたすら繰り返すと

 

ちょっとずつちょっとずつ

おやまのお皿達が減っていくわけですね。

 

1時間以上ひたすらお皿達を

洗ってる時もしばしばあった。

 

 

という感じで、

修行のように料理を作りまくった後に

 

山のようなお皿達をひたすら洗いまくるのが

僕の仕事だったわけですが、

 

それに追い討ちをかけるように

料理長と呼ばれる上司がヤバかったのです。

 

正直、ここがかなりデカかった。

 

 

揚げた衣剥がれるだけで怒る料理長おじさん。←ヤバい。

 

職場に僕のことを標的にして

ずっと何かと文句をつけて怒ってくる

料理長と呼ばれる上司がいたのだけど、

冷静に考えてもかなりヤバめなお方だった。

 

今でも鮮明に覚えているけど、

宴会用に揚げ物を揚げていた時に

卵の衣が剥がれてしまったことがあったんですよね。

 

で、その時に

「これってどうすれば良いですか?」と聞いたら

「なんでだよもう(怒)めんどくさいなー。」

的なことを言ってきたのである。

 

うん。冷静に考えても意味がわからない。

自然現象だから不可避でしょっていう笑

 

 

他にも初めて作る料理とかがあったら

レシピを見ながら作って。とのことだったので

レシピで料理を探していたりしたら、

 

「何やってんだよ!わかんなかったら聞けよー。」

みたいな感じで怒り、呆れたかのように言ってきた。

 

他にも挙げ出すとキリがないですが、

愚痴みたいな感じになるのでやめときます笑

 

まあそんな感じだったので、

職場にいるときはいつもストレスだった。

 

 

気にしないようにしようと思っていたけれど

調理場のめっちゃ近くにいるわけだから

気にしないとか不可能。

 

なんかやるたびに

いつもの呆れだか怒りだかストレスだかの

言葉を放ってくるのでは?と思いながら

 

仕事をしていたから

職場にいるだけでストレスが蓄積されてましたし

精神が削られ続けてました。

 

 

ここでもかなり「働く」ということに対しての

疑問がふつふつと湧いてきましたね。

 

仕事で成果を上げることが第一なはずなのに

なんで人間関係に縛られなきゃいけないんだ。

とちょーぜつに思いましたね。

 

で、そこから色々と考えて

だんだん自分がやってることに対して

疑問を感じるようになっていきます。

 

 

てか、これって自分がやらなくても誰でもできるんじゃ。と気付く。

 

焼き台で魚を焼くこと。

唐揚げの衣をつけて揚げること。

ポテトを油に入れて揚げること。

野菜を皿に持ってサラダを作ること。

お皿達をこすって洗浄機に突っ込むこと。

ゴミ袋を決まった位置に捨てにいくこと。

 

これって自分がやらなくても

他の誰にでもできるんじゃない?

って思い始めました。

 

 

仕事でやることは

これ以上でもなければこれ以下でもない。

 

つまり素人だろうが、

1年やり続けてるそこそこのバイターだろうが、

5年目のベテランだろうが、

 

やることは

まったく一緒なのである。

 

で、やる内容もひたすらに単純作業。

いわば思考停止である。

 

 

焼けたら皿に盛る。

挙がったら皿に盛る。

サラダをレシピ通りに作る、皿に盛る。

ひたすら手を動かして皿をこする、洗浄機に突っ込む。

ゴミ袋をまとめて捨てにいく。

 

確かに楽かもしれない。

自分でほとんど考える必要がないから。

でも楽ではあったけれど苦痛でした。

 

1年後も5年後も10年後も

成長せず新しいスキルも身に付かず

希少性が上がっていくことなく、ずっと同じ仕事をし続ける。

 

それらに対して猛烈に疑問を感じた。

 

なんで自分はこれをやってるのだろうか。

疑問で疑問で仕方なかった。

 

だから、バイト前はいつもなんの目的も無しに

ボーッとスマホを眺める生産性のない日々が続いた。

バイト以外の時間にも影響が出てきたのです。

 

 

時給1000円というものの本質。自分の価値は時給1000円なのか?

 

と、同時に自分の価値は

「時給1000円なのか。」と悔しさが込み上げてきた。

 

時給1000円ということは

あなたの1時間の価値は1000円です。と

言われているのとほぼ同義である。

 

もっと具体的にいうと、

「あなたの仕事のできは1時間で1000円です。」

ということ。

 

 

で、それが変わることはほぼない。

どれだけ料理作りまくって皿洗いまくって

価値を生み出しまくったとしても「1時間1000円」である。

 

そんなバカな。

確実に1時間1000円以上の働きをしているはずなのに。

的な思考を持っていました。

 

だからこそ、

その時に僕が思っていたことは

「1時間もあったら1000円以上の価値を生み出せるでしょ。」

ということ。

 

 

1時間あったら1000円以上の価値生み出せるのでは?時給思考からの脱出。

 

「1時間もあったら1000円以上の価値を生み出せるでしょ。」

根拠はなかったけれどそう思ってた。

 

僕はここら辺で「時給思考」から脱出した。

 

例えば簡単な話、

商売をしているんだけど「商品が売れません。」という人に

商品が売れるような構造を1時間で教えてあげて、

 

1万円の商品が10個売れるようになったら、

それは10万円の価値を生み出しているのと同義である。

 

というかそれ以降の中長期的なスパンで見ると

もっともっと大きな価値を生み出している。

 

じゃあ仮にその売り上げの半分をもらったら

時給5万円になるわけだ。シンプル。

 

 

当時の僕はそこまで具体的に

考えることはできていなかったけれど、

 

間違いなく「1時間で1000円以上」の価値は

生み出すことができるという根拠なき自信はあった。

なぜかわからないけど笑

 

これが僕がビジネスをしていこうと思った

結構コアな部分かもしれない。

 

そっちの方が自分の時間を有効活用できるし

もっと役に立つことができるんじゃないかなっていう。

で、そっちの方が楽しいんじゃないかなっていう。

 

 

不満を解決する全てがビジネスに詰まっていた。月収100万円超える。

 

で、そうやって

ビジネスを本格的にやり始めて思ったことは

 

ビジネスは僕がバイトに対して抱いていた

「不満の全て」を解消してくれるということ。

 

僕がバイトに対して不満に思っていたことは

・単純作業でほぼ思考停止でつまらない

・スキルを必要としないからいくらでも代わりが利く

・人間関係に精神を削られる

・ひたすら動きっぱなしで疲弊する

・逆に平日は暇で時間が無駄に感じる

・どれだけ働いても時給1000円という天井がある

 

みたいな感じ。

 

 

でもビジネスはその全ての不満を解決してくれた。

 

・自分で思考してクリエイティブな仕事ができる

・スキルを必要とするからやればやるほど希少性の高い人間になる

・個人で完結するから人間関係に精神を削られない

・パソコンをカタカタしたり、喋るだけでオッケー。

・時間を最大限有効活用することができる。

・やればやるほど収入が右肩上がりに伸びていく

 

まさに真逆の構図だし、

僕が理想としていたものだった。

 

欠点といえば、

・いきなり報酬が発生することがない

・知識を学ぶ必要がある

 

これぐらい。笑

 

 

時給というフレームで捉えると

1時間作業しても一円も発生しないというのは

疑問に感じるかもしれないけれど、

 

それは自分で価値を生み出せるようになるために

知識をガンガン学んでいけば良いだけの話。

 

知識をガンガン学んでいけば

生み出せる価値の量はどんどん増えていって

必然的に収入も比例していく。

 

 

だから、初めは1時間作業しても

10時間作業しても0円だったけれど、

 

次第に3万円、10万円と収入が増えていって、

気付けば月収100万円を超えた。

 

バイトでの最高月収は10万円弱だったけれど、

その10倍を達成するようになった。

 

 

じゃあここで改めて、

僕がバイトで月収100万円を達成しようと思ったら

果たして可能だっただろうか?

 

時給1000円だから、

1000円×1000時間=100万円だから、

月に1000時間働く必要があるわけです。

 

つまり、月30日だとしたときに

1日33.3時間働くことになる笑

物理的に不可能である笑

 

 

でも自分でビジネスをすることによって

それは可能となりました。

 

最初は知識もスキルも何もなかったけれど、

素直に学んで実践したことによって、

 

時給1000円以上の価値を生み出せるようになり

見事バイトから脱出し不満を全て解消することができました。

 

 

今もバイトを続けていたら

 

ずっと同じ仕事をし続けて、調理長に怒られ続けて

希望も見出せずにひたすら同じような毎日を

消化し続けていたんじゃないかなと。

 

ネットビジネスに出会ったことで

成長することの楽しさを知ることができたし

仕事って楽しいものなんだなと思えるようになりました。

 

これからも知識を学びまくって

自分の価値を高めていきたいと思います。

 

______終わり_______

 

とりあえずネットビジネス始めて見ると見える世界がガラッと変わる。

 

という感じで、どうだったでしょうか。

結構リアルな感情も詰め込んでるので

共感できる部分もあったかもしれません笑

 

この経験を通してひとつ伝えたいのは、

ネットビジネスを始めてみると

見える世界が劇的に変わるということです。

 

今回話してきたように

僕は時給という働き方にものすごく疑問を感じていたし

仕事内容や人間関係にも疑問を感じてました。

そしてそれぞれに大きな不満を抱えてました。

 

 

でもネットビジネスを始めたことで

その不満は全て解消できるということを知りました。

 

これは「始めてみたからこそ」わかることです。

 

別にいきなりビジネス一本で食べていく。

という大きな決意や覚悟を持ってなくても

 

今、現状に何か不満や疑問があるのならば

サクッと始めてみれば良いと思うのです。

 

ブログを始めるのも月1000円程度ですし

メルマガを運営するのも月3000円程度です。

 

合計4000円前後で本格的に

商売をすることができてしまうのです。

 

 

それらを使わなかったとしたら

0円で商売できてしまいます笑

 

これ大分やばいことだと思うんですよね。

 

こんなに誰でも

商売ができる惠まれた時代なのだから

それを活かさないのはもったいないんじゃないかなと。

 

 

で、そうやって実際に挑戦して見ると

世界は広い。ということに気付きます。

 

会社の人間関係や仕事内容に不満を持ち続けて

ずっとそれを我慢して続けなくても良いんだ。

ということに気付かされますし、

 

1日の労働時間が4時間とかしかないのに

年収2000万円突破している人とかも普通に存在します。

 

 

会社でそのレベルを目指すのは

かなり茨の道かもしれないけれど

 

個人で目指す分には

やることをコツコツと積み上げれば突破します。

 

ということを知れたりするのです。

 

 

僕はこの世で1番損することは

「知らない」ということだと思ってます。

 

知らないって超絶に損します。

 

僕もネットビジネスという世界を知らなかったら

間違いなくバイトを嫌々続けて

 

人間関係に苦しめられながら、

やりたくない仕事を日々こなしながら、

思考停止で成長しない生活を送っていました。

 

 

バイトの分際ですらこれですから、

じゃあ正社員だったらどうだったか?と考えると

もう想像するだけで恐ろしいです。

 

知らないって超損するのです。

 

それを痛感しているから、

僕はお金をかけてでも知識を手に入れまくりますし

なんでも実際に自分の目で確かめています。

見ても聞いても分かんないからまずやってみます。

 

 

だから、もし僕と同じように

現状に不満がある、疑問を感じているのならば

 

ネットビジネスに挑戦してみると

良いんじゃないかなと思います。

 

その上でまず初めに

「どうやってゼロから進めていけば良いか?」

というビジネスの正しい知識を学んでみてください。

 

 

この業界は玉石混淆となっていて

正しい情報と間違った情報で入り混じっているので、

正しい情報だけを厳選して学ぶことが大事です。

 

僕のメルマガでは

具体的にどうやってゼロから個人で

ネットビジネスを始めて稼いでいくのか?

について深く話しているのでぜひ学んでみてください。

 

見える世界が変わると

人生はどんどん豊かになっていきますね。

 

僕も学びを怠らずにこれからも

どんどん学んで成長していきたいと思います。

 

ということで僕の居酒屋バイト時代は

どんな感じのことをしていたのか?だったり

その時に思っていたことについて話してきました。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました!

 

 

1500円の電子書籍「労働なき富豪世界への旅路」を無料で読めます。

 

僕は大学時代からネット起業をして

累計1000万ほどの売上を生み出してきました。

 

その後もネット上に作り上げた仕組みから

自動で報酬が生まれるようになり、

10万円、20万円と収入が生まれ続けています。

 

ですが、僕は特別な才能があったわけでも、

ビジネスのセンスがあったわけでもありません。

 

元々は平凡な学生で居酒屋バイトをしてましたが、

仕事ができないことで怒られてばかりでした。

 

 

そんなビジネスの世界とは

一切無縁の至って平凡な生活を送っていました。

 

ですがそこで、

お金と時間の自由を増やして人生を楽しみたいと、

一念発起してビジネスを始めてみると、

 

知識も人脈も経験も全てゼロの状態だったものの、

短期間で人生を変えることができました。

 

 

僕の周りの起業家たちもみな過去は、

極貧生活を送っていたり、いじめを受けていたり、

借金を抱えていたりと、マイナスの状態からでも、

 

半年、1年で月収100万円を突破して、

豊かな人生を手に入れることが出来ています。

 

そういった人たちをこれまでに

数え切れないほどに近くで見てきたからこそ、

 

どれだけ過去に成功体験がなかったとしても、

やる気さえあれば誰でもお金と時間の自由を手に入れ、

豊かな人生を実現できると思っています。

 

 

一度きりの人生ですから、1日中趣味に没頭したり、

新しい景色を見に行ったり、新しい体験をしたり、、、と、

人生を全力で楽しむべきだと思っています。

 

それを実現するうえで、

「個人の力で、お金と時間の自由を手に入れる。」

スキルが適していると考えています。

 

 

ただ、そのためにどうすれば良いのか?が

分からない人がほとんどだと思います。

 

そこで、今だけ期間限定で、

僕がゼロからお金と時間の自由を増やしていくまでの、

 

物語をまとめた電子書籍

「労働なき富豪世界への旅路」を無料でお渡しします。

 

普段は1500円で販売していますが、

メルマガ内限定で無料プレゼント中です。

 

 

実際に受け取ってくれた人からは、

「楽しみながら最後まで読めた」など

好評をいただいています。

 

物語形式で作っていて

20分程度でサクッと読めるようにしてあるので

もし興味があれば一度読んでみてくさい。

 

→電子書籍「労働なき富豪世界への旅路」を無料で読んでみる

 

 

僕の詳しいプロフィールはこちらから見てみてください。

→しゅんティーの詳しいプロフィールを見る

 

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

 

 

コメントを残す