家ついて行ってイイですか?から学んだ、感情揺れる文章を創る2つの要素。

どうも、しゅんティーです。

 

 

僕は普段テレビあまり見ないのですが、

唯一面白くて見てしまう番組があります。

 

それが「家ついて行ってイイですか?」

という番組です。

 

この番組は、

一般の人の家までついて行って

 

その人の普段の生活だったり、

それまでの人生について

 

インタビューするという内容なのですが、

まあこれが面白いんですよねー。

 

なんか特殊な演出とか、

絶景とか、そういうのは一切なくて

 

ただ一般の方の生活に密着するだけなのに

なぜか見入ってしまうんですねー。

 

 

で、この番組が面白いのって、

実は面白い文章を書いていく上でも

超共通している部分があります。

 

これしっかり落とし込めば

どんな文章を書けば良いかが鮮明になるので、

文章を書くのに手が止まらなくなると思いますし、

 

自然に面白い感情揺れる文章を書けるようになるので

反応が段違いに良くなり自分のファンも生まれます。

 

文章を書く上でかなり大事な概念なので

ぜひ落とし込んだ上で、

文章を書いてみてほしいと思います。

 

 

一般人の生活に密着するだけなのに面白い理由①主観

 

なぜ家着いて行ってイイですか?は

一般人の生活に密着するだけなのに面白いのか?

 

結論から言ってしまうと、

「主観」「具体性」この2つが

ふんだんに盛り込まれているからです。

 

 

ひとつずつ見ていきますが、

 

まず主観というのは

その人だけの考えとか思想のこと。

 

しゅんティーはりんごが好き。

しゅんティーは家着いて行ってイイですか?が

面白いと思う。

 

そんな感じですね。

 

 

で、この主観というものが、

家ついて行ってイイですか?には

ふんだんに盛り込まれているのです。

 

先日見た内容は、

 

夜中に32歳ぐらいの女性の方が

超酔っ払ってふらふらになりながら、

家を案内するところから始まりました。

 

いきなり面白い笑

 

 

ほんとこの人大丈夫か?笑ってレベルで

かなり泥酔していて、

何回も路上に倒れたりしてました笑

 

で、なんとか家に着くものの、

酔っ払ってるから全然会話にならないのです笑

 

そこからなんとか喋れるようになって

どんな職業してるんですか?と番組スタッフが

質問したのですが、

 

なんとその女性は、

「歌手やってます〜」って言ってたんですよね。

 

マジ?!

フラフラ泥酔からのまさかの歌手、、、笑

これは面白いなーと思いました。

 

 

なんでここで僕が

面白いかって感じたかといったら、

主観入りまくりだからなんですよね。

 

泥酔した32歳ぐらいの女性がいて、

路上に倒れ込みまくりで「大丈夫か?この人」

って感じだったんだけどまさかの歌手っていう笑

 

この人にしかない物語で

この人にしかない考えや思想だから

面白さを感じたのです。

 

 

これが仮に一般化された

ストーリーだったら超つまらないですよ。

 

街で「家着いて行っていいですか?」と

番組スタッフに話しかけられる。

 

→モザイクをかけたAさん

(年齢不明、性別不明)の人が

はい。大丈夫です。と言う

 

→モザイクがかかった家で

のんびりしてる様子がずっと延々と流れる。

 

→職業は?と聞かれて、

それはちょっと言えないんですよね、、、と答える。

 

→終わり

 

 

いやつまらなすぎる笑

 

こんな感じで、一般化してしまうと

超絶につまらなくなるんです。

 

これだったら誰でも良いじゃん笑って

なると思うんですよね。

 

年齢も不明、性別も不明、

顔もわからない、家の特徴もわからない、

普段何してるかもわからない。

 

一般化してしまうと

価値が劇的に下がってしまうのです。

 

 

これは情報発信もまったく同じことが言えて、

誰にでも言える一般論を語っていると

超絶につまらない発信になっちゃいます。

 

「ビジネスは価値提供である!」

「行動が全てです!行動しましょう!」

「継続することのみが成功の秘訣です!」

 

誰にでも言えるやんけ。って感じで

重みも全く無いし、面白さのかけらもありません。

 

 

でも、こんな感じで、実情としては

誰にでも言える一般論を語ってしまってる人が

結構多かったりするのです。

 

それだともったいないです。

 

せっかくこれまで生きてきた中で

色んな経験をしたり、色んなものを見たり

色んな感情を抱いてきたのだから、

 

そういう自分にしかない「主観」をふんだんに

使うべきなんじゃないかなと思います。

________

居酒屋バイトで、上司に怒られまくって

マジでバイト行きたくねーー。って

ずっと思ってたんですよ。

 

もう辞めたいと何回思ったことか、、、

 

ゴミ捨て場にゴミ捨てにいく時に空を眺めて

「俺はなんでこんなことをしてるんだろう」

と何度も何度も自問自答してました。

 

だから僕は自分で自分の時間を

選択できるようになるために

 

ビジネスで自由に生きていけるレベルの

収入をまずは作るべきだと思うんです。

_______

 

同じ「行動しましょう」というメッセージでも

説得力だったり面白さが雲泥の差です。

 

生きている以上何かしら

必ず経験をしているはずなのだから、

それを使えば必ず面白い文章は書けます。

 

だからぜひ主観をふんだんに入れて

情報発信をしてみてください。

 

 

というか情報発信って

主観でコンテンツを作るものです。

 

ただお役立ち情報を届けるだけだったら

自分がやる必要が無いですからね笑

 

それをやってしまうと

つまらなくなるし説得力もなくなって

一気に情報の価値が下がってしまいます。

 

主観を入れることで

情報の価値を劇的に上げることができる。

これをぜひ覚えておいてください。

 

 

一般人の生活に密着するだけなのに面白い理由②具体性

 

で、2つ目に具体性も大事という話ですが、

これは主観と併せて取り入れたいものです。

 

なんで具体的にした方が良いか?というと

人は抽象的なものはイメージできないからです。

 

イメージできないということは

何も言っていないのと同じなのです。

 

これ超絶に大事なので

何度か読み返してみてください。

 

 

これもさっきと同様、

かなり情報発信でありがちですね。

抽象的なことばかり発信しちゃうパターン。

 

「価値提供しましょう!」

「行動しましょう!」

「知識を学びましょう!」

 

的な感じ。

 

確かにそうなんですが、

これだけだと何をしたら良いか分からなくて

結局何もせずに終わっちゃいます。

 

 

だから例えば

「行動しましょう」と言うにしても

 

「まずは僕のYouTube動画を1つみてください!

下にリンク貼っておきますね!」

と具体的にしてあげることが大事です。

 

そしたら具体的に行動することの

イメージが掴めるから行動してもらえるし

行動してもらえれば価値になります。

 

これが価値提供になるんですよね。←

という感じです。

 

 

だからこうやって

出来るだけ具体的に具体的に

 

ここまでか!ってぐらい

具体的に話すことが大事です。

 

これぐらいはわかるっしょ。

的なスタンスではいかんのです。

 

 

で、ちなみに言うと

家着いて行ってイイですか?も

 

具体的だから

イメージが掴めて面白いんですよね。

 

30代一般男性Aさんではなくて、

 

子供が2人いて、奥さんと仲良く山の上に

2階建ての家に住んでいる35歳営業マン。

 

 

山の上!?とか、奥さんキャラ強いな〜とか

そうやって具体的だから面白いのです。

 

 

先日の放送でやってたのは、

さっき話した泥酔の人の他にも、

 

キャパクラで月収200万円を稼ぐ

慶應女子大学生もいました。

 

一見かなりの陽キャに感じるのですが、

家にいって話を聞いてみると

その慶應女子大生は病気を患っていて

 

「いつ死んでも同じだと思うから、

今を楽しく生きよーと思った。」

的なことを言ってました。

 

うわー強すぎるな。と思いましたよね。

 

 

これも具体性があるから

話に重みが生まれるし面白いと思うのです。

 

(ちなみに、面白いというのは

笑いの方ではなく、興味深いの方)

 

だから文章を書く時には

出来るだけ具体的に具体的に

情景を描くことを意識してみてほしいと思います。

 

 

家着いて行ってイイですか?はかなり文章の勉強になる。

 

そんな感じで、

主観と具体性を入れるだけで

文章は一気に面白くなっていきます。

 

その主観と具体性をどんな感じに

入れれば良いか?を学ぶ上でも

 

家着いて行ってイイですか?は

かなり勉強になるので

 

ぜひ時間がある時にみてみてください。

(水曜の21:00頃やってると思います。)

 

 

心揺れる瞬間って大体、一般論からかけ離れた

主観的な話を聞いた時ですし、

 

具体的な話の中に

自分と共通してる要素を見つけた時です。

 

だからそれを文章で意識的に入れれば、

どんどん反応が良くなっていくし

ファンも生まれていくようになるわけですね。

 

 

ということで話をまとめると

なんで家着いて行ってイイですか?が

面白いかというと

 

・一般論ではなく主観で話してる

・抽象論ではなく具体的に話してる

 

という要素が入ってるからでした。

 

 

ちなみにこの話も完全に主観です笑

家着いて行ってイイですか?が

面白い理由というのは定義はありません。

 

僕が勝手に分析して、

それを主観で話してるだけです。

でも結構役立ったと思うですよね。

 

そんな感じで主観で良いのです。

 

併せて具体性も意識して

ぜひ文章書いてみてくださいね。

 

 

全然違うと思いますよ!

 

 

1500円の電子書籍「労働なき富豪世界への旅路」を無料で読めます。

 

僕は大学時代からネット起業をして

累計1000万ほどの売上を生み出してきました。

 

その後もネット上に作り上げた仕組みから

自動で報酬が生まれるようになり、

10万円、20万円と収入が生まれ続けています。

 

ですが、僕は特別な才能があったわけでも、

ビジネスのセンスがあったわけでもありません。

 

元々は平凡な学生で居酒屋バイトをしてましたが、

仕事ができないことで怒られてばかりでした。

 

 

そんなビジネスの世界とは

一切無縁の至って平凡な生活を送っていました。

 

ですがそこで、

お金と時間の自由を増やして人生を楽しみたいと、

一念発起してビジネスを始めてみると、

 

知識も人脈も経験も全てゼロの状態だったものの、

短期間で人生を変えることができました。

 

 

僕の周りの起業家たちもみな過去は、

極貧生活を送っていたり、いじめを受けていたり、

借金を抱えていたりと、マイナスの状態からでも、

 

半年、1年で月収100万円を突破して、

豊かな人生を手に入れることが出来ています。

 

そういった人たちをこれまでに

数え切れないほどに近くで見てきたからこそ、

 

どれだけ過去に成功体験がなかったとしても、

やる気さえあれば誰でもお金と時間の自由を手に入れ、

豊かな人生を実現できると思っています。

 

 

一度きりの人生ですから、1日中趣味に没頭したり、

新しい景色を見に行ったり、新しい体験をしたり、、、と、

人生を全力で楽しむべきだと思っています。

 

それを実現するうえで、

「個人の力で、お金と時間の自由を手に入れる。」

スキルが適していると考えています。

 

 

ただ、そのためにどうすれば良いのか?が

分からない人がほとんどだと思います。

 

そこで、今だけ期間限定で、

僕がゼロからお金と時間の自由を増やしていくまでの、

 

物語をまとめた電子書籍

「労働なき富豪世界への旅路」を無料でお渡しします。

 

普段は1500円で販売していますが、

メルマガ内限定で無料プレゼント中です。

 

 

実際に受け取ってくれた人からは、

「楽しみながら最後まで読めた」など

好評をいただいています。

 

物語形式で作っていて

20分程度でサクッと読めるようにしてあるので

もし興味があれば一度読んでみてくさい。

 

→電子書籍「労働なき富豪世界への旅路」を無料で読んでみる

 

 

僕の詳しいプロフィールはこちらから見てみてください。

→しゅんティーの詳しいプロフィールを見る

 

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。