貢茶(Gong cha)のマーケ戦略が洗練されてたので共有。意味としての価値が求められる時代。タピオカブームが過ぎ去っても生き残り続けている秘訣。

どうも、しゅんティーです。

 

 

先日、街をぷらぷらと歩いているときに、

ふと「貢茶」というカフェが目に入ってきました。

 

で、貢茶ってタピオカドリンク専門店だと

思っていたので最初は結構驚いたんですよね。

 

一時期タピオカブームがありましたが、

そのブームも今はもう過去の産物となり、

 

それまでバブっていた店も、

どんどん閉店していってる印象があったからです。

 

一時期は街歩いてると、

視界に必ずタピオカ店が入ってくるレベルで、

色んな場所でタピオカ売りまくってましたからね笑

 

そう考えると今は

もうあんまり見かけないですよねー。

 

 

だからこそ、そうやって軒並み撤退している中で、

生き残り続けている貢茶の存在が

ものすごく気になったんです。

 

平日だったのですが、

ガンガンお客さんが入りまくっていて、

繁盛しているなーって感じでした。

 

なので実際に僕もサクッと店内にinして、

実際にサービスを購入してみました笑

 

(グリーンジャスミンティーです。

事前にハンバーガー食べてたので、

流石にミルク系のドリンクはきつかった笑)

 

そうやって実際にサービスを体験して、

企業の戦略もリサーチしてみたのですが、

 

それはタピオカブーム関係なく生き残るよね。

という洗練されたマーケ戦略が見えてきたので、

今回はその話をしていきますね。

 

これ、僕たち個人レベルの商売にも

すごく活かせる要素が詰まっているので

ぜひ思考として取り入れてみてくださいね。

 

店内に入ってドリンクを飲んでみて。お茶の爽やかな香りと清楚なアート。

 

店に入ってみると周りが高校生とか、

若いカップルとか、女性が多い感じで、

 

結構、場違い感がすごかったですが、

関係なしにささっとドリンクを注文しました。

 

で、これ実際に行ってみたから気付いたのですが、

店内にお茶の爽やかな香りが広がっていたんですよね。

 

だから凄くリラックス出来たし、

これも付加価値だなーって思ったりしました。

 

アートも飾られてたのですが清楚な感じで

シンプルな内装でした。

 

 

実際に行ってみた感じ、

若い人や女性が多かったなという印象です。

 

実際、貢茶のコンセプトとしても、

「若い人が少し背伸びをしてお茶を楽しむ」

というのがあるみたいなので、まさに。って感じですね。

 

 

こんな感じで、

行ってみないと見えてこない部分もあるよねと、

やっぱり百聞は一見に如かず的なところはあるので、

 

何かを深く学ぼうと思ったときには、

実際に体験してみる、買ってみるというのが

欠かせないなと改めて思いましたね。

 

ビジネスも全く同じで、

商品を売りたいと思ったときには、

まず自分が買ってみるというのが一番早いです。

 

実際にサービスを購入してみたら、

どういう販売の戦略を組んでるのか見えてくるし、

どういう商品の内容を作ってるのかも手に取るように見えてくるので、

 

それを自分のセールスにも活かせるようになって

ガンガン売れるようになるという仕組みですね。

 

 

なのでぜひビジネスを始めていく際には、

まずは消費者として商品を買って体験してみて、

 

そこで得た知見を自分のビジネスに取り入れていく

という思考を持ってみて欲しいと思います。

 

この思考持ってるとビジネスで儲かることが

どんどん簡単になっていきますよ。

 

 

タピオカの一時的なブームに乗らず、カフェの大市場で長期的な商売を展開する。

 

貢茶の取締役社長の方のインタビューで

「タピオカを押すのが王道だけど、それでは狭い市場で注目を集めるだけで、一時的なブームで終わってしまう。私はカフェという大市場でお茶のチェーンという潮流を作りたいと思いました。またコンセプトをはっきりさせるために、コーヒーはメニューから外しました。(必要最小限のシンプルなメニューにした)」

といったような言葉がありました。

 

多少省略してる部分もありますが、

ニュアンスとしては、

 

「一時的なブームで終わらず、

長く繁盛し続けるために大きく普遍的な市場で

商売を展開していく。」

 

という戦略なのだと思います。

 

 

この戦略と考え方、

ネットビジネスをやっていく上でも超大事です。

 

というのも僕が業界を見渡していても

「一時的なノウハウ」に手を出してしまう人が

非常に多いんですよね。

 

でもそれってさっきのインタビューの

言葉でもあるように、

一時的なブームで終わってしまうんですよね。

 

だからそのブームが続いているうちは

確かに収益は上がるかもしれないけれど、

 

ブームが過ぎ去った途端、

あっという間に稼げなってしまうんです。

 

 

これまでにそういった人を

数えきれないほど見てきてまして、

 

そうやって過ぎ去った時代の潮流に

取り残されてしまった人は、

なす術もなく退場を余儀なくされてきました。

 

 

だからそれで稼げても意味ないと思っていて、

僕はどうせやるなら一生に渡って続くものを

積み上げた方がよっぽど価値が大きいと思ってます。

 

確かにそういう「一時的なノウハウ」って

分かりやすいからつい手を出したくなってしまうんですけどね。

「1ヶ月で〇〇万円稼ぐノウハウ〜〜」とか。

 

けどそうじゃなくて、大事なのは、

「普遍性」です。

 

 

簡単に言うと、

「それって30年後も通用するスキルなの?」

「その商売って30年後も通用するの?」

という感じ。

 

僕はこれ、問答無用でYESと答えられます。

 

未来のことなんて分からないじゃん。

と言われたらそれはそうとしか言いようがないですが、

 

そうやって時代が変化していくなかでも

必ず「変わらないもの」もあります。

 

 

それは、仕組みを作って

ビジネスを自動化するスキルだったり、

 

文章でものを売るスキルだったり、

コンテンツで価値を生み出すスキルだったり、

ストーリーライティングでファンを生み出すスキルだったり。

 

これって何十年経っても変わらないです。

 

 

僕は今ブログやメルマガなどを軸に

商売を展開していますが、

 

未来に、これらが完全になくなったとなっても、

最近話題のメタバースの仮想空間のなかで、

また同じことをすると思います笑

 

だから大事なことは、

「本質的なスキルを学んで、

一生通用し続ける商売の術を学ぶこと」

これに尽きるんですよね。

 

 

僕もそれによってこれまで収入を伸ばしてきたし、

これからもそういった本質的なスキルだけに絞って

ガンガン能力を開拓していきます。

 

単純にコスパが桁違いに良いですからね。

1年でスキルが廃れてまた新しいスキルを探すより、

一回身につけて終わりの方が良いじゃないですか。

 

 

で、貢茶の戦略もまさにそれです。

 

小さな時代の潮流に乗るのではなく、

大きな市場にドンと盤石な城を建築する。

 

そうすれば数ヶ月や1年の繁盛で終わらず、

長期的に繁盛し続けることが出来ます。

 

確かに30年後となると、

予測できなくて仕方ないかもしれませんが、

 

最低でも3年、出来れば10年単位の期間で

ビジネスを見据えていきたいです。

 

 

なのでぜひビジネスをしていく際には、

「そのビジネスって10年後も通用するの?」

「そのスキルって10年後も通用するの?」

 

というのを考えた上で、取り組んでみてください。

 

これが出来れば、色んな美味しそうな情報に

振り回されることもなくなって

 

正しく情報を見極めて着実に収益を

右肩上がりに伸ばしていくことが出来ますよ。

 

次、2つ目話していきます。

 

500円超えのお茶が売れるワケ。ブランディングと集客効率。

 

初めにも話したのですが、

僕は初め、貢茶はタピオカドリンクの店だと

思ってたんです。

 

でも実際、店に行ってみて、

企業のコンセプトや戦略を聞いてみて、

 

「タピオカはあくまでもトッピングの1つにしか過ぎない」

 

ということが見えてきました。

 

 

メインのコンセプトとしては、

「貢茶」という店名にも現れているように、

「皇帝に献上するような品質のよいお茶を気軽に飲める店」

だそうです。

 

何このコンセプト、、、

考えた人天才すぎでしょ。って思いました。

 

そりゃ400円でも500円でも売れるよね。

満足されるよねって思います。

 

 

もちろん実際に買って飲んでみて、

そこらへんで売っているお茶とは違って、

茶葉の深みを感じたりはしましたが、

 

とはいえ「お茶(ティー)」であることには変わりないです笑

 

ぶっちゃけお茶が飲みたかったら、

コンビニ、スーパーで100円で買えます笑

 

 

でも実際、僕も含めて他のお客さんも、

わざわざ貢茶の店まで足を運んで、

その4倍〜6倍の価格のお茶を買っていたわけですよね。

 

お茶で500円なんてぼったくりだ。なんて一切なりません。

むしろ大満足で、また行きたいってなってます。

 

 

で、何でこういった現象が起きるかと言うと、

それは「ブランディング」が出来ているからです。

 

貢茶のコンセプトや店の雰囲気、カップのデザイン、

物語などのブランドが1つ1つ付加価値として、

積み重なっていくことによって、

 

「買う意味」が生まれるんですよね。

 

この話をすると長くなってしまうので、

今回はあっさりにするのですが、

 

簡単にいうと、

喉を潤せるなどの役立つ価値以外に、

目に見えない価値を売っているのです。

 

 

なんとなく雰囲気が良い感じ。

高級感あるお茶を味わいたい。

 

これらの付加価値が加わることで、

500円、600円の価格は納得感へと変わります。

 

 

他の事例でいうと、

燃費悪くても数千万のスポーツカーが売れる理由も、

まさにブランドという「意味」が宿ってるからです。

 

もっと燃費良い車あるじゃん、

安くて機能性優れてる車あるじゃん。

 

という機能的な視点で見れば

他にも数え切れないほどありますよね。

 

でもそれらの「役立つ機能」ではなく、

「意味」を買いたい人も一定数いるのです。

 

 

で、これすごい大事なこと言ってまして、

今の時代、役立つ機能という、

合理的な魅せ方だけをしてるとだいぶきついです。

 

役立つ物も溢れてるし、

役立つ情報もたくさんあるからです。

 

いくら機能押しをしても、

他の店もあるしなーってなります。

 

 

だからこそ今の時代の商売に求められてるのは、

間違いなく「意味」だと思ってます。

 

・この店でドリンクを飲むと高級茶を体験できる

・この人の商品を買うとモチベ上がる

・ディズニーのお土産は高いけど、ワクワクする

 

という機能以外の「意味としての価値」

いわゆるブランディングが大事。

 

今の時代の人々は、

機能ではなく意味を買いたいんですよね。

 

 

で、集客ができない、商品が売れない、リピートされない。

という場合はこのブランディング出来てない可能性が非常に大です。

過去の僕もまさにそうでした。

 

どれだけ安く販売しても売れないんだけど、、、終わった。

って感じで完全に追い込まれてました笑

 

 

ルイヴィトンとかもまさに、

普通の白Tシャツにロゴが入るだけで、

 

価格の桁1つ上がるという魔法が起こりますが、

それでも売れて大満足されるのです。

 

こういう商売していかないとなーって思います。

 

 

そうやってブランディングができれば、

競争が一切無効化されるので、

ライバルがいなくなるんですよね。

 

「質が高いものを出来るだけ安く提供する」

 

このスタイルが通用する時代は、

もう過去の出来事で、

 

これからはいかに

「価格関係なく買われ満足されるか」

が大事だよなと感じてます。

 

そのために、どうやってブランディングをして、

商品を広めていくか?というマーケティングの知識を

学んでいく人が商売を大繁盛させ続けられます。

 

 

ちなみにさっきもあっさりと話しましたが、

ブランディング力を高めたいと思った時には、

 

「あえて非合理的な体験をする」

 

というのが凄くおすすめです。

 

 

僕が今回、貢茶に行ったのもまさにそれです。

 

お茶ってコンビニで100円で売ってるじゃん笑

という合理的な判断をしていたら、

 

今回の記事は生まれていないわけですし、

貢茶の戦略を考えることもありませんでした。

 

何より実際にそうやってブランドに触れることで、

自分のサービスに活かせるようになるんですよね。

 

だから、今の自分が一見非合理的に見えるものって、

実はすごく理にかなっていたりするんです。

 

 

他にも過去の僕で言えば、

洋服なんて快適に着れれば何でも良いでしょ笑

ブランド買う人意味わからん笑。コスパ悪すぎ。

 

という感じだったのですが、

いやーもったいなかったなと。

かわいそうな人になっていました。

 

これって「機能としての価値」しか

見えていないということですよね。

 

つまり自分が商売をしていく上でも、

機能としての価値しか生み出せないってことです。

 

となると、どんどんライバルとの価格競争、

クオリティ勝負に巻き込まれて、

ジリ貧になっていってしまいます。

 

 

けど、幸いなことに、

今はそれらの価値が見えるようになって、

 

自分自身そういったサービスを体験することで、

ブランドを扱う側に回れるようになりました。

 

結果、集客がガンガン上手くいくようになり、

しゅんティーさんの商品全部買いたいです。と言われるくらい熱狂的なファンが生まれ、

数十万単位の商品も完全自動で売れるようになっていきました。

 

 

なので僕の経験からも言えますが、

 

自分で勝手に価値を判断せずに、

どんどん色んなサービスに触れてみて、

ブランドの世界を広げていった方が断然お得です。

 

 

特に高単価のサービスに触れてみると、

一気にブランディング力が高まります。

 

例えば、20万、30万の教材を見たときに、

最初は、何それ高くない?って感じになると思うんですよ。

 

でもこれも結局、百聞は一見に如かずで、

買ってみないと分からん。と僕は思ったので、

 

そういった教材を銀振一括払いで、

購入しまくってみました。

 

 

すると「ブランディングの世界」が

一気に開けていって、

 

それまで数万の商品を売るのも必至だったのに、

数十万を完全自動で、ネット完結で100万越えの

商品も売れるようになってしまったんですよ。

 

 

なので、ぜひブランディングという

意味としての価値世界を広げてみてください。

 

僕も今後色んなブランドに

お金払って勉強していこうと思います。

 

 

 

というわけで結構色々と話してきましたが、

今回の話をまとめると、

 

・普遍的な商売を組み立てて長く繁盛させる思考が大事。そのために「本質的なスキルを学ぶ」

 

・主体的に高単価のサービスに触れることで、どんどんブランディング力が高まり、商売を繁盛させられるようになる

 

という感じです。

 

 

この2つは僕たち個人ビジネスにおいても、

売上を飛躍させる上で重要な要素になってくるので、

ぜひメモを取るなどして落とし込んでみてくださいね。

 

 

あ、ちなみに貢茶は

さっぱりとしたドリンクが多いので、

良ければぜひ一度行って体験してみてください。

 

で、そこで、今回の話と照らし合わせてみると、

より深く見えてくる部分があると思いますよ。

 

僕も今度はミルク系のドリンクを頼んでみたいと思います笑

 

 

では今回はこんな感じで!

 

 

1500円の電子書籍「労働なき富豪世界への旅路」を無料で読めます。

 

僕は大学時代からネット起業をして

累計1000万ほどの売上を生み出してきました。

 

その後もネット上に作り上げた仕組みから

自動で報酬が生まれるようになり、

10万円、20万円と収入が生まれ続けています。

 

ですが、僕は特別な才能があったわけでも、

ビジネスのセンスがあったわけでもありません。

 

元々は平凡な学生で居酒屋バイトをしてましたが、

仕事ができないことで怒られてばかりでした。

 

 

そんなビジネスの世界とは

一切無縁の至って平凡な生活を送っていました。

 

ですがそこで、

お金と時間の自由を増やして人生を楽しみたいと、

一念発起してビジネスを始めてみると、

 

知識も人脈も経験も全てゼロの状態だったものの、

短期間で人生を変えることができました。

 

 

僕の周りの起業家たちもみな過去は、

極貧生活を送っていたり、いじめを受けていたり、

借金を抱えていたりと、マイナスの状態からでも、

 

半年、1年で月収100万円を突破して、

豊かな人生を手に入れることが出来ています。

 

そういった人たちをこれまでに

数え切れないほどに近くで見てきたからこそ、

 

どれだけ過去に成功体験がなかったとしても、

やる気さえあれば誰でもお金と時間の自由を手に入れ、

豊かな人生を実現できると思っています。

 

 

一度きりの人生ですから、1日中趣味に没頭したり、

新しい景色を見に行ったり、新しい体験をしたり、、、と、

人生を全力で楽しむべきだと思っています。

 

それを実現するうえで、

「個人の力で、お金と時間の自由を手に入れる。」

スキルが適していると考えています。

 

 

ただ、そのためにどうすれば良いのか?が

分からない人がほとんどだと思います。

 

そこで、今だけ期間限定で、

僕がゼロからお金と時間の自由を増やしていくまでの、

 

物語をまとめた電子書籍

「労働なき富豪世界への旅路」を無料でお渡しします。

 

普段は1500円で販売していますが、

メルマガ内限定で無料プレゼント中です。

 

 

実際に受け取ってくれた人からは、

「楽しみながら最後まで読めた」など

好評をいただいています。

 

物語形式で作っていて

20分程度でサクッと読めるようにしてあるので

もし興味があれば一度読んでみてくさい。

 

→電子書籍「労働なき富豪世界への旅路」を無料で読んでみる

 

 

僕の詳しいプロフィールはこちらから見てみてください。

→しゅんティーの詳しいプロフィールを見る

 

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

 

 

コメントを残す