Coachのバッグ購入して、企業を調べてみたら戦略的に勉強になった点があったので共有。

 

どうも、しゅんティーです。

 

先日、coachのバッグを買ってみて、

そのついでに企業のことを調べていたら、

 

戦略的に勉強になった点があったので、

それについて共有していきたいと思います。

 

 

いわゆる差別化とかブランディングとか、

その辺りの話になるのですが、

 

情報発信の売上を伸ばすうえで、

かなり有効なので、

 

これからビジネスを進めていく際に

ぜひ取り入れてみてください。

 

 

ちなみにcoachの由来なんですが、

 

「コチ→馬車を意味する言葉」

「馬車→人やモノを目的地に運ぶ」

「→大事なものを運ぶときに使ってほしい」

 

という意味が込められているみたいです。

すごく良いコンセプトだなって思いました。

 

 

なんかこの由来を知った後だと、

coachのバッグを使うだけでワクワクしますよね。

 

ちょっと出かけるだけでも、

旅をしているような感覚がするような。。

 

 

こういった感じで、既存のモノに対して

付加価値をつけることがブランディングで、

 

コンセプトをしっかりと作り込むと、

それだけで、単価を上げてもガンガン売れて

満足されます。

 

 

商品に対して、ストーリーがあるから、

もはや「持っているだけで満足。」

 

みたいな感覚さえ与えるのが、

ブランドモノなのかなと。

 

ブランディングは奥が深いですね。

 

メルマガではブランディングの取り入れ方や

事例についてかなり話してるので

まだ登録してなかったらぜひ登録してみてください。

 

本題に入りたいと思います笑

 

アクセシブル・ラグジュアリーという立ち位置。+αの不満解消について。

 

coachの1つ大きなコンセプトとして、

「アクセシブル・ラグジュアリー」

というのがあります。

 

 

簡単にいうと、ハイブランドではない、

「手の届く高級品」というイメージです。

 

ルイヴィトンやプラダなど、

ハイブランドのバッグは、

余裕で10万越えとかするわけですが、

(場合によっては数十万とか。)

 

サムネイルにもある、

coachのバッグは定価72600円でした。

 

一般的なバッグと比べたら価格はしますが、

ハイブランドよりは手が届きやすい感じですね。

 

 

つまり、coachというブランドは、

 

「高級感を帯びつつも、頑張れば手に届く。」

 

くらいの、中間的な立ち位置を築き上げている。

という風に言えるんじゃないかなと思います。

 

 

ブランディングの1つに

「希少性」という要素があって、

 

多くの人が持っていないから、

価値が帯びるという現象があるのですが、

そのバランスも良い感じに調整されてるのかなと。

 

 

で、それが一体何だというんだって話ですが、

これってつまり、

 

「ブランド市場に存在する、

”価格が高くて手が届かない”不満を解消した事例」

 

に当てはまるんじゃないかなと。

 

 

ベースには「ブランドの市場」があって、

+αとして「手の届きやすさ」を付加価値にしたのが、

coachというブランドの本質だと思いました。

 

 

ただ、ブランド市場における1つの商品として、

売っていこうとするんじゃなくて、

 

「+αの不満解消(手の届きやすさ)」を取り入れると

例えば、ハイブランドを買うことを渋っていた人が、

買ってくれたりするわけですよね。

 

 

なので、違う言い方をすると、

「+αの不満解消を加える→市場をズラせる」

ということになります。

 

今回伝えたい結論はこれです。

 

 

実際に事例をお話しすると、

ビジネス市場に「哲学」を取り入れて、

年間2000万近く売り上げてる人がいたり。

 

これはどういう+αかというと、

「ビジネスで稼ぐことにマインドブロックがある」

「ビジネスで稼いでいきながら、どういう生き方をすれば良いか分からない」

などの「不安」要素を解消しています。

 

 

ビジネスでやることって、

集客、販売の仕組みを作ることだけで、

非常にシンプルなんですが、

 

ただやり方だけ知って、進めたところで、

本当にこれで結果が出るんだろうか。

という不安が生まれてきたり、

 

たとえ商品が売れて収益が上がっても、

本当にお客さんは満足してくれてるのかな?

 

という気持ちが生まれて、

売れば売るほど自信がなくなり、

行動できなくなってしまったりするんですよね。

 

 

だから、ビジネス系市場に哲学の要素を

取り入れたその起業家は、

 

ノウハウだけで上手くいかなかった人、

あるいは「ノウハウ+心」を求めている人に

市場がズレているわけですね。

 

結果、ノウハウだけを売りにしている人は、

一斉にライバルから外れる。という感じ。

その市場においてほぼ一人勝ち状態です。

 

 

あとこれは、

ビジネス系に限った話ではないですが、

専門的な文章って読むの大変じゃないですか。

 

LTVがどうちゃら〜、マーケティングファネルがどうとか、ROAS〜〜とか、コンバージョン○%で〜〜とか、リストマーケティングをして〜〜、ダイレクトレスポンスマーケティングの原理で〜〜、みたいな、

 

これらの言葉に馴染みがない人だと、

これだけで頭が痛くなると思うんです笑

 

 

つまり「勉強するのが苦痛」という不満。

これ密かに、かなり巨大な不満だと思うのです。

 

勉強して結果を出したいけれど、

勉強したくない。苦痛です。というジレンマ笑。

 

僕の知っている起業家の方で、

小説(物語)の要素を落とし込んで、

この不満を解消し、

 

ブログ×メルマガで年間1億の仕組みを

作り上げた人がいます。

 

 

その人の文章を読むと、

本当に小説を読んでるような気持ちになって、

知識学習してることを忘れかけます笑

 

気付いたら最後まで読んでしまう。

感情移入して感動してしまう。本当にうまい。

 

 

あーこういうライティング出来たら、

それは読まれるよなーって毎回感心してます笑

 

会う機会があったので話を聞いてみると、

その人の商品に興味があるというよりかは、

 

「文章に感動したので、もっと〇〇さんのコンテンツ見たいなと思って買いました!」

 

という人がかなりの割合を占めているそう。

 

 

ノウハウではなくその人の思考を求めて

買われているわけなので、ビジネスとして、

かなり理想的な状態です。

 

と、、、つまりこれも、

「勉強して結果を出したいけれど、

もっとラフに学びたい。」

 

という層の人たちに市場がズレているので、

ライバルとお客さんの取り合いにならず、

かなり安定した独占市場になってるらしいです。

 

 

お客さんの返信とか感想を見せてもらったのですが、

「これは自分のお客さんにはいないなぁ笑笑」

という層を見事に獲得していましたね。

 

 

他にも事例を挙げるとキリがないのですが、

「ビジネス系の「金稼ごうぜ!!ギラギラ」みたいなガツガツした感じが無理、、、」

 

という市場の不満を「ゆるい感じ」の雰囲気で

解消している人がいたり。

 

 

市場をリサーチしてみると、

不満って結構無数に存在していたりします。

 

そして、この概念って、初心者でも中級者でも、

どんな段階でも取り入れられると思ってます。

 

それこそ、例えばいま初心者で、

これから恋愛系の市場で

発信していきたいと思っているのであれば、

 

実際に会って、ファッションの選定から、

髪型、香水まで外見一式をコーディネートしてあげる。

 

ということも出来たりしますね。

 

 

上級者になると抱える顧客数も多いので、

この戦略は取れないですが、

 

それゆえに、市場には、

「自分で一式を揃えるのは大変。どこでどんな服を買えば良いか分からない。」

みたいな不満が生まれてる可能性が高いのかなと。

 

そこを上手く満たすサービスを作れば、

初心者でもお客さんを獲得して、

収益化までサクッといけたりします。

 

 

僕が一番最初にやっていたのは、

無料コミュニティなんですが、

 

これも今思えば、

「ビジネスの作業を1人で進める孤独」

という不満要素を解消していたのかなと。

 

定期的にコンテンツを配信したり、

みんなで話せる環境を作っていました。

 

 

当時は無料コミュニティをやってる人が

ほぼいなかったので、

 

コミュニティの盛り上がりを

SNSで更新していくうちに

 

数ヶ月で90人近く?

まで増えてた記憶があります。

その期間で売上は200万〜300万ほどです。

 

 

というわけで、この+αの不満解消要素を

明確にできると楽にビジネスを発展させられるよね。

と改めて思ったので共有しました。

 

ぜひ、自分が参入する市場に存在する、

不満を発見して、

 

それを解消するサービス、

コンテンツを届けてみてください。

 

 

ただガムシャラに取り組むよりも、

この戦略をある程度固めたうえで進めた方が

 

短期的にも結果が楽に出やすいし、

中長期的にも安定した経済圏を

築き上げられますので。

 

僕も改めてこの辺りを明確にして、

仕組みを強くしていかないとなって思います。

 

 

1500円の電子書籍「労働なき富豪世界への旅路」を無料で読めます。

 

僕は大学時代からネット起業をして

累計1000万ほどの売上を生み出してきました。

 

その後もネット上に作り上げた仕組みから

自動で報酬が生まれるようになり、

10万円、20万円と収入が生まれ続けています。

 

ですが、僕は特別な才能があったわけでも、

ビジネスのセンスがあったわけでもありません。

 

元々は平凡な学生で居酒屋バイトをしてましたが、

仕事ができないことで怒られてばかりでした。

 

 

そんなビジネスの世界とは

一切無縁の至って平凡な生活を送っていました。

 

ですがそこで、

お金と時間の自由を増やして人生を楽しみたいと、

一念発起してビジネスを始めてみると、

 

知識も人脈も経験も全てゼロの状態だったものの、

短期間で人生を変えることができました。

 

 

僕の周りの起業家たちもみな過去は、

極貧生活を送っていたり、いじめを受けていたり、

借金を抱えていたりと、マイナスの状態からでも、

 

半年、1年で月収100万円を突破して、

豊かな人生を手に入れることが出来ています。

 

そういった人たちをこれまでに

数え切れないほどに近くで見てきたからこそ、

 

どれだけ過去に成功体験がなかったとしても、

やる気さえあれば誰でもお金と時間の自由を手に入れ、

豊かな人生を実現できると思っています。

 

 

一度きりの人生ですから、1日中趣味に没頭したり、

新しい景色を見に行ったり、新しい体験をしたり、、、と、

人生を全力で楽しむべきだと思っています。

 

それを実現するうえで、

「個人の力で、お金と時間の自由を手に入れる。」

スキルが適していると考えています。

 

 

ただ、そのためにどうすれば良いのか?が

分からない人がほとんどだと思います。

 

そこで、今だけ期間限定で、

僕がゼロからお金と時間の自由を増やしていくまでの、

 

物語をまとめた電子書籍

「労働なき富豪世界への旅路」を無料でお渡しします。

 

普段は1500円で販売していますが、

メルマガ内限定で無料プレゼント中です。

 

 

実際に受け取ってくれた人からは、

「楽しみながら最後まで読めた」など

好評をいただいています。

 

物語形式で作っていて

20分程度でサクッと読めるようにしてあるので

もし興味があれば一度読んでみてくさい。

 

→電子書籍「労働なき富豪世界への旅路」を無料で読んでみる

 

 

僕の詳しいプロフィールはこちらから見てみてください。

→しゅんティーの詳しいプロフィールを見る

 

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

 

 

2件のコメント

こんばんわ。
ブログランキングから来ました。
売れるものはよく見るとえって思うことがたくさんあります。
会社勤めしているとそれが見えず・・・。
多忙って言ってしまえばそれまでですが、それを見過ごさないようにするためにも独立に向けて日々努力していこうと思います。

毎日同じ景色を見ていると、発見や変化が見つからないですが、
身の回りにある商品やサービスに触れてみるだけでも気付きが多いですよね^^

そういった意味でも、興味関心の範囲を広げて、
新しい世界を体験する習慣をつけることは、
ものすごく有意義だと思います!

コメントを残す